「夢見心地」

Topic:奇跡(ペテロ) Scripture(聖書) 9ペテロは牢獄を出て天使について行きましたが、その間ずっと、夢か幻でも見ているような気分で、どうしても現実のこととは思えません。 10第一、第二の見張り所を通り抜け、とうとう町に通じる鉄の門の前までやって来ました。するとその門も、ひとりでに開くではありませんか。二人は難なく外に出て、次の通りまで歩いて行きました。そこで天使の姿は、かき消すように見えなくなりました。 11その時、ペテロは我に返り、何が起こったのかやっと気づきました。「夢じゃない、夢じゃないんだ。確かに主が天使を遣わし、ヘロデの手から、またユダヤ人たちのたくらみから救い出してくださったのだ。」 (使徒12:9〜11 リビングバイブル) Observation(観察) 迫害の手はペテロに伸びて、いよいよ明日処刑されるというところまで来ていた。 そんな処刑前夜に起きた奇跡を聖書は記している。 それは牢獄に鎖で繋がれているはずのペテロの鎖が解け、厳重な警備体制の中、天使に導かれ救出されるという奇跡であった。 その奇跡を体験した当のペテロ本人は最初、それが現実のこととは思えず、夢見心地であった。 奇跡の救出劇に気づいたのは、通りに出てからだった。   Application(適用) ペテロが奇跡を体験している時、夢見心地であったように、人は奇跡を体験しても案外その時には気づかないのかもしれない。 後になって、それが奇跡であったこと、主の守りであったことに目が開かれることがあるのかもしれない。 もっとそういう主の導き、主の業、奇跡に敏感でありたいと思う。 ペテロですら気づかなかったのだから、私たちは尚更気づかないかもしれないが、やはり気づきたい。 今も実は奇跡の中にあるのかもしれない。 そして、忘れてはいけないのは奇跡の背後にある教会の熱心な祈りである。 「こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていた。」(5節) ①今日の奇跡を思い巡らす。 ②教会で心を1つにして祈る。 ③教会の祈りは奇跡を起こすと信じる。   Prayer(祈り) 主よ。2年ぶりにHawaiiに来ることが出来ました。これも主の奇跡です。Hawaiiに来る直前に心折れそうになるようなことが起こりましたが、あなたの守りがあることを信じます。 改めて振り返ると今日も小さな奇跡がいっぱいでした。ただただ、あなたの御業に驚き、感謝し、感動し、御名をあがめます。明日から始まるDCAT Conferenceを大いに祝福してください。どうかあなたの奇跡にもっと敏感になることができますように。また教会の祈りが奇跡を起こすことを信じ、みなで心を1つにして祈り続けることができますように。救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

Continue reading

「どうか・・・」

-Scripture “だれが自分の数々のあやまちを悟ることができましょう。どうか、隠れている私の罪をお赦しください。 あなたのしもべを、傲慢の罪から守ってください。それらが私を支配しませんように。そうすれば、私は全き者となり、大きな罪を、免れて、きよくなるでしょう。 私の口のことばと、私の心の思いとが御前に、受け入れられますように。わが岩、わが贖い主、主よ。“ 詩篇 19篇12~14節

Continue reading

Let His Glory Shine!

Scripture “But whenever Moses went in before the LORD to speak with Him, he would take off the veil until he came out; and whenever he came out and spoke to the sons of Israel what he had been commanded, the sons of Israel would see the face of Moses,...

Continue reading

Filters

Scripture: Acts 6:2 “So the Twelve gathered all the disciples together and said, “It would not be right for us to neglect the ministry of the word of God in order to wait on tables.”   Observation: The church in Acts was growing at a rapid pace such that “a...

Continue reading

「喜びの基準値」

Topic:喜び(価値)   Scripture(聖書) そこで、使徒たちは、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら、議会から出て行った。 (使徒5:41 新改訳)   The apostles left the Sanhedrin, rejoicing because they had been counted worthy of suffering disgrace for the Name.  (Acts5:41 NIV)     Observation(観察) 聖霊に満たされた弟子たちの働きは目覚ましいものであった。 救われる人、病が癒される人、悪霊から解放される人が次々と起こされていく中で、それを喜ぶことが出来ずに「妬む」人たちがいた。 その「妬み」から、再びペテロたちは逮捕されることとなった。   一方、ペテロたちはと言うと、妬みから起こる嫌がらせや迫害の中でどのような心の動きがあったのか? 怒りだろうか? 失望だろうか? 諦めだろうか?   ・・・なんと「喜び」であった!   御名のためにはずかしめられるに値することを喜んだ、というのだ。     Application(適用) 褒められるに値するなら喜ぶことができるだろう。 賞賛されるに値するなら喜ぶことができるだろう。 しかし、はずかしめらるに値することを一体誰が喜ぶことができるだろうか?   普通ならば、自分の価値を高く見てもらいたいはずである。...

Continue reading

Fellowship

Scripture “And all those who had believed were together and had all things in common; and they began selling their property and possessions and were sharing them with all, as anyone might have need. Day by day continuing with one mind in the temple, and breaking bread from house to...

Continue reading

残される問題があるから

御言葉: “15わたしが今、手を伸ばして、あなたとあなたの民を疫病で打つなら、あなたは地から消し去られる。16それにもかかわらず、わたしは、わたしの力をあなたに示すためにあなたを立てておく。また、わたしの名を全地に告げ知らせるためである。” 出エジプト記 9:15-16

Continue reading

Motives

Scripture: Exodus 8:15 New International Version (NIV) 15 But when Pharaoh saw that there was relief, he hardened his heart and would not listen to Moses and Aaron, just as the Lord had said. Observation: Moses prayed that the plague would leave because Pharaoh allowed the Israelites to go and worship. However, Pharaoh had a change...

Continue reading