「祈りを教えてください」

Topic:祈り   Scripture(聖書) さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」 (ルカ11:1 新改訳)     Observation(観察) ①イエスも祈っておられた。 神の御子が祈っておられたのだから、私たちはなおさら祈るべきである。 祈りについての「知識」も大事だが、祈りは実際に「実践」してこそ真価を発揮するのだ。   ②バプテスマ・ヨハネは祈りを弟子たちに教えられた。 祈りは教わることでもある。   ③イエスも弟子たちのリクエストに応えて祈りを教えられた。 ここでイエスが教えらえたのがご存知「主の祈り」である。     Application(適用) 祈りは「神との会話」と表現される。 また「魂の呼吸」とも言われる。   一口に「祈り」と言っても、そこには「賛美」「願い」「感謝」「とりなし」、様々な要素がある。 ときには「怒り」であったり、「嘆き」であることもある。   いずれにしても祈りを通して神と向かい合うことが大切なことであり、また祈りは神と向かい合う術でもあるのだ。   この祈りに関して、バプテスマ・ヨハネの弟子たちはバプテスマ・ヨハネから教わった。 イエスの弟子たちもイエスから祈りを教わったのだ。 祈りは教わり、学ぶことも大事なのである。 改めて、祈りについて学びを深める必要がある。   11月のメッセージシリーズは「祈り」について学ぶシリーズでも良いかもしれない。   今週は家族のことで一つ大きな出来事があった。 祈らざるを得ない、祈ることしか出来ないような出来事であった。 そして、弟宅を訪問し、久しぶりに弟と二人で長い時間、祈り合った。 丁寧に心の内にある言葉を紡いで思いを主に打ち明け、時に涙を流しながら祈る弟の姿に教えられ、励まされ、心熱くされた。   ①祈りについて学ぶ   ②「祈り」のメッセージシリーズを考える   ③祈る 実践。「たえず祈りなさい」と言われているのだから。   Prayer(祈り) 主よ。...

Continue reading