「暗やみの中でこそ」

Scripture  “そのとき、ソロモンは言った。「主は、暗やみの中に住む、と仰せられました。” 列王記 第一 8章12節 Observation  主は暗やみの中に住まわれる 神様は以外にも暗やみの中におられる。暗やみとは、全く光がないところ、人目につかないところ、見通しがつかず希望が持てない状況である。 そのような暗やみの中にこそ、主はおられる。 Application  イエスが宣教をスタートするとき、預言者イザヤの預言が引用された。 “暗やみの中にすわっていた民は偉大な光を見、死の地と死の陰にすわっていた人々に、光が上った。」” マタイの福音書 4章16節 暗やみにいた人々は偉大な光を見る。それがイエス様である。イエス様は、暗やみの中こそいてくれる。試練のとき、上手くいかないとき、自分が嫌になるとき、何もかも嫌になるとき、孤独を覚えるとき、そんな暗やみと言われる中にこそ住まわれる。いてくれる。 時に光は、光っていても明るい場所では目立たないことがある。車のライトも消したつもりが夜になってみると、あ、付けっ放しだったと気づかされることもしばしば。暗やみも悪くない。 暗いからこそ、光が際立つ。暗やみは、暗いからこそ、イエス様の偉大な光を見る最高の瞬間でもあるのだと励まされる。 1、光であるイエス様から目を逸らさないでいよう 2、イエス様が暗やみの中でも、確かな道しるべであることを信じよう 3、自分もイエス様ほどじゃないにしろ、暗やみにいる誰かの小さな光となっていきたい Prayer 神様、いまから14年前、僕の暗いとこに光を照らしてくださりありがとうございます。暗やみの中で、僕らを孤独にせず、放っておかず、照らしてくださりありがとうございます。あなたの光から目を離さないでいられますように。

Continue reading

困難、難しさ、迫害、チャレンジの中こそ、信仰によって歩む

御言葉 3兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。4それゆえ私たちは、神の諸教会の間で、あなたがたがすべての迫害と患難とに耐えながらその従順と信仰とを保っていることを、誇りとしています。テサロニケ人への手紙 第二 1:3-4

Continue reading

誰を喜ばせる?(信仰)

S: 終わりに、兄弟たちよ。主イエスにあって、お願いし、また勧告します。あなたがたはどのように歩んで神を喜ばすべきかを私たちから学んだように、また、事実いまあなたがたが歩んでいるように、ますますそのように歩んでください。1テサロニケ4:1

Continue reading

「ダビデからソロモンへ」

Scripture 「私はかねがね神殿を建てたいと思っていたが、そうしてはならないと主が仰せられたのだ。『あなたは大きな戦いで多くの人を殺し、わたしの前に大地を血で染めてきた。だから、わたしの神殿を建てることはできない。 だがあなたに一人の子を授ける。その子の代には周囲の国と平和を保つようにするので、彼はソロモン(「平和」を意味する)と呼ばれる。わたしは彼の治世の間、イスラエルに平和と平穏をもたらそう。 彼こそが神殿を建てるのだ。彼はわたしの子となり、わたしは彼の父となる。わたしは彼の子孫にいつまでもイスラエルを治めさせる』と。 ‘ 歴代誌Ⅰ 22:7-10

Continue reading

An Example to All Believers

Scripture “So you received the message with joy from the Holy Spirit in spite of the severe suffering it brought you. In this way, you imitated both us and the Lord. As a result, you have become an example to all the believers in Greece—throughout both Macedonia and Achaia. And...

Continue reading

「問題は内部に」

Topic:心(祈り) Scripture(聖書) 彼らは昼も夜も城壁の上を巡り、侵入者を見張っていますが、実際には問題は内部に巣くっているのです。邪悪と不正が町にはびこっていますから。 (詩篇55:10 リビングバイブル)   Observation(観察) ダビデが外敵の攻撃にさらされることのみならず、ついには親しい者にまで裏切られ、嘆くように、呻くように、神に祈った詩篇。 問題は外だけでなく、実は内部にもある。   Application(適用) 罪の歴史におけるスタートは「責任転嫁」からだった。 自分の問題には目を向けず、反省もせず、他の人のせいにする。 ここから罪の連鎖が始まっていった。 確かに、周りにも問題があり、それを指摘することもできる。 しかし、実は己の内側にこそ本当の問題が巣くっていることがある。   「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。」(箴言4:23)   Pastor Wayneがしばしば「心を守る」ことを教えてこられたように、己の心をチェックし、己の心を守ることが重要なのだ。 もし、己の心の中にある問題や思い煩いがあるなら、隠すことなどせずに正直に主のもとに持っていけば良い。   「重荷を主にゆだねなさい。主が背負ってくださいます。信じて従う者が足をすべらせたり、倒れたりするのを、主が黙って見ておられるはずがありません。」(詩篇55:22)   Prayer(祈り) 主よ。 今日も心をチェックすることを教えてくださり感謝します。 忙しさの中で、己の心を見張ることを怠ることがないように守ってください。 そして、己の心の中にある問題、重荷、思い煩い、弱さを認めつつ、あなたの御前にゆだね、御言葉の約束を味わう者とならせてください。 Amen    

Continue reading

自分の5%を優先して生きる!(信仰)

S: イエスが神殿の庭から出ようとしておられると、弟子たちが近寄って来て、「この神殿は、たいそうりっぱですね」と言いました。 ところが、イエスは言われました。「今、あなたがたが目を見張っているこれらの建物は、一つの石もほかの石の上に残らないほど、あとかたもなく壊されてしまいます。」マタイの福音書 24:1-2 JCB

Continue reading

Wearing Masks

Scripture “These people honor me with their lips, but their hearts are far from me. Their worship is a farce, for they teach man-made ideas as commands from God.” Matthew 15:8-9 NLT Observation In this text Jesus is speaking about a group of people which was asking Jesus why his...

Continue reading

2つのWhat? (信仰、品性)

私たちには顔の覆いがありません。鏡のように、主の栄光をはっきり映すことができます。そして、主の御霊が私たちのうちで働いてくださるにつれ、私たちはますます主に似た者にされていくのです。コリント人への手紙Ⅱ 3:18 JCB

Continue reading