「ことば」

Topic:ことば   Scripture(聖書) 1さて、全地は一つのことば、一つの話しことばであった。   6主は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。 7さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」 (創世記11:1、6-7)     Observation(観察) 有名な「バベルの塔」の出来事。   この頃、ことばは1つでコミュニケーションをはかることができた。 つまり、ことばによる一致があった。   しかし、その一致が良い方向ではなく、残念ながら誤った方向に向かっていってしまう。   4そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」   ここにあったのは高慢になり、思い上がった人間たちの姿であった。 確かに一致していたが、自己中な動機によることばの一致であった。 それゆえ、神はことばを混乱させ、ことばが通じないようにさせ、この思い上がりバベルの塔計画を頓挫させる。     Application(適用) 今日の箇所の1つのキーワードは「ことば」である。 ことばによって人は意思疎通をはかる。 ことばによって愛を伝えることもできれば、ことばによって励まし合うこともできる。 その一方でことばによって人を傷つけたり、貶めたり、罵ることもできる。   願わくは2019年、人を思いやり、励まし、感謝と愛を伝えるためにことばを用いたい。 そのようなことばを口にしたい。   ①動機をチェックする。   ②建設的、肯定的なことばを口にする練習。   ③日々、神のことばを心に入れ、蓄えていく。   ④真のことばであるイエスをいつも心に迎える。 「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」(ヨハネ1:1)     Prayer(祈り) 主よ。 主の年2019年を感謝します。あなたに与えられた1日1日を大切に生きることができますように。 あなたが与えてくださった隣人を思いやり、励まし、助けることばを語ることができますように。 そして、NHYが愛のことば、思いやりのことば、真のことばであるイエスによって一致し、キリストのからだを建て上げていくことができますように。 救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン...

Continue reading