計画

Topic:計画(人生)   Scripture(聖書) 当然なすべき正しい生活ができるように、主イエス・キリストに助けを求めなさい。悪を楽しむような計画を立ててはいけません。 (ローマ13:14 リビングバイブル)   主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません。 (ローマ13:14 新改訳)     Observation(観察) 人には誰でも罪の性質があり、悪を楽しむような計画を立ててしまう。 前節にそれがどのようなものが具体的に紹介されている。   ①遊び騒いだり ②酔っ払ったり ③性的な欲望のとりこになったり ④争ったり ⑤ねたんだり   こういった類のことを計画することは「時間の浪費」であるとパウロは断言している。 本来の生き方、正しい生活、正しい時間の使い方ができるように主に助けを求めるようにすすめられている。     Application(適用) 人は自分の力のみでは正しい計画を立てることがなかなか出来ない。 どこか自己中心で、自分の得、利益、快楽ばかりを追い求めがちなのである。   厳しいようだが、パウロが言うように「当然なすべき正しい生活」を己の力できないのである。   その現実を直視し、弱さを認めつつ、そして、だからこそ主に助けを求める。それが新改訳では「主イエス・キリストを着なさい」と言われていること。   元々、僕はプランニングは得意ではない。 なおさら、主の助けが必要なのである。   しかし、助けてくださるお方がいることは幸いである。   「人はたくさんの計画を立てますが、主の計画だけが成るのです。」 (箴言19:21 リビングバイブル)   最善の計画へと導いてくださるお方がいることは安心である。   これからの計画を主に祈り、考え、助けてもらおう。 そして、主におゆだねしよう。   「あなたのしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない。」 (箴言16:3...

Continue reading

「バプテスマの恵み」

Topic:洗礼   Scripture(聖書) 私たちがバプテスマ(洗礼)を受けてキリスト・イエスに結び合わされた時、罪の支配力は打ち破られてしまったのです。  (ローマ6:3 リビングバイブル)   それとも、あなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスにつくバプテスマを受けた私たちはみな、その死にあずかるバプテスマを受けたのではありませんか。 (ローマ6:3 新改訳)     Observation(観察) イエスを信じ、洗礼を受けることの意味は・・・   ①キリストに結び合わされる   ②罪の支配力が打ち破られる     Application(適用) 16歳の冬。クリスマスの翌週。その年の最後の日曜日に洗礼を受けた。   教会の会堂の中央に設置された組み立て式の洗礼槽にぬるま湯がためられて全身が水に浸かる全身礼であった。 親は教会に来てくれなかったが、従兄弟や叔母、親戚の何人かがお祝いに駆けつけてくれたが嬉しかった。   祖父母から始まった信仰のバトンを受け取ることが出来たことの幸い。 生まれてから洗礼を受けるまで、知らぬところで積まれていた祈りがあることを知った幸い。 そして、罪深き者が赦され、義とされるという信じ難き恵みに圧倒された日であった。   今日まで信仰が守られてきたことを改めて感謝したい。 4人の娘のうち、3人がすでにバプテスマを受ける恵みにあずかったことも感謝したい。 いつの日か四女もその恵みに預かるよう祈っている。   New Hope横浜の次の洗礼式は例年通り7/16(海の日)を予定している。 春の洗礼式は諸事情により残念ながらキャンセルになってしまったが、次回の洗礼式は多くの人がバプテスマの恵みに預かる姿を見たいと祈っている。 感謝なことに、このところキッズチャーチに来ているキッズからも洗礼希望者が出ている。   NHYのミッションステートメントは「私たちは、未信者が信者となり、信者が弟子となり、弟子が成熟されたリーダーとなり、さらに世界に出て人々をキリストへ導くことができるように、キリストの福音をのべつたえることを目的としています。」であるが、これはイエスの大宣教命令から来ている。   「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によりバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことをまもるように、彼らに教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイ28:19-20)     ①バプテスマの恵みを語る。   ②バプテスマの恵みに預かる人がさらに起こされるように祈る。   ③次回の洗礼式をアナウンスする。  ...

Continue reading