「信仰を働かせる」

Scripture ‘ヨシュアは命じました。「ラッパの音以外、音を出してはいけない。一言も発してはならない。私が『ときの声を上げよ』と言ったら、いっせいに大声で叫びなさい。」 ‘ ヨシュア記 6:10 JLB

Continue reading

賛美は証となる

Topic:賛美(証)   Scripture(聖書) 主は私の口に、新しい賛美の歌を授けてくださいました。 私があなたに、どれほどすばらしいことをしていただいたかを知って、 大ぜいの人が敬虔な心で神を敬い、信頼するようになるでしょう。 (詩篇40:3 リビングバイブル)     Observation(観察) 神の奇跡的な救いを体験したダビデの詩篇。   ダビデ自身が滅びの穴、泥沼と表現するほどの困難、追い詰められ出口が見えない八方塞がりの状況だったが、神は祈りにこたえてダビデを救ってくださった。   その救われた喜びが賛美の歌となり、証となり、大勢の人に対する伝道となる。     Application(適用) 賛美が証となる。 今までも思い、教えられてきたことだが、改めて御言葉から賛美が証となるという確信が与えられた。   高校時代、バンドブームという時代の波もあって同級生とバンドを組んでいた。 当時のバンドが必ずといって良いほどコピーするブルーハーツやボーイ、またビートルズのコピーをしていた。 そのうちオリジナル曲も歌うようになっていった。ライブハイスでライブもするようになっていった。 しかし、歌う歌のほとんどは恋愛ソング。クリスチャンになって間もない僕は、恋愛ソングを歌うことにだんだんと虚しさを覚えていった。   僕が歌いたいのはこういう歌じゃない。新しい歌。救われた歌。贖われた歌。喜びの歌。証となる歌・・・。   バンドメンバーには迷惑をかけてしまったが、バンドを脱退した。 そんな10代の時の記憶が蘇る。   牧師としての大きな一つの役割はメッセージにある。 神の言葉を語り、伝える。   しかし、神を証する方法は1つではない。 ダビデが言うように賛美の歌を通しても証は可能なのだ。   ①神がどれほど素晴らしいことをしてくださったか思い巡らし、感謝しよう   ②神を証できるように祈ろう   ③救われた喜びを歌おう     Prayer(祈り) 主よ。 3/16日の朝を感謝します。 今日もあなたの大きな愛と赦しの中に生かされていることを感謝します。 あなたの救いを証できますように。...

Continue reading

GRACE, FREEDOM & FRUIT

Instead, use your freedom to serve one another in love. Galatians 5:13 But the Holy Spirit produces this kind of fruit in our lives: love, joy, peace, patience, kindness, goodness, faithfulness, gentleness, and self-control. Galatians 5:23 Observation: Paul tells us that Jesus has set us free from all self-righteousness. He...

Continue reading

もっと甘えよう!(信仰)

S: それは、律法の奴隷になっていた私たちを買い戻して自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくださるためなのです。 このように神様は、私たちの心に、神の子の御霊を送ってくださいました。それで今、私たちは神の子どもとして、神を「お父さん」とお呼びできるのです。 あなたがたも私たちも、もはや奴隷ではありません。神の子どもなのです。子どもであるからには、神の持っておられるものはすべて私たちのものです。それが神のご計画だからです。ガラテヤ人への手紙 4:5-7 O:ここで、パウロは、神様が僕たちをご自身の子供とするために、ひとり子イエスの命を犠牲にしてまでも買い戻して下さったこと、そして、神の子の特権について書いている。僕たちをご自身の子供とするために神様は僕たちを愛し、ご自身の子供とするためにどれほどのことをしてくれたのだろう。1、神の子の御霊を送って下さった。2、「お父さん」と呼ぶことができる。3、神の持っているものを相続して下さった。何と言う愛、何という特権だろうか! A: 僕と神様との親子の関係はどうだろうか? 僕は神様にとってどんな息子だろうか? 僕は4人の息子の父親だ。父親の観点からすると、4人ともユニークで、本当にかわいく、 良い子だし、4人とも等しく愛している。子供の成長を見る中で思うのは、ティーンになると急に口数が少なく、かっこつけたら、強がったりして、自分の気持ちを僕に話さなくなると言うことだ。それはそれで成長の過程として大切なことなのかもしれないが、父親としては、「どんなことを考えているのかな、どんな葛藤があるのかな、もっと自分の気持ちを話してくれたら良いのに、もっと甘えてくれたら良いのに。」と思う。そしたら、彼らのために祈れるし、必要な助けができるのにと思うのだ。そういうこともあって、週に1人ずつ個人的にディボーションをすることを始めて2週間が立つ。より良く彼らの状況や信仰がわかるようになった。 僕は、神様にとってどんな子供だろうかと考えさせられる。僕の中にも、まるでティーネイジャーのように、「自分の力でがんばってしまう息子」「甘えることができない息子」「弱音をはけない息子」僕はもっとお父さんに甘えて良いのだ。それを神様も願っているだろう。神様と親子の関係を楽しむために、今日、僕ができることは何だろうか? 1、ただ、神様と時間を過ごすことを楽しもう。 2、「お父さん」と言って祈る。 P: 「天のお父さん、今日も聖書の言葉を通して僕を励まし、導いてくれてありがとう。僕があなたの前でもっと素直になることができるように助けて下さい。あなたの息子としてあなたに甘えたり、弱音を吐いたりできますように。今日もあなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

Continue reading

「イエスの十字架」

Scripture 「次の日までそのままにしてはいけません。その日のうちに埋葬しなさい。木にかけられた者は、神にのろわれた者だからです。あなたの神、主に与えられた地を汚してはいけません。」 ‭‭申命記‬ ‭21:23‬ ‭JCB‬‬

Continue reading

基本を大切に

Topic:知恵(信仰)   Scripture(聖書) 知恵の基本は、主を恐れ、大切にすることです。 物事がよくわかるようにしたければ、まず神を知りなさい。 (箴言9:10 リビングバイブル)   主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。 (箴言9:10 新改訳)     Observation(観察) 知恵の基本が教えられている。   ①主を恐れること   ②主を大切にすること   ③主を知ること     Application(適用) 何事も基本は大事である。 勉強、スポーツ、音楽・・・何れにおいても基本が出来ていなければ、応用などできない。   あと1週間で四女Manaは幼稚園卒園である。 親としては子供の成長は嬉しくも、ちょっと寂しく感じることもある。 とにかく来月、4月からはピカピカの1年生である。 国語、算数、理科、社会・・・これから多くの学びを経験することとなる。 今はその基本である、平仮名の読み書きを家でしている。 平仮名の読み書きがとても楽しいようで平仮名を見つけると嬉しそうに声に出して読み上げる。   知恵の基本、それは信仰の基本とも言える。 いや、もっと言うとそれは「人生の基本」と言える。   神を知ることが知恵の基本、人生の基本中の基本である、と聖書は断言する。 勉強やスポーツがそうであるように、この基本を習得してこそ応用編に進むことが出来る。   神を知るために・・・   ①日々の祈り   ②日々のみことば(Daily Devotion)   祈りとみことばはセット。さらにプラスして・・・   ③自然界に目を向ける...

Continue reading

それでもOKでいよう!(信仰)

S: そして、主に必死でお願いしました。「ああ主よ、お願いでございます。どうか、ヨルダン川の向こうに広がる約束の地に入らせてください。あのなだらかな山地、豊かな土地、そして美しいレバノン山脈を見せてください。これまであなたの偉大なみわざを見せていただいてきましたが、最後にその結実を見たいのです。そのようなすばらしいことのできるお方は、あなたのほかにはいません。」しかし主は、どうしてもそれをお聞き入れくださいませんでした。・・・」私がこのような怒りをこうむったのも、あなたがたのためです。主は言われました。『もう、そのことは言ってはならない。」申命記 3:23-26 O: モーセの必死のお願い。それは、ずっと夢見ていた、約束の地に入ることだった。モーセは、人々への怒りによって一度だけ不従順の罪を犯した。僕としては「そんなちっぽけな罪一回だけで」と思ってしまうが、その罪の故に約束の地へは入れれないと言われていた。でも、40年間の荒野での生活の後、約束の地を目の前にしてもう一度、神様に必死のお願いをするのだ。でも、神様の答えはノーだった。そして、モーセができるのは、約束の地を遠くから見ること、そして、モーセがすべきなのは、新しいリーダーヨシュアを励まし、人々を約束の地へと導くことだった。モーセはそのことをして死んでいくのだった。 A: 牧師として、リーダーとして僕がここから学ぶのは、 1、リーダーの責任は大きい。 1回の罪の結果を軽んじてはいけないと言うことだろう。神様は僕たちが悔い改めるなら赦し てくれるが、罪の代償は支払わなければいけない。特にリーダーに求められるものは大きい。 神は赦しがスパイダーマンのお父さんが「大いなる力には大いなる責任が伴う」と言っていた ことを思い出す。 2、全ては神次第。 事を行うのも、行わないのも神次第。 3、結果を神に委ねる。 自分の夢、願いとは違くてもOKでいる必要がある。 P: 「神様、今日も聖書の言葉を通して僕を励まし、導いて下さって感謝します。僕には祈り、夢、願いがあります。でも、全てはあなた次第です。今日も僕の願い、夢、祈りをあなたに委ねます。今日もあなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

Continue reading

「約束の地」

Scripture 「不信仰な者たちのために私でさえ主の怒りを買い、こう言い渡されました。『あなたは約束の地には入れない。 代わりに、あなたに仕えているヌンの子ヨシュアが指導者となる。その準備ができるように彼を励ましてやりなさい。」 申命記 1:37-38 JCB

Continue reading

若者よ!

Topic:次世代(聖書)   Scripture(聖書) 1-2若者よ。私のことばを聞き、私の教えに従う者はみな、英知を与えられます。 (箴言2:1-2 リビングバイブル)     Observation(観察) 神が若者に「英知」を与えてくださるという素晴らしい約束。   そのためには・・・ ①神のことばを聞く ②神の教えに従うこと     さらには、その時の態度が重要。   「なくした銀貨や秘密の宝を捜すように、熱心に求めなさい。」(4節)   宝物を探し出すような熱心さが求められている。 そのような態度で神のことばを聞き、従う者を神は守ってくださる。   「主は正しい人に英知を授け、彼らの盾となって、安全に守ってくれます。」(7-8節)     Application(適用) 若者に伝道し、指導し、訓練することに何十年と関わる恵みに預かってきた。 22歳で牧師になった自分自身もまだまだ若く未熟であったから、指導するというよりは一緒に悩みながら学んできたという感じだった。   40代になって白髪もシワも増えてきたが、今なおキッズやユース、多くの若者に関わることが出来ることは幸いだ。若者の教会離れが言われるようになって久しいが、そのような中でNHYには幸いなことにキッズやユース、多くの次世代が与えられている。Babyもどんどんと与えられている。   主の私たちの教会に対する期待と責任を感じる。   明日を担う若者を主が見るように見ていきたい。 彼らが将来のリーダーとなることを期待しつつ、祈っている。   3月に入ったが、今月は教会外でも大きな超教派のユース集会やユースキャンプにも招かれて、メッセージを語る機会が与えられている。   若者が神のことばを熱心に求め、神のことばに聞き、神のことばに従っていくことを励まし、導いていきたい。   ①若者ために祈る   ②若者に神のことばを求め、聞き、従うように語る   ③若者に伴走し、励ます これからも一緒にデボーションをしよう。     Prayer(祈り)...

Continue reading