「生まれた日より大切な日」

Topic:死   Scripture(聖書) 1良い評判を得ることは、最高級の香水より値打ちがあり、死ぬ日は生まれた日より大切である。 2宴会に顔を出すより、葬式に列席するほうがよい。 やがて死ぬわけだから、生きているうちに死について考えるのは良いことだ。 (伝道者の書7:1〜2 リビングバイブル)   Observation(観察) 命ある者ならば誰もが、この地上に生を受けた瞬間がある。 それは歓喜の瞬間であり、記念すべき「誕生日」となる。   しかし、それは同時に「死」に向かって歩み出したことをも意味している。   この世に生を受けた者であるならば、誰もが決して避けて通れないもの。 それが「死」である。   「死」は出来るならば遠ざけたいし、歓迎したいものではない。 しかし、その「死」を考えることが良いことだと聖書は語る。   なぜか?・・・死を考えることが、実は己の生をどう見つめるかに繋がっていくからであろう。     Application(適用) 今週はEさんのお父様が召されたという連絡が入った。 急なことで驚いたが、1ヶ月ほど前から急に弱り、衰弱していったとのことであった。 体が日に日に弱まっていく中で、家族は懸命に愛と感謝を伝えることができた。 それは何にも変えられない美しい時間であった。   Eさんから聞いた話では、病院で寝たきりになり、声も出せなくなったお父さんに対して、お母さんがイエス様の話をしたあとに「イエス様」と言ったそうだ。 ローマ10:13「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」 明日はそのお父さんの葬儀である。 先週の土曜は結婚式であったが、今週は葬儀である。 聖書が言うように葬儀に出席することで改めて「死」を見つめ、己が生かされている理由(召し)を再確認する。 何より、ご家族の上に主の慰めがあるようにお祈りする。   また来週6/13は妹が天に召されて日である。1年が経とうとしている。 だんだんと「あちら」に知り合いが増えて行くなあ。   現在43歳。あと何年生かされるか分からないが日々、感謝しながら生きていく。   ①「死」と「生」について考えよう。   ②子どもたちや次世代と「死」について話し合ってみよう。   ③最後まで召しに忠実に生きよう。     Prayer(祈り)...

Continue reading