「溢れる賛美」

Topic:賛美   Scripture(聖書) ああ神よ。賛美が私の口からあふれてきます。心から喜んで、あなたへの歌をささげましょう。 (詩篇108:1 リビングバイブル)   神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほめ歌を歌いましょう。 (詩篇108:1 新改訳)     Observation(観察) ダビデの詩篇。 ダビデは勇敢な戦士であり、王としても卓越したリーダーシップを発揮した。 また優れたミュージシャンでもあった。 しかし、ダビデを信仰者として何より際立たせているのは彼の礼拝者としての姿だ。     Application(適用) このリビングバイブルの「賛美が私の口からあふれてきます」という言葉が好きだ。   賛美が口から溢れる。   いつも主と共に歩み、主を見上げているからこそ、の姿である。 日曜礼拝のみならず、教会の何かの集会時のみならず、常に賛美していたい。 賛美の心を持っていたい。 賛美が日々の生活の中にあふれるようでありたい。   でも、それは言い換えると賛美が日々の歩みの中に溢れていないことを認めざるを得ないのである。 残念ながら賛美が口から溢れるよりも、ため息、嘆き、つぶやき、不平、不満が口から出ているのではないか。   ①賛美から離れている生き方を悔い改める   ②常に口から賛美が溢れるよう祈る 口先の賛美、言葉だけの賛美ではなく、生き方そのものが賛美となるように。   ③賛美を通して主を証する 賛美には力がある。賛美する者本人の信仰を引き上げるだけではない。 賛美には主を証する力がある。 先日のWatotoのコンサートでもそれを体感した。     Prayer(祈り) 主よ。 今週も金曜まで守られたことを感謝します。 賛美の心を与え、賛美の言葉を与えてくださり感謝します。 でも、賛美の心を失っている時もあります。 主よ、ゆるしてください。 ダビデのようにいつも賛美が口から溢れる生き方をしたいです。...

Continue reading

賛美は証となる

Topic:賛美(証)   Scripture(聖書) 主は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。 私があなたに、どれほどすばらしいことをしていただいたかを知って、 大ぜいの人が敬虔な心で神を敬い、信頼するようになるでしょう。 (詩篇40:3 リビングバイブル)     Observation(観察) 神の奇跡的な救いを体験したダビデの詩篇。   ダビデ自身が滅びの穴、泥沼と表現するほどの困難、追い詰められ出口が見えない八方塞がりの状況だったが、神は祈りにこたえてダビデを救ってくださった。   その救われた喜びが賛美の歌となり、証となり、大勢の人に対する伝道となる。     Application(適用) 賛美が証となる。 今までも思い、教えられてきたことだが、改めて御言葉から賛美が証となるという確信が与えられた。   高校時代、バンドブームという時代の波もあって同級生とバンドを組んでいた。 当時のバンドが必ずといって良いほどコピーするブルーハーツやボーイ、またビートルズのコピーをしていた。 そのうちオリジナル曲も歌うようになっていった。ライブハイスでライブもするようになっていった。 しかし、歌う歌のほとんどは恋愛ソング。クリスチャンになって間もない僕は、恋愛ソングを歌うことにだんだんと虚しさを覚えていった。   僕が歌いたいのはこういう歌じゃない。新しい歌。救われた歌。贖われた歌。喜びの歌。証となる歌・・・。   バンドメンバーには迷惑をかけてしまったが、バンドを脱退した。 そんな10代の時の記憶が蘇る。   牧師としての大きな一つの役割はメッセージにある。 神の言葉を語り、伝える。   しかし、神を証する方法は1つではない。 ダビデが言うように賛美の歌を通しても証は可能なのだ。   ①神がどれほど素晴らしいことをしてくださったか思い巡らし、感謝しよう   ②神を証できるように祈ろう   ③救われた喜びを歌おう     Prayer(祈り) 主よ。 3/16日の朝を感謝します。 今日もあなたの大きな愛と赦しの中に生かされていることを感謝します。 あなたの救いを証できますように。...

Continue reading