「どこへ行っても」

Topic:御言葉(迫害)   Scripture(聖書) 1パウロは、ステパノを殺すことに大賛成でした。その日から、激しい迫害の嵐がエルサレムの教会を襲い、使徒たち以外の者はみな、ユダヤやサマリヤへ散らされました。   4しかし、エルサレムから逃げ出したクリスチャンたちは、どこへ行っても、神のことばを伝えて歩きました。 (使徒8:1〜4 リビングバイブル)     Observation(観察) ついにステパノが殺害された。 迫害の嵐がますます強く吹き荒れる中で初代教会は翻弄されていくこととなる。 しかし、「ピンチはチャンス」。 家を追われ、地道に積み上げてきた全てを奪われる状況。 命からがら逃げ延びる困難の中でもクリスチャン達はめげなかった。決して折れない。 なんと、逃亡中にも御言葉を伝えていったのだ。     Application(適用) 激しい迫害の手から命からがら逃れ、散り散りなっていった初代教会のクリスチャン達。   「なぜ、こんな目に遭わなければならないんだ?」   思わず、そのような言葉が口をついて出てくるような状況である。 しかし、彼らの口から出てきたのは嘆きでもなく、恨みでもなく、後悔でもない。   驚くべきことに口から出てきたのは御言葉だったのだ。 順風満帆の時より逆境の中でこそ、信仰の真価が問われる。 彼らの信仰はまさに「ホンモノ」であった。   予定していたものではなかったが、まるでMission Tripとなり、各地で御言葉が伝えられ、結果的には宣教拡大に繋がっていったのだ。   ①喜び 主に愛されている喜びと感動がどんな困難の中でも彼らの心を守った。 その喜びは困難の中でも溢れ出して、自然と御言葉を宣べ伝える行動へと駆り立てたのだ。   ②御言葉 口を開くと御言葉がついて出たということは、御言葉が心と体に染み込んでいた証拠だ。 牧師・伝道者として理想的な姿である。 そのためには日々、御言葉を味わい、覚え、心に蓄えていくことが肝要である。 ナチュラルに口から御言葉が出てきて、生き様で主を証していきたいのである。 それは講壇から説教を通して御言葉を語る以上のことであると思っている。   ③語る 不平、不満、言い訳、悪口、陰口、怒り、嘆き・・・。 ネガティブな言葉ではなく、ポジティブな言葉を語っていきたい。 その基本はやはり御言葉である。  ...

Continue reading

The Promise of Jesus

Scripture “Peter said to them, ‘Repent, and each of you be baptized in the name of Jesus Christ for the forgiveness of your sins; and you will receive the gift of the Holy Spirit. For the promise is for you and your children and for all who are far off,...

Continue reading

「神のタイミング」

Topic:時(祈り)   Scripture(聖書) 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。」 (使徒1:4 新改訳)     Observation(観察) 十字架の死から復活されたイエスは40日の間、弟子達に現れた。 その時に語られた言葉の1つ。   イエスは弟子達に2つのことを命じられた。   ①エルサレムを離れないでいなさい。   ②イエスから聞いた父の約束を待ちなさい。 この後の5節では「ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」と続く。つまり聖霊が与えられるという約束である。     Application(適用) 復活の主イエスにお会いした弟子たちは、その信じられない再会に感動し、興奮したことだろう。人は感動すると、興奮すると、その喜びをすぐに伝えたい、分かち合いたいものである。   しかし、主の命令は「行きなさい」ではなく、まずは「待ちなさい」であった。   「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」(箴言19:21)とあるが、神の計画、神の時、神のタイミングがあるのである。   では、この後弟子たちはどのようにして神のタイミングを見分けたのか?   ①主の言葉に従う ガリラヤに本拠地を持つ弟子達にとってエルサレムに留まり続けることは簡単ではなかったのではないか。またエルサレムはイエスを十字架につけた宗教指導者たちの拠点でもある。しかし、彼らは待った。   ②共に祈る 「みな心を合わせ、祈りに専念していた。」(14節)   祈ることである。心を一つにして祈ることである。   神は私たちの心に夢を与え、ビジョンを与えられる。 そして、そこに向かって努力することは大切なことである。 しかし、事を成すのは神である。   私たちは神の「時」を間違えてはならない。 神の「タイミング」を見逃してはならない。   やがて時満ちて、満を持して、弟子たちは世界宣教へと遣わされていくこととなる。     Prayer(祈り) 主よ。 御言葉を感謝します。...

Continue reading

「今なお望みがある」Topic:悔い改め

Scripture “エズラが神の宮の前でひれ伏し、涙ながらに祈って告白しているとき、イスラエルのうちから男や女や子どもの大集団が彼のところに集まって来て、民は激しく涙を流して泣いた。 そのとき、エラムの子孫のひとりエヒエルの子シェカヌヤが、エズラに答えて言った。「私たちは、私たちの神に対して不信の罪を犯し、この地の民である外国の女をめとりました。しかし、このことについては、イスラエルに、今なお望みがあります。” エズラ記 10章1~2節

Continue reading

Jesus Changes Our Behavior

Scripture “When Jesus came to the place, He looked up and said to him, “Zaccheus, hurry and come down, for today I must stay at your house.”” Luke 19:5 NASB “Zaccheus stopped and said to the Lord, “Behold, Lord, half of my possessions I will give to the poor, and...

Continue reading

「失望してはならない」

Topic:祈り   Scripture(聖書) いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。 (ルカ18:1 新改訳)   ある日、イエスは弟子たちに、いつでも祈り、また答えられるまで祈り続けることを教えようと、一つのたとえを話されました。 (ルカ18:1 リビングバイブル)     Observation(観察) イエスが弟子たちに教えられたこと。   ①失望してはならない   ②いつも祈る   ③答えられるまで祈り続ける     Application(適用) 「失望してはならない」とイエスが語らなければならないほど、人生には失望、落胆がつきまとう。 そして、そこから出てくるのは不平、不満、嘆き、怒り、諦め・・・。   そんな人生の現実を前にして、なす術がないのか?・・・イエスはいかなる状況の中でも失望しないための対処法として「祈る」ことを教えられた。これが大事な信仰のステップである。 そして、さらなるステップとして「答えられるまで祈り続ける」ことを教えられた。「諦めない祈り」である。   そういえば、ルカ11:9でもイエスは祈りの心得として「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。」と教えられた。   一瞬、祈ることはあっても、祈り続けることは忍耐がいる。 なんでもインスタントになれてしまっている現代において、祈り続けることは至難の業なのかもしれない。   しかし、そんな忍耐力のない者の祈りであっても、振り返ってみると主はなんと祈りに答えてきてくださっていることかと驚かされる。   ニューヨーク大学リハビリテーション病院の壁には書かれている有名な詩を思い出す。 大事を成そうとして、力を与えてほしいと神に求めたのに、 慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった。 より偉大なことができるように健康を求めたのに よりよきことができるようにと病弱を与えられた。 幸せになろうとして富を求めたのに、 賢明であるようにと貧困を授かった。 世の人々の賞賛を得ようとして、権力を求めたのに、 神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。 人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、 あらゆることを喜べるように命を授かった。 求めたものは一つとして与えられなかったが、 願いはすべて聞き届けられた。 神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、...

Continue reading

「対照的な牧者」

Scripture 見よ。わたしはひとりの牧者をこの地に起こすから。彼は迷い出たものを尋ねず、散らされたものを捜さず、傷ついたものをいやさず、飢えているものに食べ物を与えない。かえって肥えた獣の肉を食らい、そのひづめを裂く。 ああ。羊の群れを見捨てる、能なしの牧者。剣がその腕とその右の目を打ち、その腕はなえ、その右の目は視力が衰える。 ゼカリヤ書11:16−17 新改訳

Continue reading