主の恵みに感謝

Scripture “27しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」 28そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。” マタイの福音書 15:27-28

Continue reading

天国ランキング

Topic:信仰   Scripture(聖書) 1そのとき、弟子たちがイエスのところに来て言った。「それでは、天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」 2そこで、イエスは小さい子どもを呼び寄せ、彼らの真中に立たせて、 3言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。 4だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。 (マタイ18:1〜4 新改訳)     Observation(観察) 弟子たちの関心事は自分の地位、肩書き、ポジション。 そんなことを考えること自体が愚かであるとか、恥ずかしいとは微塵も感じなかったのだろう。 弟子たちは堂々とイエスに訊ねる。   「天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」   前章の17章では「イエスは、ペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。」(17:1)ということがあった。   ペテロ達は自分の名前を呼ばれることを密かに期待したかもしれない。 少なくともTop3には入ってるじゃないだろうか、とか。   しかし、イエスの答えに弟子たちの淡い期待は裏切られることとなる。 イエスの答えは・・・   ①悔い改めること   ②子供のようになること   ③自分を低くすること     Application(適用) 男なら人生で「一旗揚げたい」「故郷に錦を飾りたい」と多くの者が願うことだろう。 出世したい。成功者となりたい。 No.1になりたい。   ところが、弟子達の淡い期待をイエスの言葉が打ち砕く。   「悔い改めなさい」   イエスの指摘は鋭かった。 つまり、「お前たち、ずれているよ」と言われたのである。 関心事のレベルが低いのだ、と。   そして、高いポジションを求めるよりも「子供のようになれ」と言われている 単なる純粋無垢さを求めての言葉ではない。   子供とは弱い存在である。...

Continue reading

試練の中にある主の恵みと働き

Scripture “29パウロはこう答えた。「ことばが少なかろうと、多かろうと、私が神に願うことは、あなたばかりでなく、きょう私の話を聞いている人がみな、この鎖は別として、私のようになってくださることです。」 30ここで王と総督とベルニケ、および同席の人々が立ち上がった。

Continue reading