「イスラエルの民を導いたもの」

Topic:導き   Scripture(聖書) 21雲が夕方から朝までとどまるようなときがあっても、朝になって雲が上れば、彼らはただちに旅立った。昼でも、夜でも、雲が上れば、彼らはいつも旅立った。 22二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。 23彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。 (民数記9:21〜23 新改訳)   21Sometimes the cloud stayed only from evening till morning, and when it lifted in the morning, they set out. Whether by day or by night, whenever the cloud lifted, they set out.  22Whether the cloud stayed over the tabernacle for two...

Continue reading

死の谷、嵐の中で共におられる主

御言葉: 11しかし、百人隊長は、パウロの言うことよりも、船長や船主のほうを信用した。 42兵士たちは、囚人たちがだれも泳いで逃げないように、殺してしまおう図った。 43しかし百人隊長はパウロを助けたいと思い、彼らの計画を制止して、泳げる者たちがまず海に飛び込んで陸に上がり、 44残りの者たちは、板切れや、船にある何かにつかまって行くように命じた。こうして、全員が無事に陸に上がった。 使徒の働き27:11, 42-44

Continue reading

My Shepherd

Scripture: ‘The Lord is my shepherd, I lack nothing. He makes me lie down in green pastures, he leads me beside quiet waters, he refreshes my soul. He guides me along the right paths for his name’s sake. ‘ Psalms 23:1-3   Observation: When we put out full trust in...

Continue reading

「いのちの権利」

Topic:命   Scripture(聖書) 「それよりも、ローマ皇帝に上訴する権利を要求いたします。私が無実であることは、あなた様もご存じのはずです。もし、何か死刑にあたるようなことをしているのなら、逃げも隠れもいたしません。しかし、私は潔白でございます。だれにも、私をこの人たちの手に渡して殺させる権利はありません。私はカイザルに上訴いたします。」 (使徒25:10-11 リビングバイブル)   But Paul replied, “No! This is the official Roman court, so I ought to be tried right here. You know very well I am not guilty of harming the Jews. If I have done something worthy of death, I don’t refuse to die. But...

Continue reading

Integrity

Scripture: “Put me on trial, Lord, and cross-examine me. Test my motives and my heart. For I am always aware of your unfailing love, and I have lived according to your truth.” Psalms 26:2-3 NLT

Continue reading

「ピリポの4人の娘」

Topic:父、娘、ピリポ   Scripture(聖書) 8翌日そこを立って、カイザリヤに着き、あの七人のひとりである伝道者ピリポの家にはいって、そこに滞在した。 9この人には、預言する四人の未婚の娘がいた。 (使徒21:8〜9 新改訳)   8 Leaving the next day, we reached Caesarea and stayed at the house of Philip the evangelist, one of the Seven.  9 He had four unmarried daughters who prophesied. (Acts21:8〜9 NIV)     Observation(観察) パウロ一向はエルサレムへと向かっていく。 途中、立ち寄ったカイザリヤでは「あの七人のひとりである伝道者ピリポ」の家で世話になっている。 「あの七人」とは初代教会で起こった最初の問題とも言える食事配給問題を解決すべく選ばれた「あの七人」であろう(使徒6章)。   ・・・彼らは、信仰と聖霊とに満ちた人ステパノ、およびピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、(使徒6:5 新改訳)   つまり、初代教会のリーダーの一人である。...

Continue reading

「励ましのミッショントリップ」

Topic:励まし(教会、ミッショントリップ)   Scripture(聖書) パウロはアンテオケにしばらくいたあと、また小アジヤへ行き、ガラテヤとフルギヤ地方の教会を訪問して、力づけて回りました。 (使徒18:23 リビングバイブル)   After spending some time there, Paul continued on through the region of Galatia and Phyrgia in central Turkey. And wherever he went he encouraged and strengthened the believers. (Acts18:23 TPT)     Observation(観察) パウロの第三回伝道旅行のスタートである。 向かった先は小アジヤ。そこにはすでに教会が建てられていた。 その教会を訪問し、励ましたのだ。     Application(適用) ミッショントリップの目的は伝道である場合もある。 また、この箇所のように教会を励ます場合もある。   振り返ってみるとNHYの歩みの中で、なんと多くのミッションチームが訪れ、励ましてくれたことか!それに対して、私たちがミッションチームを送ったことのなんと少ないことか。...

Continue reading

「兄弟たち・・・」

Topic: 信仰・勇気 Scripture 兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。 使徒17:10 新改訳 そこで兄弟たちは、ただちにパウロを送り出して海べまで行かせたが、シラスとテモテはベレヤに踏みとどまった。 使徒17:14 新改訳

Continue reading