「イエスの十字架」

Scripture 「次の日までそのままにしてはいけません。その日のうちに埋葬しなさい。木にかけられた者は、神にのろわれた者だからです。あなたの神、主に与えられた地を汚してはいけません。」 ‭‭申命記‬ ‭21:23‬ ‭JCB‬‬

Continue reading

基本を大切に

Topic:知恵(信仰)   Scripture(聖書) 知恵の基本は、主を恐れ、大切にすることです。 物事がよくわかるようにしたければ、まず神を知りなさい。 (箴言9:10 リビングバイブル)   主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。 (箴言9:10 新改訳)     Observation(観察) 知恵の基本が教えられている。   ①主を恐れること   ②主を大切にすること   ③主を知ること     Application(適用) 何事も基本は大事である。 勉強、スポーツ、音楽・・・何れにおいても基本が出来ていなければ、応用などできない。   あと1週間で四女Manaは幼稚園卒園である。 親としては子供の成長は嬉しくも、ちょっと寂しく感じることもある。 とにかく来月、4月からはピカピカの1年生である。 国語、算数、理科、社会・・・これから多くの学びを経験することとなる。 今はその基本である、平仮名の読み書きを家でしている。 平仮名の読み書きがとても楽しいようで平仮名を見つけると嬉しそうに声に出して読み上げる。   知恵の基本、それは信仰の基本とも言える。 いや、もっと言うとそれは「人生の基本」と言える。   神を知ることが知恵の基本、人生の基本中の基本である、と聖書は断言する。 勉強やスポーツがそうであるように、この基本を習得してこそ応用編に進むことが出来る。   神を知るために・・・   ①日々の祈り   ②日々のみことば(Daily Devotion)   祈りとみことばはセット。さらにプラスして・・・   ③自然界に目を向ける...

Continue reading

それでもOKでいよう!(信仰)

S: そして、主に必死でお願いしました。「ああ主よ、お願いでございます。どうか、ヨルダン川の向こうに広がる約束の地に入らせてください。あのなだらかな山地、豊かな土地、そして美しいレバノン山脈を見せてください。これまであなたの偉大なみわざを見せていただいてきましたが、最後にその結実を見たいのです。そのようなすばらしいことのできるお方は、あなたのほかにはいません。」しかし主は、どうしてもそれをお聞き入れくださいませんでした。・・・」私がこのような怒りをこうむったのも、あなたがたのためです。主は言われました。『もう、そのことは言ってはならない。」申命記 3:23-26 O: モーセの必死のお願い。それは、ずっと夢見ていた、約束の地に入ることだった。モーセは、人々への怒りによって一度だけ不従順の罪を犯した。僕としては「そんなちっぽけな罪一回だけで」と思ってしまうが、その罪の故に約束の地へは入れれないと言われていた。でも、40年間の荒野での生活の後、約束の地を目の前にしてもう一度、神様に必死のお願いをするのだ。でも、神様の答えはノーだった。そして、モーセができるのは、約束の地を遠くから見ること、そして、モーセがすべきなのは、新しいリーダーヨシュアを励まし、人々を約束の地へと導くことだった。モーセはそのことをして死んでいくのだった。 A: 牧師として、リーダーとして僕がここから学ぶのは、 1、リーダーの責任は大きい。 1回の罪の結果を軽んじてはいけないと言うことだろう。神様は僕たちが悔い改めるなら赦し てくれるが、罪の代償は支払わなければいけない。特にリーダーに求められるものは大きい。 神は赦しがスパイダーマンのお父さんが「大いなる力には大いなる責任が伴う」と言っていた ことを思い出す。 2、全ては神次第。 事を行うのも、行わないのも神次第。 3、結果を神に委ねる。 自分の夢、願いとは違くてもOKでいる必要がある。 P: 「神様、今日も聖書の言葉を通して僕を励まし、導いて下さって感謝します。僕には祈り、夢、願いがあります。でも、全てはあなた次第です。今日も僕の願い、夢、祈りをあなたに委ねます。今日もあなたを愛します。あなたに従います。アーメン。」

Continue reading

「約束の地」

Scripture 「不信仰な者たちのために私でさえ主の怒りを買い、こう言い渡されました。『あなたは約束の地には入れない。 代わりに、あなたに仕えているヌンの子ヨシュアが指導者となる。その準備ができるように彼を励ましてやりなさい。」 申命記 1:37-38 JCB

Continue reading

若者よ!

Topic:次世代(聖書)   Scripture(聖書) 1-2若者よ。私のことばを聞き、私の教えに従う者はみな、英知を与えられます。 (箴言2:1-2 リビングバイブル)     Observation(観察) 神が若者に「英知」を与えてくださるという素晴らしい約束。   そのためには・・・ ①神のことばを聞く ②神の教えに従うこと     さらには、その時の態度が重要。   「なくした銀貨や秘密の宝を捜すように、熱心に求めなさい。」(4節)   宝物を探し出すような熱心さが求められている。 そのような態度で神のことばを聞き、従う者を神は守ってくださる。   「主は正しい人に英知を授け、彼らの盾となって、安全に守ってくれます。」(7-8節)     Application(適用) 若者に伝道し、指導し、訓練することに何十年と関わる恵みに預かってきた。 22歳で牧師になった自分自身もまだまだ若く未熟であったから、指導するというよりは一緒に悩みながら学んできたという感じだった。   40代になって白髪もシワも増えてきたが、今なおキッズやユース、多くの若者に関わることが出来ることは幸いだ。若者の教会離れが言われるようになって久しいが、そのような中でNHYには幸いなことにキッズやユース、多くの次世代が与えられている。Babyもどんどんと与えられている。   主の私たちの教会に対する期待と責任を感じる。   明日を担う若者を主が見るように見ていきたい。 彼らが将来のリーダーとなることを期待しつつ、祈っている。   3月に入ったが、今月は教会外でも大きな超教派のユース集会やユースキャンプにも招かれて、メッセージを語る機会が与えられている。   若者が神のことばを熱心に求め、神のことばに聞き、神のことばに従っていくことを励まし、導いていきたい。   ①若者ために祈る   ②若者に神のことばを求め、聞き、従うように語る   ③若者に伴走し、励ます これからも一緒にデボーションをしよう。     Prayer(祈り)...

Continue reading

イエスさまに手を取られながら歩いていく

御言葉 “23イエスは盲人の手を取って村の外に連れて行かれた。そしてその両目につばきをつけ、両手を彼に当てて「何か見えるか」と聞かれた。24すると彼は、見えるようになって、「人が見えます。木のようですが、歩いているのが見えます」と言った。25それから、イエスはもう一度彼の両目に両手を当てられた。そして、彼が見つめていると、すっかり直り、すべてのものがはっきり見えるようになった。” マルコの福音書 8:23-25

Continue reading

些細なことが

Scripture  「ところが主は、モーセとアロンをしかりました。「あなたがたはわたしを信じなかった。岩に命じなさいと言ったのに、杖でたたくとは何事だ。わたしを信じきらず、わたしが聖なる者であることを民に示さなかったのだから、あなたがたは約束の地に入ることができない。」」 ‭‭民数記‬ ‭20:12‬ ‭JCB‬‬ Observation  民の不満に再び主が動かれる モーセもアロンは言われた通り、ではなくて杖で二回岩をたたいた。 しかし命じるのか、たたくのか人の目からみたら些細なことであるが、神様の目には大きく違っていたのだ。 Application  結果、このことが理由でモーセとアロンは約束の地に入ることは叶わなかった。 「たたくか」、「命じるか」何が神様の目には違いがあったのか。細かくは書いていない、ただ書いてあるのは神様の言われたことをモーセたちが信じれなかったということ。 それは、彼らが神様の方法ではなく自分の方法に頼り行動したということではないだろうか。 誰にだって、ピンチのとき、怒りのとき、大変なとき、色々なときがる。どのときも、大切なのは神様の方法に沿うということなのだと改めて考えさせられる。 1、神様の思いは、人の思いをはるかに超えたとこにある。 2、自分の悟りに頼らず、主により頼む。(箴言3:5) 3、怒らない、高慢にならない。(モーセたちは民への怒りがあった)怒りは、神の義を実現しない(ヤコブ1:20) Prayer 神様、あなたの前で、あなたの方法で歩み決断していくことをいつも教えてください。それからずれているなら、なおのこと教えてください。そして、いかなる決断も行動も神様の方法で行うことができますように。

Continue reading

自分の日

Topic:人生   Scripture(聖書) それゆえ、私たちに自分の日を正しく数えることを教えてください。そうして私たちに知恵の心を得させてください。 (詩篇90:12 新改訳)   どうか、私たちに与えられた日の数え方を教え、それがどんなに短いものか気づかせてください。 どうか、正しい日の過ごし方を教えてください。 (詩篇90:12 リビングバイブル)       Observation(観察) 「モーセの祈り」である詩篇。   モーセ自身は120歳生きたとされているが、10節で…   10人生は七十年、中には八十まで生きる人もいるでしょう。 しかし、一番良い時期でも、人生はむなしく、苦しみに満ちています。 しかも、月日は矢のように過ぎて、私たちは、たちまち帰らぬ身となるのです。   と言っているように、当時の平均寿命は70歳〜80歳くらいであったのだろう。 いずれにしても「光陰矢の如し」で、あっという間に月日は経ってしまうものだ。   どんなに権力や経済力があっても、時を止めることも、巻き戻すことも出来ない。 今こうしている間にも川の流れの如く、時間は流れている。 その時の流れの中で、モーセは…   12どうか、私たちに与えられた日の数え方を教え、それがどんなに短いものか気づかせてください。 どうか、正しい日の過ごし方を教えてください。   と祈ったのである。   ①人生は思っているより短い   ②与えられた日(人生)の正しい過ごし方を主に祈る     Application(適用) 時の経過の早さを年々実感している。 今年もあけたと思ったら、もう2月後半。 あと1週間もしないうちに3月である!   現在43歳。今年の夏で44歳になるわけだが、未だに自分が40代ということも信じられないくらいである(笑)。 しかし、こうしている間にも時は止まることなく流れ続けている。   昨年は妹が天に召されていった。 自分はあと何年、この地上に生かされるか分からない。...

Continue reading

イエス様の深く広いあわれみの心と御手

御言葉 “40さて、ツァラアトに冒された人がイエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。「お心一つで、私をきよくしていただけます。」41イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」42すると、すぐに、そのツァラアトが消えて、その人はきよくなった。” マルコの福音書 1:40-42

Continue reading