「真理を語る」

Topic:真理(福音)   Scripture(聖書) 17さて、エルサレムへ行く途中のことです。道々イエスは十二人の弟子だけを呼び寄せ、  18やがて自分がエルサレムでどんな目に会うかをお話しになりました。「わたしは、祭司長やユダヤ人の指導者たちに引き渡され、彼らから死刑を宣告されます。  19そしてローマの役人の手に渡され、あざけられ、十字架につけられます。しかし、わたしは三日目に復活するのです。」 (マタイ20:17〜19 リビングバイブル)   17さて、イエスは、エルサレムに上ろうとしておられたが、十二弟子だけを呼んで、道々彼らに話された。 18「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは人の子を死刑に定めます。 19そして、あざけり、むち打ち、十字架につけるため、異邦人に引き渡します。しかし、人の子は三日目によみがえります。」 (マタイ20:17〜19 新改訳)   17Now Jesus was going up to Jerusalem. On the way, he took the Twelve aside and said to them,  18“We are going up to Jerusalem, and the Son of Man will be delivered over to...

Continue reading

「神はこれほど心にかけてくださるのです」

Topic:愛(信仰)   Scripture(聖書) 今日は咲いていても、明日は枯れてしまう草花でさえ、神はこれほど心にかけてくださるのです。だとしたら、あなたがたのことは、なおさらよくしてくださらないでしょうか。ああ、信仰の薄い人たち。 (マタイ6:30 リビングバイブル)   And if God cares so wonderfully for wildflowers that are here today and thrown into the fire tomorrow, he will certainly care for you. Why do you have so little faith? (Matthew6:30 NLT)     Observation(観察) 有名なイエスが語られた山上の説教の中の1節。 「心配しなくて良い」という主題の中で空の鳥や野に咲く花、自然界に目を向けることを教えられる。   ①神は草花を美しく装わせてくださるお方 ②神は草花以上に私たちを大切にしてくださるお方 ③心配しないで、神を信じれば良い  ...

Continue reading

「あなたは、わたしを誰だと言いますか」

Topic:信仰告白   Scripture(聖書) イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」 (マタイ16:15 新改訳)   「では、あなたがたは、どうなのですか。」 (マタイ16:15 リビングバイブル)     “But what about you?”he asked. “Who do you say I am?” (Matthew16:15 NIV)     Observation(観察) 舞台はピリポ・カイザリヤ。 その土地の名前が表すように皇帝崇拝がなされ、いたるところに偶像があるような町であった。   そこでイエスは弟子たちに問いかけた。 「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか?」   イエスはすでに数々の癒しを行い、14章では5000人、15章では4000人の給食という奇蹟を見せ、誰の目にも明らかな華々しいミニストリーを展開していた。 そんなイエスに対する評価は分かれ、様々な噂が飛び交っていた。 ・バプテスマ・ヨハネ説 ・エリヤ説 ・エレミヤ説 ・預言者の一人説   様々な憶測が飛び交う中でのイエスの弟子たちへの問いかけ。 「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか?」   すると、続く16節でペテロがこう答える。 シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」      Application(適用) 「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか?」 「では、あなたがたは、どうなのですか?」...

Continue reading

天国ランキング

Topic:信仰   Scripture(聖書) 1そのとき、弟子たちがイエスのところに来て言った。「それでは、天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」 2そこで、イエスは小さい子どもを呼び寄せ、彼らの真中に立たせて、 3言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、はいれません。 4だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。 (マタイ18:1〜4 新改訳)     Observation(観察) 弟子たちの関心事は自分の地位、肩書き、ポジション。 そんなことを考えること自体が愚かであるとか、恥ずかしいとは微塵も感じなかったのだろう。 弟子たちは堂々とイエスに訊ねる。   「天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」   前章の17章では「イエスは、ペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。」(17:1)ということがあった。   ペテロ達は自分の名前を呼ばれることを密かに期待したかもしれない。 少なくともTop3には入ってるじゃないだろうか、とか。   しかし、イエスの答えに弟子たちの淡い期待は裏切られることとなる。 イエスの答えは・・・   ①悔い改めること   ②子供のようになること   ③自分を低くすること     Application(適用) 男なら人生で「一旗揚げたい」「故郷に錦を飾りたい」と多くの者が願うことだろう。 出世したい。成功者となりたい。 No.1になりたい。   ところが、弟子達の淡い期待をイエスの言葉が打ち砕く。   「悔い改めなさい」   イエスの指摘は鋭かった。 つまり、「お前たち、ずれているよ」と言われたのである。 関心事のレベルが低いのだ、と。   そして、高いポジションを求めるよりも「子供のようになれ」と言われている 単なる純粋無垢さを求めての言葉ではない。   子供とは弱い存在である。...

Continue reading