「太陽よりも明るい輝き」

Topic:救い(証、パウロ)   Scripture(聖書) その途中、正午ごろ、王よ、私は天からの光を見ました。それは太陽よりも明るく輝いて、私と同行者たちとの回りを照らしたのです。  (使徒26:13 新改訳)     Observation(観察) アグリッパ王の前に呼び出され、弁明の機会が与えられたパウロ。 そこで、パウロは自らの救いの証を語り出した。   クリスチャン迫害の第一人者であったパウロがなぜ180度心変わりしたのか? それはクリスチャンを迫害するために追いかけていた時のことだった。 あまりにも鮮やか衝撃的な出来事だったので、その時間も克明にパウロの記憶に刻まれていた。   ①正午ごろ ②太陽よりも明るい輝き ③パウロたちのまわりを照らした   →天からの光   この天からの光とその中からの語りかけがパウロを変えたのだ。     Application(適用) その光がパウロの人生のすべてを変えた。 パウロと同様ではなくても、すべてのキリストを信じる人が何らかの主との出会い、語りかけを経験しているはずである。   僕は14歳、中学2年生の夏であった。 ヨハネ1章12節。 「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」   この聖書の言葉が僕の心をとらえたのだ。 一瞬にして人生の根本的な問題が解決したのだ。   今日は70歳の母が胃ガンの手術を受ける。 70年生きてきて初めて大きな手術である。   非常に信仰熱心な父と母の家に、つまりクリスチャンホームに生まれた。 6人兄妹の末っ子として生まれ、愛子と命名された。 「名は体を表す」とよく言われるが、本当に愛に溢れている母である。 常に自らを犠牲にして家族に仕える母である。 働き者で常に明るく笑っている。   小学生の頃に転校生特有のイジメを経験したことがあったが、全力で母は守ってくれた。 母の献身的な愛がなかったら、今日の僕はない。   しかし、母は個人的な主との関係を持たず、今日まで生きてきた。  ...

Continue reading

賛美は証となる

Topic:賛美(証)   Scripture(聖書) 主は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。 私があなたに、どれほどすばらしいことをしていただいたかを知って、 大ぜいの人が敬虔な心で神を敬い、信頼するようになるでしょう。 (詩篇40:3 リビングバイブル)     Observation(観察) 神の奇跡的な救いを体験したダビデの詩篇。   ダビデ自身が滅びの穴、泥沼と表現するほどの困難、追い詰められ出口が見えない八方塞がりの状況だったが、神は祈りにこたえてダビデを救ってくださった。   その救われた喜びが賛美の歌となり、証となり、大勢の人に対する伝道となる。     Application(適用) 賛美が証となる。 今までも思い、教えられてきたことだが、改めて御言葉から賛美が証となるという確信が与えられた。   高校時代、バンドブームという時代の波もあって同級生とバンドを組んでいた。 当時のバンドが必ずといって良いほどコピーするブルーハーツやボーイ、またビートルズのコピーをしていた。 そのうちオリジナル曲も歌うようになっていった。ライブハイスでライブもするようになっていった。 しかし、歌う歌のほとんどは恋愛ソング。クリスチャンになって間もない僕は、恋愛ソングを歌うことにだんだんと虚しさを覚えていった。   僕が歌いたいのはこういう歌じゃない。新しい歌。救われた歌。贖われた歌。喜びの歌。証となる歌・・・。   バンドメンバーには迷惑をかけてしまったが、バンドを脱退した。 そんな10代の時の記憶が蘇る。   牧師としての大きな一つの役割はメッセージにある。 神の言葉を語り、伝える。   しかし、神を証する方法は1つではない。 ダビデが言うように賛美の歌を通しても証は可能なのだ。   ①神がどれほど素晴らしいことをしてくださったか思い巡らし、感謝しよう   ②神を証できるように祈ろう   ③救われた喜びを歌おう     Prayer(祈り) 主よ。 3/16日の朝を感謝します。 今日もあなたの大きな愛と赦しの中に生かされていることを感謝します。 あなたの救いを証できますように。...

Continue reading