「励ましのミッショントリップ」

Topic:励まし(教会、ミッショントリップ)   Scripture(聖書) パウロはアンテオケにしばらくいたあと、また小アジヤへ行き、ガラテヤとフルギヤ地方の教会を訪問して、力づけて回りました。 (使徒18:23 リビングバイブル)   After spending some time there, Paul continued on through the region of Galatia and Phyrgia in central Turkey. And wherever he went he encouraged and strengthened the believers. (Acts18:23 TPT)     Observation(観察) パウロの第三回伝道旅行のスタートである。 向かった先は小アジヤ。そこにはすでに教会が建てられていた。 その教会を訪問し、励ましたのだ。     Application(適用) ミッショントリップの目的は伝道である場合もある。 また、この箇所のように教会を励ます場合もある。   振り返ってみるとNHYの歩みの中で、なんと多くのミッションチームが訪れ、励ましてくれたことか!それに対して、私たちがミッションチームを送ったことのなんと少ないことか。...

Continue reading

「兄弟たち・・・」

Topic: 信仰・勇気 Scripture 兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。 使徒17:10 新改訳 そこで兄弟たちは、ただちにパウロを送り出して海べまで行かせたが、シラスとテモテはベレヤに踏みとどまった。 使徒17:14 新改訳

Continue reading

「大胆に、忍耐強く」

Topic:伝道   Scripture(聖書) 1イコニオムの町でも、パウロとバルナバは連れ立って会堂に行き、力強く語ったので、ユダヤ人も外国人も、大ぜい神を信じました。 2しかし、神のことばを軽んじるユダヤ人たちは、根も葉もないことで二人を中傷し、人々の不信をかき立てました。  3それにもかかわらず、二人は長い間そこに滞在し、大胆に宣教を続けたのです。主は、すばらしい奇跡を行わせ、二人のことばが真実であることを証明なさいました。  (使徒14:1〜3 リビングバイブル)     Observation(観察) パウロとバルナバの第一回伝道旅行。 イコニオムでの伝道では大きな実りがあった。   ①大胆に福音を語った。 ②ユダヤ人のみならず、外国人も大勢救われたのだ。 ③根も葉もない誹謗中傷が起こった。 ④それでも立ち去らず、長い間滞在した。 ⑤そして、大胆に語り続けた。 ⑥奇跡が起きた。 ⑦二人のことばの真実さが証明された。     Application(適用) パウロとバルナバの伝道旅行。 イコニオムで大勢が救われた。 現代の日本でも、このような救いを見たいと祈っている。   パウロたちのイコニオム伝道の秘訣は何だったのか?   ①大胆さ それは己の力に頼る大胆さではなく、御霊に満たされているがゆえの大胆さであったであろう。   ②忍耐強さ 誹謗中傷に負けない忍耐強さ。   ③継続の力 誹謗中傷があっても、すぐに立ち去らず、長い間滞在し続け、語り続けたのだ。   忍耐強い、大胆な伝道が実を結んだのだ。   今、カフェでこのデボーションジャーナルを書いているが、このカフェに来る途中でこの寒空の中で、大胆に、忍耐強く伝道していたのは「エホバの証人」であった。 彼らの方がよほど大胆で、忍耐強いではないか。   大胆に語る者でありたい。 しかし、それは単なるパフォーマンスとしての大胆さではない。 御霊に満たされているところから来る大胆さである。   世の中に影響を与えようとするならば、誹謗中傷などつきものである。 怯まず、恐れず大胆に伝道しよう。...

Continue reading

神様の御言葉に支えられて

御言葉: 46パウロとバルナバとは大胆に語った、「神の言は、まず、あなたがたに語り伝えられなければならなかった。しかし、あなたがたはそれを退け、自分自身を永遠の命にふさわしからぬ者にしてしまったから、さあ、わたしたちはこれから方向をかえて、異邦人たちの方に行くのだ。 47主はわたしたちに、こう命じておられる、『わたしは、あなたを立てて異邦人の光とした。あなたが地の果までも救をもたらすためである』」。 使徒の働き13:46-47

Continue reading

「空のように」

Topic:神(自然、証、ダビデ)   Scripture(聖書) 1天は神の栄光を語り告げ 大空は御手のわざを告げ知らせる。 2昼は昼へ話を伝え 夜は夜へ知識を示す。 3話もせず 語りもせず その声も聞こえない。 4しかし その光芒は全地に そのことばは世界の果てまで届いた。 神は天に 太陽のために幕屋を設けられた。 (詩篇19:1-4 新改訳2017)   1The heavens declare the glory of God; the skies proclaim the work of his hands. 2Day after day they pour forth speech; night after night they reveal knowledge. 3They have no speech, they use no words; no sound is...

Continue reading

To the Remotest Part of the Earth

Scripture: “Saul was in hearty agreement with putting him to death. And on that day a great persecution began against the church in Jerusalem, and they were all scattered throughout the regions of Judea and Samaria, except the apostles.” Acts 8:1 NASB “Therefore, those who had been scattered went about...

Continue reading

「甘くない現実」

Topic:リーダーシップ   Scripture(聖書) モーセは、イスラエル人を助けるために神が自分を遣わされていることを、みなが認めてくれるものと思い込んでいましたが、現実はそうではありませんでした。 (使徒7:25 リビングバイブル)   モーセは、自分の手によって神が同胞に救いを与えようとしておられることを、皆が理解してくれるものと思っていましたが、彼らは理解しませんでした。 (使徒7:25 新改訳2017)     Observation(観察) ステパノの説教の中で語られたモーセが40歳の頃の話。 後には偉大なリーダーとなるモーセだが、まだこの時点ではリーダーとしては未熟で整えられていなかった。   ①自分勝手な思い込みのリーダーシップ 信頼関係がない中で立場、ポジションだけで人はついていかない。   ②力でねじ伏せるリーダーシップ 仲間を想う気持ちは尊いが、解決方法(殺人)を間違えてしまった。   ③人に認められるためのリーダーシップ 神に認められることではなく、人に認められるようとするとずれてしまう。     Application(適用) 僕は今45歳。 この当時のモーセの年齢40歳を優に超えたことになる。   40歳。働き盛り。脂が乗ってくる頃かもしれない。 しかし、まだまだモーセはイスラエルを導くリーダーとして十分ではなかった。 さらにここから40年の訓練が必要であった。   僕は44歳でNHYの主任牧師に就任したわけだが、モーセの姿に我が身を重ねて改めて襟を正される思いである。 まだまだ成長の途上である。さらに謙虚に主の訓練を受け、整えられていくことが必要だ。   40歳のモーセを反面教師としていこう。   ①信頼関係を土台とするリーダーシップ   ②力ではなく愛のリーダーシップ   ③人ではなく神に喜ばれることを求めるリーダーシップ     Prayer(祈り) 主よ。 1月の最終日を迎えました。 2020年最初の月も守られたことを感謝します。...

Continue reading

「驚きの理由」

Topic:信仰(伝道、ペテロ、ヨハネ)   Scripture(聖書) 13Now as they observed the confidence of Peter and John and understood that they were uneducated and untrained men, they were amazed, and began to recognize them as having been with Jesus.  (Acts4:13 NASB)   13あまりにも大胆なペテロとヨハネのことばに、議員たちは驚き、たじたじとなりました。二人は明らかに、教育も受けていなければ、宗教の専門家でもないのです。とうとう、イエスといっしょにいたからそうなったのだ、と認めないわけにはいかなくなりました。  (使徒4:13 リビングバイブル)   彼らはペテロとヨハネとの大胆さを見、またふたりが無学な、普通の人であるのを知って驚いたが、ふたりがイエスとともにいたのだ、ということがわかって来た。 (使徒4:13 新改訳)     Observation(観察) 大胆にイエスの復活を語るペテロとヨハネが捕らえられた。 政治的、宗教的リーダー達を前にしてもペテロ達はおじけづくことなく、怯むことなく、大胆にイエスを語った。 その言葉に、その姿にリーダー達は驚いたのであった。  ...

Continue reading