「愚かなまでに」

Topic:信仰   Scripture(聖書) しかし、私のたましいよ、気落ちするな。動転するな。神に期待せよ。 神がすばらしいことをしてくださり、私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。 このお方こそ、私の命綱、私の神。 (詩篇42:11 リビングバイブル)   わがたましいよ。なぜ、おまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。 神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。 (詩篇42:8 新改訳)     Observation(観察) 人生には気落ちするようなことが起こる。 動転してしまう時もある。   しかし、そこで終わってはいけない。そこに、留まり続けてはいけない。   ①神に期待する ②神を賛美し続ける ③信仰を告白する     Application(適用) 今週は受難週(Passion week)であり、今日がまさに受難日(Good Friday)である。   改めて、主イエスが私の罪の一切合切を背負って十字架にかかってくださったことの意味をかみしめ、その贖いの恵みを受け止めていきたい。感謝します。   キリストが十字架にかかり、墓に葬られたこの日。 今日はこれから妹の納骨式をする。 昨年の6/13、思いもよらない突然の死だった。   妹の死を知らせる母からのメールにうろたえた。動転した。 メールだから、そこには文字しかないのだが、母の悲しみの涙が見えるよう、母の悲しみと嘆きの声が聞こえるようだった。   葬儀でも語ったが、自分より6歳年下の妹を先に送ることになるとは夢にも思わなかった。 人生一寸先は闇で、何が起こるかわからない。   誰の人生にも気落ちすることが起こる。動転するような時がある。 クリスチャンであろうと、牧師であろうと、それは変わらない。 どれだけ富や財を手にしようが、権威や名誉を手にしようが、関係なく試練や困難、悲しみ、絶望が襲ってくることがある。   そのような中でも、詩人が告白したように、信仰を働かせ、生ける神を信頼し続ける者でありたい。   昨日読んだ渡辺和子さんの著書「あなたはそのままで愛されている」にあった言葉が響いている。...

Continue reading

賛美は証となる

Topic:賛美(証)   Scripture(聖書) 主は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。 私があなたに、どれほどすばらしいことをしていただいたかを知って、 大ぜいの人が敬虔な心で神を敬い、信頼するようになるでしょう。 (詩篇40:3 リビングバイブル)     Observation(観察) 神の奇跡的な救いを体験したダビデの詩篇。   ダビデ自身が滅びの穴、泥沼と表現するほどの困難、追い詰められ出口が見えない八方塞がりの状況だったが、神は祈りにこたえてダビデを救ってくださった。   その救われた喜びが賛美の歌となり、証となり、大勢の人に対する伝道となる。     Application(適用) 賛美が証となる。 今までも思い、教えられてきたことだが、改めて御言葉から賛美が証となるという確信が与えられた。   高校時代、バンドブームという時代の波もあって同級生とバンドを組んでいた。 当時のバンドが必ずといって良いほどコピーするブルーハーツやボーイ、またビートルズのコピーをしていた。 そのうちオリジナル曲も歌うようになっていった。ライブハイスでライブもするようになっていった。 しかし、歌う歌のほとんどは恋愛ソング。クリスチャンになって間もない僕は、恋愛ソングを歌うことにだんだんと虚しさを覚えていった。   僕が歌いたいのはこういう歌じゃない。新しい歌。救われた歌。贖われた歌。喜びの歌。証となる歌・・・。   バンドメンバーには迷惑をかけてしまったが、バンドを脱退した。 そんな10代の時の記憶が蘇る。   牧師としての大きな一つの役割はメッセージにある。 神の言葉を語り、伝える。   しかし、神を証する方法は1つではない。 ダビデが言うように賛美の歌を通しても証は可能なのだ。   ①神がどれほど素晴らしいことをしてくださったか思い巡らし、感謝しよう   ②神を証できるように祈ろう   ③救われた喜びを歌おう     Prayer(祈り) 主よ。 3/16日の朝を感謝します。 今日もあなたの大きな愛と赦しの中に生かされていることを感謝します。 あなたの救いを証できますように。...

Continue reading

自分の日

Topic:人生   Scripture(聖書) それゆえ、私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。 (詩篇90:12 新改訳)   どうか、私たちに与えられた日の数え方を教え、それがどんなに短いものか気づかせてください。 どうか、正しい日の過ごし方を教えてください。 (詩篇90:12 リビングバイブル)       Observation(観察) 「モーセの祈り」である詩篇。   モーセ自身は120歳生きたとされているが、10節で…   10人生は七十年、中には八十まで生きる人もいるでしょう。 しかし、一番良い時期でも、人生はむなしく、苦しみに満ちています。 しかも、月日は矢のように過ぎて、私たちは、たちまち帰らぬ身となるのです。   と言っているように、当時の平均寿命は70歳〜80歳くらいであったのだろう。 いずれにしても「光陰矢の如し」で、あっという間に月日は経ってしまうものだ。   どんなに権力や経済力があっても、時を止めることも、巻き戻すことも出来ない。 今こうしている間にも川の流れの如く、時間は流れている。 その時の流れの中で、モーセは…   12どうか、私たちに与えられた日の数え方を教え、それがどんなに短いものか気づかせてください。 どうか、正しい日の過ごし方を教えてください。   と祈ったのである。   ①人生は思っているより短い   ②与えられた日(人生)の正しい過ごし方を主に祈る     Application(適用) 時の経過の早さを年々実感している。 今年もあけたと思ったら、もう2月後半。 あと1週間もしないうちに3月である!   現在43歳。今年の夏で44歳になるわけだが、未だに自分が40代ということも信じられないくらいである(笑)。 しかし、こうしている間にも時は止まることなく流れ続けている。   昨年は妹が天に召されていった。 自分はあと何年、この地上に生かされるか分からない。...

Continue reading