Words Cannot Describe

Scripture “You love him even though you have never seen him. Though you do not see him now, you trust him; and you rejoice with a glorious, inexpressible joy. The reward for trusting him will be the salvation of your souls.” 1 Peter 1:8-9 NLT Observation I never ever seen...

Continue reading

「知恵を求めよ」

Topic:知恵 Scripture(聖書) 神が何を望んでおられるか知りたいなら、遠慮なく、直接尋ねなさい。神は喜んで教えてくださいます。願い求める人には、神はいつでも惜しみなく、あふれるばかりの知恵を授けてくださるからです。そのことで、決してとがめたりはなさいません。 (ヤコブ1:5 リビングバイブル) あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。 (ヤコブ1:5 新改訳)

Continue reading

Living by faith

“Now faith is the assurance of things hoped for, the conviction of things not seen” (Heb. 11:1).   Observation: We need faith that the promises God made are true, however unlikely that might seem in the present circumstances. Christian faith is not blind, nor is it wishful thinking. Rather it...

Continue reading

注意深く聞く

Scripture  「ですから、聖霊はこう警告します。キリストの声に注意深く耳を傾けなさい。今日その声を聞いたら、昔のイスラエル人のように心を閉ざしてはいけません。彼らは荒野で試練を与えられた時、神の愛にそむき、心を鋼鉄のように固くして、文句を言い続けたのです。」 ‭‭へブル人への手紙‬ ‭3:7-8‬ ‭JCB‬‬ Observation  キリストの声に注意深く耳を傾けなさい。 ヘブル書では、イエスから目を離さないでいなさい、イエスに目を注ごう、イエスを見つめながらなど、一貫してイエス様から目を離さないように記されている。 今日は、そのイエス様の「声」に注意深く耳を傾けなさいというのだ。 イエス様は、弟子たちにこう言われた。 わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。そして彼らはわたしについて来ます。 ヨハネ10:27 Application  羊は非常に方向音痴だと言われている。だからこそ、先導してくれる羊飼いの存在が彼らには大切であり、同じように歩いてくれる群れの仲間が必要になってくる。それでも時に、よく迷い出るのが羊の可愛らしいところだと言う。 人は同じように「人生」という枠のなかでは、方向音痴なのかもしれない。道に迷い、また引き返し、ときに寄り道があったり。そんな中で、何が答えなのかを求めているのかもしれない。 これが絶対なんだ そういったものを心のどこかで求め、探している。 イエスは言われる。 「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。 ヨハネ14:6 イエス様こそ真理であり、道であり、いのちであるのだと改めて教えられる。それが知っていながら、迷い出てしまうことがあるんだよなあ。 だからこそ、イエス様の声を注意深く聞いていこう。イエス様から目を離さないでいたい。そのために次のこと大切にしよう。 1、日々のデボーション 2、文句、ではなく感謝を 3、悔い改め 的はずれからいつも悔い改め、主の御声に従っていきたい。 Prayer  神様、あなたからの声に語りかけに、もっと注意深くなれますように。デボーションだって、はい読んだからおしまいとかじゃなくて、大好きなあなたからの大切な言葉であることをもっと理解できますように、今日がみことばを聞けるのが、もしかしたら最後かもしれない。そんな心と態度を持ち聞くことができますように。

Continue reading

A Little Bit More

Scripture “Yet true godliness with contentment is itself great wealth. After all, we brought nothing with us when we came into the world, and we can’t take anything with us when we leave it.  So if we have enough food and clothing, let us be content.” 1 Timothy 6:6-8

Continue reading

「唯一の希望」

Topic:希望   Scripture(聖書) 私たちの救い主である神と、唯一の希望である主イエス・キリストによって遣わされた使徒パウロから、 (第一テモテ1:1 リビングバイブル)       Observation(観察) パウロが愛弟子テモテに書き送った手紙の冒頭の1節。 イエス・キリストはどのようなお方なのかがこの1節に凝縮されている。   ①救い主である神   ②唯一の希望   ③派遣者     Application(適用) この1節を読むだけで心がハッとさせられる。 大切な真理に目が開かれ、再確認し、悔い改めへと導かれる1節だ。   今日特に心に留まったのが「唯一の希望である主キリスト・イエス」という言葉。   「唯一の希望」   今、アドベント(待降節)のシーズンを迎えている。 街ではクリスマスソングが流れ、至る所でクリスマスツリー、イルミネーション、クリスマスの飾りつけがなされ、否が応でもクリスマスムードが高まる。   でも、そのクリスマスはどこか人の手で作られたクリスマスムードで人間中心なのだ。 サンタクロースがいけないわけではない。 クリスマスプレゼントがいけないわけではない。   でも、やはり救い主イエスを待ち望むクリスマスでなければあまり意味がない。   2000年前、まさに人々は救い主を待ち望んだ。 唯一の希望であるキリストを。   そして、パウロは再び来られるキリストを待ち望んだ。 唯一の希望であるキリストを。   2017年のアドベント真只中。 希望をどこに置いているのか?   もし希望をキリスト以外に置いているなら、それは「的はずれ」であることを覚えよ。   ①キリストに希望を置く  ...

Continue reading

福音を伝える機会(伝道、クリスマス)

S: 「また、私たちのことも忘れないでください。キリストの奥義である福音を伝える機会が多く与えられるように、祈ってほしいのです。・・・どうか、私がこの福音を、勇気をもって、自由に、完全に、しかもわかりやすく語れるように祈ってください。 与えられた機会を最大限に生かして、あなたがたも人々に伝えなさい。教会の外部の人々とは、いつも賢く慎重に接しなさい。」コロサイ人への手紙 4:3-5 JCB

Continue reading

Be thankful!

Every time I think of you, I give thanks to my God. Whenever I pray, I make my requests for all of you with joy, for you have been my partners in spreading the Good News about Christ from the time you first heard it until now. And I am...

Continue reading