Brighter Fire than Ours

Scripture “One generation shall praise Your works to another, And shall declare Your mighty acts. On the glorious splendor of Your majesty And on Your wonderful works, I will meditate. Men shall speak of the power of Your awesome acts, And I will tell of Your greatness. They shall eagerly...

Continue reading

「神だけのものです」

Topic:神   Scripture(聖書) この後、私は、天からおびただしい群衆の叫び声を聞きました。「ハレルヤ、主を賛美せよ。救いは神からの贈り物、誉れと権威は神だけのものです。 (黙示録19:1 リビングバイブル)     Observation(観察) 天での賛美の光景。 3つの大切な事柄の源が神であることを再確認されている。   ①救い ②誉れ(栄光) ③権威(力)     Application(適用) かのヘンデルの「メサイア」にもつながる御言葉。   「救い」「誉れ」「権威」。 人間はこの3つを否定したり、無視したり、あるいは横取りするかの如く、自分のものとしてしまいやすい。   ①救い 自分に「救い」が必要ないかのように生きようとする。 代わりに「金」や「モノ」で安心を得ようと必死になる。 しかし、救いを必要としない人は一人もいない。 もし、救いを無用と拒否するなら、その先に待っているのは「虚しさ」「寂しさ」「恐れ」しかないのだから。 「救い」は神からの信じられない「贈り物」。 「贈り物」なのだから、私たちは感謝して受け止めれば良いのである。   ②誉れ 人はみな自己中心な生き物。 承認の欲求がある。認められたいのである。 それゆえ、誉れを求め、誉れにしがみつかんとする。 しかし、本当は神に認められ、愛されていることを知る時に、誉れにしがみつくことから解放されるのだ。   ③権威 リーダーが陥りやすい間違いは「権威」の用い方である。 昨今、相次いでスポーツ界のリーダー達の権威の用い方が「パワハラ」であると取り沙汰されている。 スポーツの世界では30年前は当たり前のように、鉄拳制裁、リーダーが人を殴ることがまかり通っていた。 こちら側にも問題があったからであるが、中学・高校と体育教師からは良く殴られたものである。 教会でも牧師・リーダーは「権威」の用い方を気をつけなければならない。 権威の源は神。神のものなのだ。 その厳粛な真理に対する畏れ、おののきがリーダーには求められているのだ。   ①神のものは神のもの   ②神から委ねられているものも神のもの  ...

Continue reading

「たとえそうでなくても」(信仰、祈り)

シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴは答えました。「王よ。私たちの身にどんなことが起ころうと、ご心配には及びません。 たとえ燃えさかる炉に投げ込まれても、私たちの神は、私たちを王の手から救い出すことがおできになります。 たとえそうでなくても、ご承知ください。私たちはどんな状況に置かれても、決して王の神々に仕えたり、王の立てた金の像を拝んだりはいたしません。」ダニエル書 3:16-18

Continue reading

ピンチはチャンス!(信仰)

この命令が発せられたので、知者たちは殺されることになった。また人々はダニエルとその同僚をも捜して殺そうとした。・・・そこで王は、ダニエルを高い位につけ、彼に多くのすばらしい贈り物を与えて、彼にバビロン全州を治めさせ、また、バビロンのすべての知者たちをつかさどる長官とした。 (ダニエル2:13, 48)

Continue reading

Listen and Obey

Scripture “Whether we like it or not, we will obey the Lord our God to whom we are sending you with our plea. For if we obey him, everything will turn out well for us.” Jeremiah 42:6 NLT “And today I have told you exactly what he said, but you...

Continue reading

「再三再四」

Topic:みことば   Scripture(聖書) 12彼もまた、主の目に悪を行いました。主のことばを語る預言者エレミヤの勧めを聞こうとしなかったからです。   15彼らの父祖の神、主は、再三再四、預言者を遣わして、警告を与えました。ご自分の民と神殿を深く思いやったからです。    21こうして、エレミヤの語った主のことばは現実となりました。・・・ (第二歴代36:12、15、21 リビングバイブル)     Observation(観察) ヨシヤ王亡き後、ユダの王として登場する四人が描かれている。   ①エホアハズ ②エホヤキム ③エホヤキン ④ゼデキヤ   エジプトとバビロンという強国の狭間で、翻弄され、揺れ動き、やがては沈没していくユダ王国であった。   それは己の蒔いた種の刈り取りでもあった。なぜ彼らは主の前に悪を行ったのか? この時代、主のことばはなかったのだろうか?   いいや、主は預言者を通して主のことばを送り、警告を与えた。 それも一度や二度ではない。リビングバイブル訳は「再三再四」と記している。 文字通り、何度も何度も、である。 それは主の愛の証であり、深い思いやりの表れであった。     Application(適用) ①神のことばは神の愛と思いやりの表れ 今日も神のことばを通して神の愛に触れ、神の愛に満たされることが肝要なのである。   ②神のことばは警告を与える 近代科学の父ガリレオ・ガリレイは「宇宙」を指して「第二の聖書」と呼んだ。 豪雨、台風、地震・・・立て続けに起こる自然災害は私たちに何を語っているだろうか?   ③神のことばは実現する 不確かな時代の中で、確かなものがある。 それが「神のことば」である。 それゆえ、神のことばに耳を傾け、神のことばを胸に刻み、神のことばに従って生きていくことが確かな人生を生きる秘訣である。   ④再三再四、神のことばを伝える 人は頑なである。それまでの生き方を変えることは容易ではない。 プライド、メンツ、経験が邪魔をすることがある。 それでも、再三再四神のことばを語り伝えることが先に救われた者の使命である。    ...

Continue reading

「人であって、神でない」

Scripture “「人の子よ。ツロの君主に言え。神である主はこう仰せられる。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。” エゼキエル書 28章2節 聖書 新改訳©2003新日本聖書刊行会

Continue reading