「真のイケメン・ヨセフ」

Topic:ヨセフ(夫、父、漢気)   Scripture(聖書) 19婚約者のヨセフは、神の教えを堅く守る人でしたから、婚約を破棄しようと決心しました。しかし、人前にマリヤの恥をさらしたくなかったので、ひそかに縁を切ることにしました。 20ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。   24目が覚めるとヨセフは、天使の命じたとおり、マリヤと結婚しました。  25しかし、その子が生まれるまでは、マリヤに触れませんでした。そして、生まれた子をイエスと名づけました。 (マタイ1:19-20、24-25 リビングバイブル)   19Joseph, to whom she was engaged, was a righteous man and did not want to disgrace her publicly, so he decided to break the engagement quietly. 20As he considered this, an angel of the Lord appeared to him in a...

Continue reading

「心強い味方」

Scripture 「もしも主が私たちの味方でなかったなら、人々が私に逆らって立ち上がったと木、そのとき、彼らは私たちを生きたままのみこんだであろう。彼らの怒りが私たちに向かって燃え上がったとき、そのと木、大水は私たちを押し流し、流れは私たちを越えて行ったであろう。そのとき、荒れ狂う水は私たちを越えて行ったであろう。」 詩篇124:2−5 新改訳

Continue reading

Spirit Renewed

Scripture “That is why we never give up. Though our bodies are dying, our spirits are being renewed every day. For our present troubles are small and won’t last very long. Yet they produce for us a glory that vastly outweighs them and will last forever! So we don’t look...

Continue reading

「どのような苦しみのときにも」

Topic:慰め   Scripture(聖書) 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。 (第二コリント1:4 新改訳)     Observation(観察) パウロがコリント教会にあてて書いた手紙。 第一の手紙では、かなり厳しいことも書いた為、そのフォローの意味でもこの手紙を書き送った。   ①信仰者も苦しみを経験することがある。   ②しかし、神は慰めてくださるお方。   ③それゆえ、私たちも他者を慰める者となることができる。     Application(適用) 昨日11/14は僕にとっては決して忘れることのできない日だ。 今から8年前、2011年11月14日に同い年の親友が天に召されていった日だからだ。 高校時代からの親友。 共に神学校に入り、いつも夢を語り合い、祈り合ってきた親友だった。   そして2011年は、あの3.11があった東日本大震災の年でもあった。 他にも親しい人が召されていき2011年は日本全体にっても、僕にとっても衝撃の1年だった。   末期ガンであった親友の死を覚悟はしていた。 厳しい闘病であった。 死の知らせを聞いた時、不思議と心は平安だった。 病の苦しみから解放されて良かったとさえ思っていた。   しかし、それから1週間後、地震の後の津波が時間差で襲ってきたように、僕の心に大津波が襲ってきた。 抑えきれない心の動揺、悲しみ、苦しみ。 完全に自分で自分の心を制御できないでいた。   僕が幸いだったのは、第一にその僕の異変にいち早く気づいてくれた人たちがいたこと。 第二に、苦しい胸の内を打ち明けることができたこと。 そして、第三に祈ってもらったこと。   そうして、僕は親友の死という大津波を乗り越えることができた。 主が慰めてくださることを経験したのだ。   主の慰めを経験した者は、他者を慰めることが出来るというのも、主の優しい恵みである。   そして、もう1つの言葉が心に留まった。 これは前の手紙を踏まえてのパウロの言葉であろう。   私たちは、あなたがたの信仰を支配しようとする者ではなく、あなたがたの喜びのために働く協力者です。あなたがたは、信仰に堅く立っているからです。...

Continue reading

「イエスは主です!」

Topic:聖霊(告白)   Scripture(聖書) ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ。」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。 (第一コリント12:3 新改訳)   Therefore I want you to know that no one who is speaking by the Spirit of God says, “Jesus be cursed,” and no one can say, “Jesus is Lord,” except by the Holy Spirit. (1Corinthians12:3 NIV)     Observation(観察) コリント教会の中に混乱があった。 礼拝の混乱があり、賜物の取り扱いの混乱があった。 そこで、パウロはこの手紙を通して交通整理をしてあげようとしている。  ...

Continue reading

「試練があったから」

Scripture あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。 1コリント10:13 新改訳

Continue reading

エリフの言葉

Topic:神(信仰告白)   Scripture(聖書) 神の霊が私を造り、全能者の息が私にいのちを与える。 (ヨブ33:4 新改訳)   The Spirit of God has made me; he breath of the Almighty gives me life. (Job33:4 NIV)     Observation(観察) これまでの3人の友人とは別の立場、別の視点から若者エリフがヨブに語りかけている言葉。 これはエリフの信仰告白の言葉でもある。   ①神の霊が私を造った。 神は創造主。   ②神は全能者   ③神の息が私にいのちを与える 神がいのちの源。つまり、神を離れては「窒息死」してしまう。     Application(適用) シンプルなエリフの言葉の一文にハッとさせられる。 すぐに自分が人生の主人公に成り上がろうとしてしまうからだ。   私の人生は主のもの。 神が私の人生の主なのだ。   エリフはこの後、ヨブの「高ぶり」を見抜き、指摘する。   人間はいとも簡単に高ぶるものだ。 今日謙遜な心で神に、人に仕える者となることができるように祈ろう。...

Continue reading

Faith not Law

Scripture: Galatians 3:5,11 ESV 5Does he who supplies the Spirit to you and works miracles among you do so by works of the law, or by hearing with faith— 11Now it is evident that no one is justified before God by the law, for “The righteous shall live by faith.”...

Continue reading

何もお答えにならなかった

Scripture “ピラトはもう一度イエスに尋ねて言った。「何も答えないのですか。見なさい。彼らはあんなにまであなたを訴えているのです。」 それでも、イエスは何もお答えにならなかった。それにはピラトも驚いた。“ マルコの福音書 15章4~5節新改訳

Continue reading

「なるべく多くの時間をさいて」

Topic:弟子訓練   Scripture(聖書) 30一行はそこを去り、ガリラヤを通って行きました。イエスは、できるだけ人目につかないように心を配っておられました。 31なるべく多くの時間をさいて、弟子たちと語り合い、教育するつもりだったからです。「メシヤ(救い主)であるわたしは裏切られ、殺され、そして三日目に復活します」と、イエスは教えられました。 (マルコ9:30〜31 リビングバイブル)   30Leaving that region, they traveled through Galilee. Jesus didn’t want anyone to know he was there,  31for he wanted to spend more time with his disciples and teach them. He said to them, “The Son of Man is going to be betrayed into...

Continue reading