「離れていても」

Topic:繋がり(交わり、教会)   Scripture(聖書) 離れていても、私の心はあなたがたと共にあり、その秩序ある生活と、キリストに対するしっかりとした信仰とを見て喜んでいます。 (コロサイ2:5 リビングバイブル)   私は肉体においては離れていても、霊においてはあなたがたとともにいて、あなたがたの秩序と、キリストに対する堅い信仰を見て喜んでいます。 (コロサイ2:5 新改訳2017)     Observation(観察) パウロの手紙。 パウロの喜びが表現されている。その喜びの理由はコロサイ教会が・・・   ①離れていても、心は共にあること。   ②秩序ある生活。   ③キリストに対する堅い信仰。     Application(適用) 事情は異なるが、コロナ禍において私達も会えない日が続いている。 「Withコロナ」の時代に入り、新生活様式、ソーシャルディスタンスが求められ、あえて距離を開けなければならない事態である。   しかし、離れていても現代はインターネットの恩恵のおかげで繋がりを容易に持つことが出来る。 パウロの時代は手紙。 それから時を経て電話。 そして、今や互いの顔を見ながら、話すことも可能になった。   フィジカルな密は避けつつ、パウロが言うように心を密にすることは可能なのだ。 そして、キリストにあって秩序ある生活を送る助けをし、キリストに対する信仰を堅持する励ましをすることはパウロの時代でも可能であったのだから、今は尚更可能であるはずだ。   出来得る限りのコミュニケーションツールを用いて、愛するNHYのOhana(Family)と繋がり、助け、励ましていこう。     Prayer(祈り) 主よ。 パウロの時代から比べたら、はるかに便利な時代を迎えています。 コロナ禍で人と距離を開けなければならない中にあっても、様々なツールを用いて、繋がり、助け、励ますことが可能な時代です。 主よ、どうか世界的に困難な状況の中にあって、新しいコミュニケーション能力を高め、繋がり続ける中で、信仰を堅持することをサポートできますように。 私達にそのような愛と知恵を与えてください。 逆境の中で信仰を働かせることができますように。 救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

Continue reading

「どんなことが起ころうと」

Topic:喜び(パウロ、メッセージ) Scripture(聖書) 愛する皆さん。どんなことが起ころうと、主にあって喜びなさい。このように何度も言いますが、それを私はめんどうとは思いませんし、あなたがたも聞かされたほうがいいのです。 (ピリピ3:1 リビングバイブル) Whatever happens, my dear brothers and sisters, rejoice in the Lord. I never get tired of telling you these things, and I do it to safeguard your faith. (Philippians3:1 NLT) Observation(観察) パウロがピリピ教会に向けて書いた手紙。 ①パウロが、これまでも強調して何度も語ってきたこと ②だが、再度念を押して語っている ③それを面倒とは思わない ④聞くべき大切なことだから それが・・・ 「主にあって喜ぶ」ことである。 Application(適用) パウロは信仰者として、また伝道者として喜びも、悲しみも、苦しみも経験してきた。 次の4章では、パウロは「あらゆる境遇に対処する秘訣を心得てきた」とまで語るわけだが、その秘訣はこの手紙の中で何度も語られてきた「喜ぶこと」、「主にあって喜ぶこと」なのだ。 今日は妹の命日。天に召されて丁度3年である。 家族全員で墓前に行く予定である。 妹の死は、あまりにも突然のことで家族に、特に両親に与えた悲しみ、苦しみ、そのダメージは計り知れない。 また、今年はこのコロナショックである。 現時点で690万人が感染し、40万人を超える方が亡くなっている。...

Continue reading

God is My Source

Scripture “The old prophet answered, “I too am a prophet, as you are. And an angel said to me by the word of the Lord: ‘Bring him back with you to your house so that he may eat bread and drink water.’ ” (But he was lying to him.) So the...

Continue reading

「思い煩う者のもとへ」

Topic:祈り   Scripture(聖書) 神よ、何もかもが信じられず動揺してしまうとき、私の心を鎮め、新しい希望を与え、元気を取り戻させてください。 (詩篇94:19 リビングバイブル)   私のうちで 思い煩いが増すときに あなたの慰めで私のたましいを喜ばせてください。 (詩篇94:19 新改訳2017)     Observation(観察) 詩人は自らの胸の内を正直に告白している。   それは、何もかもが信じられず動揺してしまうことがある。 思い煩いが増してしまう時があること。   人はどんなに表面的には強がってみせて、取り繕うことができても、内側では不安、恐れ、動揺、思い煩いを経験することがあるのだ。 だからこそ、詩人は神に助けを祈り求めている。   ①心を鎮めてください   ②新しい希望を与えてください(New Hope)   ③元気を取り戻させてください     Application(適用) 今日、この詩篇を読んでこの詩人の祈りに自らの思いを重ねたというよりも、「そうか、こういう悩みを持つ人の力になりたい」と導かれた。   心が動揺している人、思い煩いが増している人のもとに遣わされ、寄り添い、仕えること。 心が鎮まるための助けをしたい。 新しい希望を伝え、指し示していきたい。 元気が出るように励ましていきた。   僕が影響を受け、尊敬している師匠、牧師やリーダー、メンターは決まってこういう方々である。 いかなる状況においても動じないで、新しい希望を伝え続けている。 常に明るく朗らか、ユーモアがあって、一緒にいるだけで元気が出る。 そういう出会いに恵まれてきていることを改めて今朝感謝した。 そして、自らもそういう者になりたいと強く願わされている。   ①毎日10人励ましを目標としているが、今日は20人を目指す!   ②けれども、その人数に囚われず、ひとりを大切に!   ③まず妻、娘たち。家族を励ます!   ④自分自身がイエスから目を離さず常に元気でい続ける!...

Continue reading

「恵みの見本」

Topic:恵み(証)   Scripture(聖書) 神がキリスト・イエスを通してなしてくださった、すべてのことからも、神の恵みのすばらしさがわかります。私たちは今、その恵みがどんなに豊かであるかを示す見本とされているのです。 (ローマ2:7 リビングバイブル)   Throughout the coming ages we will be the visible display of the infinite, limitless riches of his grace and kindness, which was showered upon us in Jesus Christ. (Romans2:7 TPT)   それは、キリスト・イエスにあって私たちに与えられた慈愛によって、この限りなく豊かな恵みを、来たるべき世々に示すためでした。 (ローマ2:7 新改訳2017)     Observation(観察) パウロは徹底して「恵みによる救い」を教えている。   かつての私たちは・・・ ①罪のために滅びる定めだった。 ②罪にまみれサタンの言いなりだった。 ③生まれながら神の怒りを受けて当然だった。...

Continue reading

Just the Essentials

Scripture “Two things I ask of you, Lord; do not refuse me before I die: Keep falsehood and lies far from me; give me neither poverty nor riches, but give me only my daily bread.” Proverbs 30:7-8 NIV

Continue reading

「キリストに仕えてこそ」

Topic:仕える(心、信仰)   Scripture(聖書) このようにキリストに仕えてこそ、神に喜ばれ、また、人々にも喜ばれるのです。 (ローマ14:18 リビングバイブル)   このようにキリストに仕える人は、神に喜ばれ、人々にも認められるのです。 (ローマ14:18 新改訳2017)   because anyone who serves Christ in this way is pleasing to God and receives human approval. (Romans14:18 NIV)     Observation(観察) 聖書は終始一貫して「仕える」ことの大切さ、素晴らしさを教えている。   仕えることは・・・   ①神に喜ばれる   ②人々にも喜ばれる     Application(適用) この世では「仕える」ことよりも「仕えられる」ことの方が素晴らしいと思われているだろう。 「仕えられる」ことを目指して、努力する人が多いだろう。   努力すること自体は素晴らしいが、聖書が教えていることは「仕えられる」ことよりも「仕える」ことである。   17年前、New Hope Oahuで1年間インターンとして学び、訓練を受ける恵みの機会を頂いた。...

Continue reading