「死に様から分かる生き様」

Topic:十字架(イエス)   Scripture(聖書)  十字架のそばに立っていたローマ軍の士官は、イエスの死の有様を見て、「この方はほんとうに神の子だった」と言いました。 (マルコ15:39 リビングバイブル)   イエスの正面に立っていた百人隊長は、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「この方はまことに神の子であった。」と言った。 (マルコ15:39 新改訳)   When the Roman officer who stood facing him saw how he had died, he exclaimed, “This man truly was the Son of God!” (Mark15:39 NLT)     Observation(観察) 罪のないイエスが十字架にかけられた。 肉体的な痛み、精神的な痛み、霊的な痛みを味わわれた。   いよいよ息を引き取られた時、最も十字架のそばで一部始終を見ていたローマの隊長は「この方はほんとうに神の子だった」と証言した。   その死に様からイエスの生き様を察知したのだ。     Application(適用) あまりにも酷い、目をそむけるほどの残虐な死に様だった。 しかし、その死に様がかえってイエスの生き様を証した。 呪いの十字架の死がかえってイエスが神の子であることを証した。  ...

Continue reading

「一つの群れとなるための鍵」

Topic:一致(イエス、羊飼い、デボーション)   Scripture(聖書) このほかに、別の囲いにも羊がいます。その羊をも導かなければなりません。やがてその羊も、わたしの声に注意深く聞き従い、一人の羊飼いのもとに一つの群れとなるのです。 (ヨハネ10:16 リビングバイブル)   わたしにはまた、この囲いに属さないほかの羊があります。わたしはそれをも導かなければなりません。彼らはわたしの声に聞き従い、一つの群れ、ひとりの牧者となるのです。 (ヨハネ10:16 新改訳)     Observation(観察) イエスはご自分のことを「わたしは良い牧者です」と表現された。 そして良い牧者は羊のために命さえも捨てるのだ、という生半可ではない本気の覚悟を語られた。   一方、羊にも求められていることがある。 それは羊飼いのもとに1つの群れとなることである。   1つの群れとなるために大事な鍵がある。 羊飼い(イエス)の声に注意深く聞き従うことである。     Application(適用) 思いもかけない展開を迎えた2018年だった。 主任牧師の長期不在、さらに急転直下の主任牧師辞任申し出。 それに伴い、急遽主任牧師を引き継ぐことになった。   想定外だが、すべて強いられた恵みである。   このような変化のシーズンに大事なことは「一致」であるとリーダー達に伝えた。 その鍵は何か?・・・今日の聖句が教えているように「良い羊飼いであるイエスの声に注意深く聞き従うこと」である。   ①まず自分自身が静まって主の声を聞く(Daily Devotion) クリスマス、冬キャンプ、年末年始とやるべきタスクに追われがちである。しかし、主の膝もとで静まり、主の声に耳を傾けることを最優先する。   ②Daily Devotionを励ます New HopeのDevotionのcultureを築いていく。   ③Devotionを教える まだDevotionをしたことがない方々に教え、一緒に行う。     Prayer(祈り) 主よ。 12月21日の朝を迎えました。 子供達は今日が2学期最終日です。2学期も守られたことを感謝します。...

Continue reading

ひとり魂のために

Topic:伝道(イエス)   Scripture(聖書) 1-2それからイエスはエリコに入り、町をお通りになりました。この町には、ローマに収める税金を取り立てる仕事をしているザアカイという男がいました。取税人の中でもとりわけ権力をふるっていた大金持ちでした。   5やがて、そこへ差しかかったイエスは足を止め、ザアカイを見上げると、「ザアカイ。早く降りてきなさい。今晩はあなたの家に泊めてもらうつもりでいますから」と言われました。 (ルカ19:1-2 、9 リビングバイブル)     Observation(観察) 大変有名な取税人ザアカイの救いのストーリー。   イエスが自分の町にやってくるというNEWSを聞きつけ、行動を起こしたザアカイ。   3このザアカイも、ひと目イエスを見ようと思いましたが、背が低かったので、いくら背伸びをしても、人垣のうしろからは何も見えません。 4そこで、ずっと先のほうに走って行き、道ばたにあったいちじく桑の木によじ登って、見下ろしていました。 (ルカ19:3-4)   彼の背の低さ、そして木に登るという行動に出た姿が印象的。 しかし、忘れてはならないのはザアカイより先にイエスが行動を起こしているということ。   イエスは・・・ ①エリコに入り、町を通られた。 ②ザアカイがよじ登っていた木の下で足を止めた ③ザアカイを見上げた ④ザアカイの名を呼ばれた ⑤「早く降りてきなさい。今晩はあなたの家に泊めてもらうつもりでいますから」と声をかけた ⑥実際にザアカイの家に赴いた   ひとりの救いのために、まず神の側から行動を起こしてくださっているのだ。     Application(適用) これまではザアカイの行動が印象的だったが、今日はひとりの魂の救いのために自ら行動するイエスの姿がより心に語りかけてきた。   自分も含めて、日本の教会、牧師は「待ち」の姿勢でいることが多いのではないだろうか。 そのような働きも必要であろう。   しかし、イエスから教えらえるのは神であられるお方が自らひとりの魂の救いのために「行動」しているということなのである。   ①自ら出向く   ②名を呼び、声をかける   ③一緒に食事をする   弟子訓練の為にこのようなことはしているが、伝道のためにも、もっと積極的にしていきたい。 そのためにMission...

Continue reading