「他者の喜びを満たす」

Topic:喜び(愛)   Scripture(聖書) この手紙を送るのは、あなたがたが喜びに満たされ、それによって私たちも共に喜びたいからです。 (第一ヨハネ1:4 リビングバイブル)     Observation(観察) イエスの弟子ヨハネが書いた手紙。 彼がこの手紙を書いた理由が明らかにされている。   ①手紙の受け取り手が喜びに満たされるため   ②それによってヨハネ達も共に喜ぶため       Application(適用) 自分が喜ぶことを考えることは誰でも比較的容易い。 しかし、他者の喜びを考え、優先することは容易いことではない。   この手紙の著者ヨハネは元漁師である。 それだけでなんとなく荒々しさを連想することができる。 実際、彼はイエスからは「雷の子」とあだ名をつけられるほど気性が荒く、短気な性格であった。 つまり、自分の思い通りにいかないとすぐに怒りのスイッチが入ってしまう質であったわけだが、イエスとの出会いで次第に「愛の使徒」に変えられていく。   そんなヨハネの愛が何気ないこの一文にも込められている。   「この手紙を送るのは、あなたがたが喜びに満たされ、それによって私たちも共に喜びたいからです。」   他者が喜びに満たされるように、という他者への思いやりと配慮。 こういう優しさを少しでも表すことができたら、この世界は少しずつ明るくなっていくのではないか。   ①今日、大切な家族や仲間が喜びに満たされるように祈ろう。   ②8/17の誕生日当日には、きちんとお祝いできなかった四女Manaの誕生を祝い、Manaが喜びに満たされることをしよう。   ③真の喜びに満たされるために福音を伝えていく     Prayer(祈り) 主よ。 自己中心になり、自分の喜びばかりを優先してしまうことをゆるしてください。 もっと他者を思いやり、他者の喜びが満たされることを祈り、願い、行動することができますように。 もっと他者に仕える者となることができますように。 そして、最も喜びで満たしてくれる福音を知らせることができますように。 救い主イエスの名前で祈ります。 アーメン  ...

Continue reading

誰が主なのか

Scripture 主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。 詩篇105:1ー2 新改訳 主が行われた奇しいみわざを思い起こせ。その奇蹟と御口のさばきとを。 詩篇105:5 新改訳

Continue reading

「言い表せないほどの祝福」

Topic:祝福(信仰)   Scripture(聖書) ハレルヤ。主を信じて従う人は、言い表せないほどの祝福を受けます。 心から、神のことばのとおりにする人は幸せです。 (詩篇112:1 リビングバイブル)   ハレルヤ。幸いなことよ。主を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ人は。 (詩篇112:1 新改訳)   Praise the Lord! How joyful are those who fear the Lord and delight in obeying his commands. (Psalm112:1 NLT)   Shout in celebration of praise to the Lord! Everyone who loves the Lord and delights in him will cherish his...

Continue reading

Keep it Fresh and Real

Scripture: Psalm 96:12 “Sing to the Lord a new song; sing to the Lord all the earth. Sing to the Lord, praise His name; proclaim his salvation day after day. Observation: How fresh are the ways the earth sings to the Lord? Our worship should be something that is refreshed...

Continue reading

「さらに多くの実を結ぶために」

Topic:信仰(人生、実り、刈り込み)   Scripture(聖書) 父は、実のならない枝をみな切り落とし、実のなる枝はもっとたくさんなるように、余分な枝を整理なさるのです。 (ヨハネ15:2 リビングバイブル)   わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。 (ヨハネ15:2 新改訳)     Observation(観察) ヨハネ15章の有名な「主はぶどうの木」のたとえの中での1節。   父(神)は私たちを祝福しようとしておられる。 それゆえ・・・   ①実のならない枝を切り落とす。 ②実を結ぶ枝はもっと多く実るように刈り込みをする。     Application(適用) 人生においても、また教会においても、このような整理、剪定、刈り込みのシーズンがあるように思う。   人間的視点で見るならば、それは冷たいように感じる場合もあるかもしれない。 感情的には納得いかない場合もあるかもしれない。 だが、私たちは大抵の場合は近視眼的になっていて広い視野で見えていないのだ。   しかし、主の視点は異なる。近視眼的ではない。 主はもっともっと広い視野で私たちの人生を、私たちの教会を見ておられる。 そして、不必要な部分は速やかに切り落とされていくのである。   それは、もっと多くの実を結ぶ為であることを私たちは決して忘れてはならない。   私たちにとって大事なことは私たちを見ておられる主の手に信頼してゆだねることである。 また、いつも主につながることである。 それは、主を信じ続けることである。   続くことばの中で豊かな実りの秘訣を主はこのように教えられた。   7しかし、もしわたしのうちにとどまり、わたしの命令に従うなら、何でもほしいものを求めなさい。きっとかなえられます。  8わたしのほんとうの弟子となり、多くの実を結ぶことによって、父が大いにほめたたえられるのです。  9父がわたしを愛してくださったように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛のうちに生きなさい。 (ヨハネ15:7〜9 リビングバイブル)     ①主のことばに聞き従うこと  ...

Continue reading

Fear of Losing

Scripture: “Nevertheless many even of the rulers believed in Him, but because of the Pharisees they were not confessing Him, for fear that they would be put out of the synagogue; for they loved the approval of men rather than the approval of God.” John 12:42-43 NASB

Continue reading

Beyond fear is Fulfillment in Christ

Scripture: John 9:22 NIV 22His parents said this because they were afraid of the Jewish leaders, who already had decided that anyone who acknowledged that Jesus was the Messiah would be put out of the synagogue. Observation: The blind man’s parents were so afraid of leaving their comfortable area where...

Continue reading

痛いとこを刺す

Scripture 6「今はまだ、その時ではありません。しかし、あなたたちはいつ行ってもいいのです。 7世間の人に憎まれるはずもありませんから。しかし、わたしは憎まれています。彼らの痛いところを突くからです。 ヨハネ7:6−7 リビングバイブル

Continue reading

「たとえ拙い証でも」

Topic:伝道(証、御言葉)   Scripture(聖書) 39さて、その町のサマリヤ人のうち多くの者が、「あの方は、私がしたこと全部を私に言った。」と証言したその女のことばによってイエスを信じた。 40そこで、サマリヤ人たちはイエスのところに来たとき、自分たちのところに滞在してくださるように願った。そこでイエスは二日間そこに滞在された。 41そして、さらに多くの人々が、イエスのことばによって信じた。 42そして彼らはその女に言った。「もう私たちは、あなたが話したことによって信じているのではありません。自分で聞いて、この方がほんとうに世の救い主だと知っているのです。」 (ヨハネ4:39〜42 新改訳)   39 Many of the Samaritans from that town believed in him because of the woman’s testimony, “He told me everything I ever did.”  40 So when the Samaritans came to him, they urged him to stay with them, and he...

Continue reading