「Highest Goal / 最高の目標」

Topic:愛(人生、目標)   Scripture(聖書) Let love be your highest goal! But you should also desire the special abilities the Spirit gives—especially the ability to prophesy.  (1Corinthians14:1 NLT)   愛を、最高の目標にしなさい。それと共に、聖霊が与えてくださる賜物、特に、神のことばを伝える預言の賜物を求めなさい。 (第一コリント14:1 リビングバイブル)   愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。 (第一コリント14:1 新改訳)     Observation(観察) 第一コリント13章は言わずと知れた「愛の章」である。 愛とは何であるか?・・・パウロは13章において実に様々な言葉を用いて愛を表現した。 そして、続く14章冒頭でその愛を人生の最高の目標とすべきであると断言する。 言い換えると、最高の人生の秘訣は愛を目標とすることなのだ。 これは、この後14章で展開される異言、預言の取り扱いにおいても大前提となる。     Application(適用) 目標、ゴールは大事である。 それが分からなければ、向かうべき方向、進むべき道が分からないからである。   今は便利な時代で初めての場所でもカーナビやGoogleマップで検索すれば、行き先や最短ルートを示してくれる。 検索する時に重要なことは何か?・・・ゴールを入力することである。...

Continue reading

All Parts, All Important

Scripture: CORINTHIANS 12:14-15 NASB For the body is not one member, but many. If the foot says, “Because I am not a hand, I am not a part of the body,” it is not, for this reason, any the less a part of the body.  Observation: Paul explains that the Church...

Continue reading

「有害教会」

Topic:教会(愛)   Scripture(聖書) ところで、聞いていただくことがあります。私はあなたがたをほめません。あなたがたの集まりが益にならないで、かえって害になっているからです。 (第一コリント11:17 新改訳)   さて、もう一つ、私が残念に思っていることを書きます。それは、あなたがたの聖餐式の集まりが益になるどころか、かえって害になっているように思えることです。 (第一コリント11:17 リビングバイブル)   In the following directives I have no praise for you, for your meetings do more harm than good.  (1 Corinthians 11:17 NIV)     Observation(観察) コリント教会の集まりには問題があった。 パウロが決して見過ごすことの出来ないほどの大問題であった。 それゆえ、なんと教会の集まりが、礼拝が、聖餐式が益となるどころが、害になっているというのである。   その問題は「分裂」であり、「自己中心」であった。     Application(適用) 教会での集まりが、礼拝が、聖餐式が益とならないで害となってしまう。 こんなに恐ろしいことはない。 牧師としてこんなに辛く悲しいことはない。   しかし、これはコリント教会で実際に起こったことであって、他人事ではない。 教会は「赦された罪人の集まり」である。...

Continue reading

「試練とともに」

-Scripture “あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。“ コリント人への手紙 第一 10章13節

Continue reading

Causing Others to Stumble

Scripture And when you sin against other believers by encouraging them to do something they believe is wrong, you are sinning against Christ. So if what I eat causes another believer to sin, I will never eat meat again as long as I live—for I don’t want to cause another...

Continue reading

アカンのしたあかんこと

御言葉: “16そこで、ヨシュアは翌朝早く、イスラエルを部族ごとに進み出させた。するとユダの部族がくじで取り分けられた。17ユダの氏族を進み出させると、ゼラフ人の氏族が取られた。ゼラフ人の氏族を男ひとりひとり進み出させると、ザブディが取られた。18ザブディの家族を男ひとりひとり進み出させると、ユダの部族のゼラフの子ザブディの子カルミの子のアカンが取られた。” ヨシュア記 7:16-18

Continue reading

The Seriousness of Sin

Scripture: Joshua 7:12-13 NASB 12Therefore the sons of Israel cannot stand before their enemies; they turn their backs before their enemies, for they have become accursed. I will not be with you anymore unless you destroy the things under the ban from your midst. 13Rise up! Consecrate the people and...

Continue reading

「祝福配達人」

Topic:祝福(使命、召し)   Scripture(聖書) こういうわけでアポロや私を、神の深い御心を説明し、その祝福を配って回る、キリストの福音を預かる管理者と考えてください。 (第一コリント4:1 リビングバイブル)   こういうわけで、私たちを、キリストのしもべ、また神の奥義の管理者だと考えなさい。 (第一コリント4:1 新改訳)     Observation(観察) パウロはコリント教会内にあった様々な問題に聖書の光をあて、正し、諭し、導こうとしていた。 問題の1つはパウロ派とかアポロ派といった派閥争い。分裂分派問題であった。 そこで、改めてパウロは自分たちが何者であるかを示す。   ①しもべ ②管理者   そして、使命は・・・ ①神の深い御心を説明すること ②祝福を配ってまわること ③キリストの福音を預かること     Application(適用) リビングバイブルにおいて訳されているパウロの使命の1つ「祝福を配ってまわること」が印象的だ。   伝道者、牧師の使命は「祝福を配ってまわること」。 いや、すべてのクリスチャンの使命が「祝福を配ってまわること」である。   NHYが目指している教会の姿は・・・ ①礼拝する教会 ②宣教する教会 ③祝福する教会   まさに、教会が一丸となって「祝福を配ってまわる」ことができるよう祈っている。   では、どのようにして「祝福を配る」ことができるだろうか?   ①祈る 「祈り」なしでは何事もなし得ない。 今日、自らが、そして愛するNHYの一人一人が「祝福を配る」ことができるよう祈ろう。   ②福音を伝えること 昨日はオーストラリアから一時帰国中の友人と良い交わりの時を持つことができた。 彼が言っていたが、やはり日本は圧倒的に福音を聞いたことがない人が多い。 そして、オーストラリアと比べて福音を伝えにくい雰囲気があるかもしれない、と言っていた。 海外にいると異文化に対してオープンにならざるを得ない。...

Continue reading