これらの9つのコアバリュー、ニューホープ横浜が何を意味するのかを定義します。
These 9 core values define what New Hope Yokohama is all about.

私たちは、信者も未信者も同様に、ひとりひとりが神とその御国において価値ある者であると信じています。
We Believe that every person, Christian and non-Christian alike, is valuable to God and to His Kingdom.

人々は神様にとって永遠の価値があるのですから、私たちにとっても同じように大切な存在です。ですから、私たちが責任をもって伝道することは、私たちの目的であり、継続して弟子訓練をしていくことは、いつもミニストリーの中心となります。 (マタイ18:14、25:45、2ペテ3:9)
Because people are eternally valuable to God, they are to us as well. Responsible evangelism will always be our cause and ongoing discipleship will always be the core of the ministry. (Mt. 18:14; Mt. 25:24; 2Pt.3:9)

私たちは「チームでする教会づくり」こそが、効果的なミニストリーを生み出す神の方法であると信じています。
We Believe that “doing church as a team” is God’s design for effective ministry.

すべての人が心から喜んで奉仕に参加し、御霊に力づけられて奉仕することは、神のご計画が成就する上できわめて重要です。 (伝4:9、詩133:1、エペソ4:11-16、1ペテロ2:4-9)
A Spirit-empowered serving with the willing hearted involvement of every person is vital to God’s plan being accomplished. (Eccl. 4:9-12; Ps. 133:1; Eph. 4:11-16; 1Pt. 2:4-9)

私たちは、工夫を凝らしてイエス・キリストを分かりやすく伝えることが、人々の心に衝撃を与え、内側から変えられていくことにつながると信じています。
We Believe that a simple presentation of Jesus Christ in creative ways will impact and transform lives.

聖書の言葉に真理を置きながら、私たちの文化の中にある芸術を神様のために用いることは、私たちがいつも持つべきバランスです。 そうすることによって、心に伝わるような方法で福音を届けることができるからです。 (1コリント9:22-23、使徒17:22-34)
Relating to our culture through redeeming the arts while remaining true to the Scriptures is a balance we will always keep. This allows us to present the Gospel in such a way that reaches the heart. (1Cor. 9:22, 23; Acts 17:22-34)

私たちは、常に教会員ひとりひとりが霊的成長に専念していくライフスタイルを持つために、お互いに対して誠実で責任意識を持ち合うべきであると信じています。
In Keeping with the Great Commandment, we believe every member should commit to a lifestyle of consistent spiritual growth with honest accountability.

神様への純粋な愛を持つことが,常に優先されるべきです。クリスチャンひとりひとりが霊的成長を切に求めるべきです。従って、 小グループでの弟子訓練や、お互いに責任を負い合うことや、誠実で心を開いた関係を持つことは、私たちの信仰成長にとって不可欠です。 (マルコ 12:29-31、使徒 2:44-47、1ペテロ2:2、1テモテ4:7-8、箴言27:17)
A genuine love for God is always the first priority. Every Christian should yearn for continual spiritual growth. Therefore, discipleship through small groups, accountability, and open honesty is critical to maturing in our faith. (Mk. 12:29-31; Acts 2:44-47; 1Pt. 2:2; 1Tm. 4:7, 8; Prov. 27:17)

私たちは、教会員ひとりひとりが与えられた賜物を発見し、育て、それを用いて神に仕えていくミニスターであると信じています。
We Believe that every member is a minister who has been given gifts to be discovered, developed, and deployed.

信徒ひとりひとりが、自分の賜物と情熱に従って仕えるとき、最高の喜びと満足を見出すでしょう。信徒ひとりひとりが、働きのために造られ、働きのために賜物を受け、働きのために権威を受け、働きのために必要とされています。(マルコ10:45、エペソ2:10、ロマ12:1、1コリント12:14-20 )
We are a gift-based, volunteer driven church. Each believer will find his greatest joy and fulfillment when serving in his spiritual gifts and passion. Every believer is created for ministry, gifted for ministry, authorized for ministry, and needed for ministry. (Mk. 10:45; Eph. 2:10; Ro 12; 1Cor. 12:14-20)

私たちは、神様こそ最善を尽くすにふさわしいお方であると信じています。ですから、成長し続ける優れた霊が、すべての活動に浸透するべきです。
We Believe that God is worthy of our very best. Therefore, a growing spirit of excellence should permeate every activity.

完璧主義になるのではなく、神の御国のために、常に評価され、喜んで改善していき ながら、最高のものを神様に捧げていこうとする精神が、成長するミニストリーの特質なの(Ps. 78:72; Dan. 5:12; Col. 3:17; Ecc. 10:10)
Not perfection but excellence with consistent evaluation and a willingness to improve for the sake of the Kingdom of God are distinctive of growing ministries. (Ps. 78:72; Dan. 5:12; Col. 3:17; Ecc. 10:10)

私たちは、純粋な愛と思いやりの関係が、私たちのすることすべてを生かす鍵であると信じています。
We Believe that genuine love and caring relationships are key to the life of every endeavor.

私たちは、「いのち」が他の「いのち」に届くことを信じています。それは、信徒ひとりひとりが友人や家族と偽りのない関係を築き、彼らを教会へ招くことです。 人々をひとりひとりキリストに導くことが、自然で普通のライフスタイルになること、それが伝道です。(箴 言11:30、ヨハネ1:43-45、ヨハネ 4:28-30)
Refusing to give audience to a spirit of complaining, we will instead be courageous in solving every problem in a way that honors God and builds biblical character. We value healthy relationships by protecting the unity of the Spirit in our church. (Jms. 1:2, 3; 1Pt. 3:8, 9; 1Cor. 13:8; Ro. 16:17; Eph. 4:3)

私たちは、人が他の人を招いていくとき、最も効果的な伝道が成されると信じています。
We Believe that the most effective evangelism happens through people inviting people.

すべての人が心から喜んで奉仕に参加し、御霊に力づけられて奉仕することは、神のご計画が成就する上できわめて重要です。 (伝4:9、詩133:1、エペソ4:11-16、1ペテロ2:4-9)
We believe that a life will reach a life. Each believer develops genuine relationships with friends and family and extends an invitation to them. Evangelism gets to be a normal, natural lifestyle of winning others to Christ, one by one. (Pr. 11:30; Jn. 1:43-45; Jn. 4:28-30)

私たちは、キリストに完全に献身し、次の世代に福音を伝えることのできる将来のリーダーたちを見い出し、彼らを訓練することが重要であると信じています。
We Believe in identifying and training emerging leaders who are fully committed to Christ and who will reach their generation with the Gospel.

神様は、神に喜ばれる品性と、純粋な信仰と、仕える心を持ったリーダーというバトンを受け継いでくれる、次の世代の男女を育てておられます。 (2テモテ2:2、1テモテ3:1、テトス1:5-9、詩78:6-7)
God is raising up men and women who will take the baton of godly character, authentic faith, and servant-hearted leadership into the next generation. (2Tm. 2:2; 1 Tm. 3:1; Titus 1:5-9; Ps. 78:6, 7)


Our Staff Members

真島亨 | Toru Majima

1970年生まれ。東京出身。生粋の江戸っ子。クリスチャンホームに生まれ、15歳の時に洗礼を受ける。 22歳の時、ハワイのYOUTH WITH A MISSIONの弟子訓練学校(DTS)で学び、その時に牧師になる召命を受ける。 東京基督教大学を卒業後、ハワイのInternational college & Graduate school にて修士号を修得。1997年より ニューホープオアフでインターンとして牧会訓練を受ける。1999年10月に帰国し、タロシア牧師とともに ニューホープ東京を立ち上げる。 現在ニューホープ横浜にて主任牧師を務める。趣味はサーフィン、サッカー。こずえ婦人との間に、 聖矢、喜力、恵謝、来虹というかわいい4人の息子に恵まれている。

English

山口武春 | Takeharu Yamaguchi

1974年生まれ。東京都出身。幼少をベルギー、タンザニアで過ごす。 14歳でクリスチャンとなり、16歳で牧師になる決心。  東京基督教大学卒業後、東京日野市で6年間、教会開拓に従事。 その後、ニューホープオアフでインターンとしてトレーニングを受け、2004年真島亨牧師と共にニューホープ横浜の開拓を始める。 妻、愛との間に愛波、励愛、心愛、真愛、4人の娘に恵まれている。 趣味はサーフィン。 CGNTVやアルファトラックスTVの番組ナビゲーターを務め、 またワーシップリーダーとして Tommy Walkerや小坂忠、 Asiahと共にCDをリリースしている。(「J-Frontlines Live Worship 2010」、 「J-Frontlines LIve Worship 2011」、 「Overflow」、 「New Heart」)

English

勾坂太一 | Taichi Sagisaka

1986年生まれ。神奈川出身。カリフォルニア、サンノゼで生まれ幼少期をシンガポールで過ごす。18歳でクリスチャンになり、数年後、牧師になる決心。ニューホープ横浜でインターンシップを続けながら、パシフィックリム聖書学院日本校卒業、また東京基督教大学を卒業の後、2016年6月に牧師として按手を受ける。現在は、中高生の働きを担当。趣味はサッカー、フットサル。

English