「悪魔が動く、その時」

Topic:誘惑(時、悪魔)   Scripture(聖書) 悪魔が誘いかけてきたのは、その時です。「ここに転がっている石をパンに変えてみたらどうだ。そうすれば、あなたが神の子だということがわかる。」 (マタイ4:3 リビングバイブル)   During that time the devil came and said to him, “If you are the Son of God, tell these stones to become loaves of bread.” (Matthew4:3 NLT)   すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、これらの石がパンになるように命じなさい。」 (マタイ4:3 新改訳2017)     Observation(観察) 好機を狙うのは人間だけではない。 悪魔も人間を誘惑の罠に貶める好機を狙っているのだ。     Application(適用) イエスが経験した荒野の誘惑。 畳み掛けるように、手を替え品を替え、悪魔はイエスを誘惑してくる。 これぞ絶好のチャンス、好機と捉えたのだ。   かつて坂本九が歌った歌の歌詞に「この世で一番肝心なのな素敵なタイミング」とあった。...

Continue reading

「ヨセフの悩み」

Topic:信仰   Scripture(聖書) 20ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。  21彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそ、ご自分を信じる人々を罪から救ってくださるからです。   24目が覚めるとヨセフは、天使の命じたとおり、マリヤと結婚しました。 (マタイ1:20-21,24 リビングバイブル)   Observation(観察) ヨセフは悩んでいた。 それは結婚を約束したマリヤを愛するがゆえの悩み苦しみであった。   心が苦しくて、苦しくて、なかなか寝付けなかったことだろう。 ようやく眠りについたと思ったら、さらにヨセフを困惑させる夢が。。。   ①マリヤと結婚しなさい ②マリヤは聖霊によって身ごもった ③産まれるのは男の子 ④名をイエスとつけなさい ⑤この子こそが罪からの救い主である   にわかには信じられないことが告げられた。 しかも、事細かに。   そして、驚くべきことに夢を通して告げられたことにヨセフは、眼が覚めると従った。 つまり、即座に従ったのだ。     Application(適用) イースターの週にクリスマスのストーリーを読むことになるとは。   誰もが人生において悩むことがある。 イエスの父となったヨセフであっても悩んだのだ。 彼の悩みは自分の為の悩みというより、愛するがゆえの悩みだった。   悩みの中で大事なことは、主の声に聞くことである。 ヨセフは夢を通して主の声を聞いた。   到底、信じ難い、受入れ難いことを語られた。 しかし、彼は受け入れたのだ。 そして、即座に従ったのだ。   マリヤへの愛、父なる神への愛、生まれてくる子イエスへの愛。 このシーンからヨセフの信仰と愛を見るのだ。   ①愛することを選び   ②御声を聞くことを選ぶ...

Continue reading

「動揺」

Topic:祈り(リーダーシップ)   Scripture(聖書) サムエルはひどく動揺し、主に祈りました。 (第一サムエル8:6 リビングバイブル)   Samuel was displeased with their request and went to the Lord for guidance.  (1Samuel8:6 NLT)   彼らが、「私たちをさばく王を私たちに与えてください」と言ったとき、そのことばはサムエルの目の前には悪しきことであった。それでサムエルは主に祈った。 (第一サムエル8:6 新改訳2017)     Observation(観察) サムエルはひどく動揺した。 それは、イスラエルの民が新たなリーダーとして「王」を求め始めたからだ。   なぜ、彼らは「王」を求めたのか? ①サムエルの息子たちのリーダーとしての資質の欠如(1〜3節)   ②他国が「王」を立てているから(5節)   ③神を王とすることを拒んだから(7節)     Application(適用) サムエルは動揺したのだ。 どんな優れたリーダーでも動揺することがあるのだ。 まして、民が新たなリーダーとして「王」を求める原因の一端は自分にもあることはサムエルは痛感していた。 後継者育成、後継者選びにサムエルは失敗したのだった。   色々な意味でサムエルは動揺したのだ。 そこで、彼が取った行動は何だったのか?・・・「祈り」であった。   動揺せざるを得ない状況の中で、己を取り戻し、冷静に状況分析し、判断、決断、行動していくためには「祈り」なのだ。   コロナ禍で世界中が動揺している。...

Continue reading

タイトル:豊かにまく者への収穫  トピック:捧げる

御言葉: わたしの考えはこうである。少ししかまかない者は、少ししか刈り取らず、豊かにまく者は、豊かに刈り取ることになる。 コリント人への第二の手紙 9:6 口語訳   農夫にまく種を与え、そのあと収穫物を与えてくださる神様は、あなたがたにもまく種を備え、それをふやして、あなたがたに義の収穫の実をもっと与えることができるのです。 そうです。神様から十分いただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。そして、私たちがそれを必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、神への賛美がわき上がるのです。そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。すなわち、困っている人々が助けられること、そして、神に対する感謝の念が彼らに満ちあふれることです。 コリント人への手紙Ⅱ 9:10-12 リビングバイブル

Continue reading

Are You Listening?

Scripture: ‘Now the boy Samuel was ministering to the Lord before Eli. And word from the Lord was rare in those days, visions were infrequent. Then the Lord came and stood and called as at other times, “Samuel! Samuel!” And Samuel said, “Speak, for Your servant is listening.” ‘ 1...

Continue reading

「驚くべき奇跡体験」

Topic:奇跡(信仰)   Scripture(聖書) さあ、神がどんなにすばらしいことをなさったかをしっかりと見なさい。 神の民は、驚くべき奇跡を体験するのです。 (詩篇66:5 リビングバイブル)   Come and see what our God has done, what awesome miracles he performs for people! (Psalm66:5 NLT)     Observation(観察) 神を知る、神を体験することへの招き。   ①神はすばらしいことをなさる   ②それをしっかりと見る   ③驚くべき奇跡を体験する     Application(適用) 聖書の神は単なる思想や観念でも知識でもない。 それは味わうことが出来る。体験することが出来る。 今の世界レベルでの新型コロナウイルス感染拡大も、実は神を知り、神を体験する機会なのだ。 だから、心の眼、霊の眼を開き、それをしっかり見なければならない。 では、いかにして世界的困難のこの時期の中でいかに神の御業を見過ごさずに過ごしたら良いのか?・・・詩篇66が示すガイドラインはこうだ。   ①賛美(1節、8節等) 全地よ。主に向かって歌声を上げ、栄光に輝く神を賛美しなさい。   ②証・伝道(2節) 世界中の人に、神のすばらしさを伝えなさい。  ...

Continue reading