ピンチはチャンス!(信仰)

この命令が発せられたので、知者たちは殺されることになった。また人々はダニエルとその同僚をも捜して殺そうとした。・・・そこで王は、ダニエルを高い位につけ、彼に多くのすばらしい贈り物を与えて、彼にバビロン全州を治めさせ、また、バビロンのすべての知者たちをつかさどる長官とした。 (ダニエル2:13, 48)

Continue reading

Listen and Obey

Scripture “Whether we like it or not, we will obey the Lord our God to whom we are sending you with our plea. For if we obey him, everything will turn out well for us.” Jeremiah 42:6 NLT “And today I have told you exactly what he said, but you...

Continue reading

「再三再四」

Topic:みことば   Scripture(聖書) 12彼もまた、主の目に悪を行いました。主のことばを語る預言者エレミヤの勧めを聞こうとしなかったからです。   15彼らの父祖の神、主は、再三再四、預言者を遣わして、警告を与えました。ご自分の民と神殿を深く思いやったからです。    21こうして、エレミヤの語った主のことばは現実となりました。・・・ (第二歴代36:12、15、21 リビングバイブル)     Observation(観察) ヨシヤ王亡き後、ユダの王として登場する四人が描かれている。   ①エホアハズ ②エホヤキム ③エホヤキン ④ゼデキヤ   エジプトとバビロンという強国の狭間で、翻弄され、揺れ動き、やがては沈没していくユダ王国であった。   それは己の蒔いた種の刈り取りでもあった。なぜ彼らは主の前に悪を行ったのか? この時代、主のことばはなかったのだろうか?   いいや、主は預言者を通して主のことばを送り、警告を与えた。 それも一度や二度ではない。リビングバイブル訳は「再三再四」と記している。 文字通り、何度も何度も、である。 それは主の愛の証であり、深い思いやりの表れであった。     Application(適用) ①神のことばは神の愛と思いやりの表れ 今日も神のことばを通して神の愛に触れ、神の愛に満たされることが肝要なのである。   ②神のことばは警告を与える 近代科学の父ガリレオ・ガリレイは「宇宙」を指して「第二の聖書」と呼んだ。 豪雨、台風、地震・・・立て続けに起こる自然災害は私たちに何を語っているだろうか?   ③神のことばは実現する 不確かな時代の中で、確かなものがある。 それが「神のことば」である。 それゆえ、神のことばに耳を傾け、神のことばを胸に刻み、神のことばに従って生きていくことが確かな人生を生きる秘訣である。   ④再三再四、神のことばを伝える 人は頑なである。それまでの生き方を変えることは容易ではない。 プライド、メンツ、経験が邪魔をすることがある。 それでも、再三再四神のことばを語り伝えることが先に救われた者の使命である。    ...

Continue reading

「人であって、神でない」

Scripture “「人の子よ。ツロの君主に言え。神である主はこう仰せられる。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。” エゼキエル書 28章2節 聖書 新改訳©2003新日本聖書刊行会

Continue reading

いなごさえも(信仰)

そして彼らは、地の草やすべての青草や、すべての木には害を加えないで、ただ、額に神の印を押されていない人間にだけ害を加えるように言い渡された。しかし、人間を殺すことは許されず、ただ五か月の間苦しめることだけが許された。その与えた苦痛は、さそりが人を刺したときのような苦痛であった。 黙示録9:4-5

Continue reading

初めの愛に戻る!(牧師、教会)

しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて、初めの行ないをしなさい。もしそうでなく、悔い改めることをしないならば、わたしは、あなたのところに行って、あなたの燭台をその置かれた所から取りはずしてしまおう。ヨハネの黙示録2:4-5

Continue reading

「背きの結果」

Scripture “第五の月の十日--それは、バビロンの王ネブカデレザル王の第十九年であった。--バビロンの王に仕えていた侍従長ネブザルアダンがエルサレムに来て、主の宮と王宮とエルサレムのすべての家を焼き、そのおもだった建物をことごとく火で焼いた。侍従長といっしょにいたカルデヤの全軍勢は、エルサレムの回りの城壁を全部取りこわした。” エレミヤ書 52章12~14節 聖書新改訳©2003新日本聖書刊行会

Continue reading