Rest in God`s Grace Then Jesus said, “Come to me, all of you who are weary and carry heavy burdens, and I will give you rest.  Take my yoke upon you. Let me teach you, because I am humble and gentle at heart, and you will find rest for your...

Continue reading

嵐の中でぐっすり眠る(信仰)

S: すると突然、激しい嵐になりました。舟は今にも、山のような大波にのまれそうです。ところが、イエスはぐっすり眠っておられました。 弟子たちはあわてて、イエスを揺り起こし、「主よ。お助けください。舟が沈みそうです」と叫びました。マタイ8:24-25

Continue reading

すでにご存知

Scripture  「父なる神は、あなたがたに何が必要かを、あなたがたが祈る前からすでに、ご存じなのです。」 ‭‭マタイの福音書‬ ‭6:8‬ ‭JCB‬‬ Observation  祈る前からすでに、何が必要かをご存知である父なる神。 祈りは僕たちの生活に欠かせない。同時に、神様に祈れるというのは恵みである。 そしてここでは、祈りの大前提が語られている。それは、、、 神は僕たちが祈る前からすでに、何が必要かをご存知であるということ。 Application  何かを決断するとき、祈らずにはいられない。主の御心がなってほしいから。揺るがない神のことばによる確信がほしいから。誰かのことを思って祈るとき、主の助けが必要である。だからこそ頼り祈りをささげるのだ。 何事においても「祈り」は僕たちに、欠かせない。あのマザー・テレサは自身の名刺に、以下のように言葉を載せていた。 The fruit of SILENCE is Prayer.  The fruit of PLAYER is Faith.  The fruit of FAITH is Love.  The fruit of Love is Service.  The fruit of SERVICE is Peace.  静けさの果実は、祈りである。 祈りの果実は、信仰である。 信仰の果実は、愛である。 愛の果実は、奉仕である。 奉仕の果実は、平和である。 愛と奉仕の実践の根底には、祈りがある。祈りこそ、僕たちの信仰を強め、主にいっそうより頼むものへと変えてくださる。祈りを通して、主の心へと近づき変えられるプロセスを通る。自分の悟りに頼らず、周りの言葉に惑わされることもない。僕たちは、イエス様を信じてやまない信仰者だ。どのように祈ることができるのか? 1、すでに僕たちの必要を知ってくださっている神様に、感謝して祈ろう。 ピリピ4:6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。 2、1人で静まって祈る時間の大切さ。...

Continue reading

Power in Our Weakness

Scripture “Three different times I begged the Lord to take it away. Each time he said, “My grace is all you need. My power works best in weakness.” So now I am glad to boast about my weaknesses, so that the power of Christ can work through me.” 2 Corinthians...

Continue reading

与える恵み

Topic:恵み   Scripture(聖書) 1さて、兄弟たち。私たちは、マケドニヤの諸教会に与えられた神の恵みを、あなたがたに知らせようと思います。 2苦しみゆえの激しい試練の中にあっても、彼らの満ちあふれる喜びは、その極度の貧しさにもかかわらず、あふれ出て、その惜しみなく施す富となったのです。 (第二コリント8:1〜2 新改訳)   Observation(観察) パウロがマケドニヤ地域の諸教会のことを知らせている。 どのような教会だったのか?   ①激しい試練を通らされた   ②極度の貧しさを経験していた   ③にもかかわらず喜びが満ち溢れていた   ④惜しみなく施していた   すごい教会である。 そして、これらのことをパウロは一言で「神の恵み」と表現するのである。     Application(適用) 与えられることばかりが「恵み」ではないのだ。 いや、むしろ与えることこそ「恵み」なのだ。   聖書は「恵み」という言葉に対して抱く世間の常識的なイメージに真っ向から勝負している。   “Give the best you have, and it will never be enough. Give your best anyway.”   とはマザー・テレサの言葉だ。またマザーはこうも言っている。   “You can...

Continue reading

Good and Beneficial

Scripture: ‘You say, “I am allowed to do anything” —but not everything is good for you. You say, “I am allowed to do anything”—but not everything is beneficial. Don’t be concerned for your own good but for the good of others.’ 1 Corinthians 10:23-24 ‘I, too, try to please everyone...

Continue reading