「God First Leadership」

Topic:リーダーシップ(ヒゼキヤ王、感謝)   Scripture(聖書) 11さあみんな、これ以上、大切な務めを怠ってはならない。主はあなたがたを選んでご自分に仕えさせ、香をたく務めに任じてくださったのだから。」 (第二歴代29:11 リビングバイブル) 31そののち、ヒゼキヤは言いました。「きよめの儀式はこれで終了した。さあ、今度は、あなたがたの感謝のいけにえを持って来なさい。」そこで各地から集まった人々は、感謝のいけにえを持って来ました。中には進んで、焼き尽くすいけにえを持って来る人もいました。 32-33焼き尽くすいけにえは全部で、雄の子牛が七十頭、雄羊が百頭、子羊が二百頭でした。 (第二歴代29:31-33 リビングバイブル)     Observation(観察) 25歳でユダの王となったヒゼキヤ。 ユダの王の中でも際立った輝きを放った王である。 その輝きは霊的輝きであった。   彼は王に就任早々、改革に着手した。 彼が手をつけたのは軍備増強ではなく、経済政策でもなかった。 外交でもなかった。   「さあみんな、これ以上、大切な務めを怠ってはならない」 ヒゼキヤが着手した改革は霊的改革であった。 そして彼の霊的リーダーシップのもと、人々は次から次へと感謝のいけにえをささげた。 あまりにも膨大な量で祭司の手が足りなかった(34節)ほどである。     Application(適用) 王として、リーダーとしてやるべきことは幾つもあったと思うが、まず彼が着手したのが霊的改革、信仰の回復であったことは注目すべきである。   神の国と神の義をまず第一に求める、まさにGod Firstな王だったのだ。 レディーファースト、都民ファースト、も大事だが最も大事なことはGodファーストなのである。   霊的に優れたリーダーに導かれる時、人々は喜んで感謝をささげていくこととなるのだ。   ヒゼキヤのようなリーダーとなりたいと心から願う。 そのためには、まず自らが常にGod Firstで生きることである。   だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。 (マタイ6:33)     Prayer(祈り) 主よ。 今日も爽やかな夏の日を感謝します。 ただ猛暑の中で被災された西日本の方々、ボランティアに当たっている方々を格別にお守りください。 今日も主を愛する若い3人、ノリ、ケイイチロウ、ケイラブと一緒にデボーションできることを感謝します。 ヒゼキヤ王のリーダーとしての姿に感動し、尊敬を覚えます。 主よ、ヒゼキヤのようにGod...

Continue reading