「No thank you」

Topic:罪(勝利)   Scripture(聖書) ですから、愛する皆さん。あなたがたの古い罪の性質がどんなことを要求しても、それに応じる必要は全くありません。 (ローマ8:12 リビングバイブル)   ですから、兄弟たち。私たちは、肉に従って歩む責任を、肉に対して負ってはいません。 (ローマ8:12 新改訳)     Observation(観察) アダム以来、罪は人間を束縛し、人間を死に追いやることに成功してきた。 しかし、もはやその罪の要求に応じる必要はなくなったのだ。 「罪」に対して私たちはキッパリと「No thank you」を突きつけることができるのだ。     Application(適用) クリスチャンは感謝の心を大事にする。   「すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」 (第一テサロニケ5:18 新改訳)   とあるからだ。しかし、Thank you」の代わりに「No thank you」を突きつけて良い場合があるのだ。 それは罪に対して。 日本人の国民性を表すものに「Noと言えない日本人」という言葉があるが、罪に対しては断固「No」と言って良いのだ。   「私たちの中にある古い性質の自分が、キリストと共に十字架につけられたのは、罪を愛する体が砕かれ、もはや罪の支配を受けず、二度と罪の奴隷にならないためです。罪に対して死んだ者は、どんな罪の誘惑や力からも自由にされるのです。」 (ローマ6:6〜7 リビングバイブル)   イエス・キリストの十字架と復活のゆえに、罪から自由にされるのだ。 恨むこと、呪うこと、奪うことの代わりに、愛すること、ゆるすこと、祝福すること、与えることができるのだ。   ①罪に対してキッパリと「No thank you」と言える自由が与えられていることを感謝する。   ②罪に対してキッパリと「No thank you」を突きつけ続ける。   ③罪に対してキッパリと「No...

Continue reading

ひとりの人によって

Topic:影響力(リーダーシップ)   Scripture(聖書) 12 そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死がはいり、こうして死が全人類に広がったのと同様に、――それというのも全人類が罪を犯したからです。   15ただし、恵みには違反のばあいとは違う点があります。もしひとりの違反によって多くの人が死んだとすれば、それにもまして、神の恵みとひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、多くの人々に満ちあふれるのです。   19 すなわち、ちょうどひとりの人の不従順によって多くの人が罪人とされたのと同様に、ひとりの従順によって多くの人が義人とされるのです。 (ローマ5:12、15、19 新改訳)

Continue reading