Sent to Reap

Scripture: John 4:35,38 ESV 35Do you not say, ‘There are yet four months, then comes the harvest’? Look, I tell you, lift up your eyes, and see that the fields are white for harvest. 38I sent you to reap that for which you did not labor. Others have labored, and...

Continue reading

「知れば知るほど味わうことの出来る恵み」

Topic:キリスト(知る、恵み、平安)   Scripture(聖書) 2あなたがたは、神の恵みと平安をもっと多くいただきたいと願っているでしょう。それなら、イエス・キリストについてもっと深く学んでください。  3キリストを知れば知るほど、その偉大な力を通して、私たちが神に従う正しい生活を送るために必要なすべてのものをいただくことができるのです。そればかりかキリストは、ご自分の栄光と共に敬虔や品性をも、私たちに与えてくださるのです。 (第二ペテロ1:2〜3 リビングバイブル)   2神と私たちの主イエスを知ることによって、恵みと平安が、あなたがたの上にますます豊かにされますように。 3というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。 (第二ペテロ1:2〜3 新改訳)     Observation(観察) かつてはイエスを3度も否んだペテロだが、悔い改め、回復と立ち直りが与えられ、牧師として信仰者たちを励ましている。   ペテロはシンプルに恵みと平安を得る方法を教えている。 それは・・・ ①イエスを知ること。 ②イエスについて、もっと深く学ぶこと。     Application(適用) パウロもエペソ書で同様のことを書いている。   そして、神の愛がどれほど広く、どれほど高く、どれほど深いかを理解することができますように。さらに、あなたがたがキリストの無限の愛を知って、キリストの愛といのちに満たされますように。 (エペソ3:18-19 リビングバイブル)   それは、単なる知識として知っていて語っているのではなくて、彼らが自ら実際に体験してきたことなのであろう。 イエスを知れば知るほど味わうことの出来る恵みと平安。 「噛めば噛むほど味が出る」ではないが、「知れば知るほど恵みの味わいがある」のである。   「イエスを知る」。   クリスマスに最も相応しい過ごし方である。 今年のクリスマスはNHY以外に、草加福音自由教会、水郷めぐみ教会、明治学院大学でクリスマスのメッセージを語る機会が与えられた。 イエスを「語る」ことの出来る幸いを味わっている。   しかし、それ以上に「知る」ことの幸いも味わっていきたい。 すでに今年のクリスマスも「知る」幸いを味わっているが、もっと味わっていきたい。   主よ、あなたをもっと知りたいです。I want to Know you more.  ...

Continue reading

「何を握っているか」

Scripture “「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。“ ペテロの手紙 第一 1章24~25節 新改訳

Continue reading

Don’t Be Weary, Don’t Give Up

Scripture: “Therefore, since we are surrounded by such a huge crowd of witnesses to the life of faith, let us strip off every weight that slows us down, especially the sin that so easily trips us up. And let us run with endurance the race God has set before us....

Continue reading

「どんなことがあっても」

Topic:信仰   Scripture(聖書) このようなすばらしい祝福が待っているのですから、どんなことがあっても、主を信じ続けなさい。やがて主から受ける報いを思いなさい。 (ヘブル10:35 リビングバイブル)   So do not throw away this confident trust in the Lord. Remember the great reward it brings you!  (Hebrews10:35 NLT)   ですから、あなたがたの確信を投げ捨ててはなりません。それは大きな報いをもたらすものなのです。 (ヘブル10:35 新改訳)     Observation(観察) 同胞からのプレッシャー、迫害の中で、ヘブル書の著者は、イエスに対する信仰に留まり続けるように励ましている。   ①どんなことがあっても主を信じ続ける   ②やがて素晴らしい報いと祝福が待っている     Application(適用) 現代日本は、ヘブル書が書かれた時と場所も時代背景も大きく異なる。 しかし、ここ日本においても信仰から離れていく人が後を絶たない。   14歳で信仰を持ち、31年経った。 この31年の間に信仰を捨てていった人を何人も見てきた。 中には神学校で学んだ者もいる。   あれほど熱心だったのに。...

Continue reading

Don’t do It Alone

Scripture: Hebrews 10:24-25 ESV 24And let us consider how to stir up one another to love and good works, 25not neglecting to meet together, as is the habit of some, but encouraging one another, and all the more as you see the Day drawing near. Observation: We cannot do life...

Continue reading

「パウロを支えた名脇役たち」

Topic:信仰(友、仲間)   Scripture(聖書) 15あなたの知っているとおり、アジヤにいる人々はみな、私を離れて行きました。その中には、フゲロとヘルモゲネがいます。 16オネシポロの家族を主があわれんでくださるように。彼はたびたび私を元気づけてくれ、また私が鎖につながれていることを恥とも思わず、 17ローマに着いたときには、熱心に私を捜して見つけ出してくれたのです。 (第二テモテ1:15〜17 新改訳)   10デマスは今の世を愛し、私を捨ててテサロニケに行ってしまい、また、クレスケンスはガラテヤに、テトスはダルマテヤに行ったからです。 11ルカだけは私とともにおります。マルコを伴って、いっしょに来てください。彼は私の務めのために役に立つからです。 (第二テモテ4:10〜11 新改訳)     Observation(観察) 第二テモテへの手紙。 それはパウロも覚悟していたように、生前最後の手紙となった。 つまり、パウロの遺言ような手紙である。 愛弟子テモテに最後に伝えたい思いをこの手紙に託したのだ。   短い手紙ではあるが、パウロの御言葉への信頼。 揺るがない選びと召しの確信。 恵みへの感謝とその恵みに応える信仰。 そして、福音宣教への情熱に溢れる手紙である。   困難を極めるパウロの働きをさらに苦しめたのは、同労者、リーダーたち、仲間たちの裏切りである。名前が上がっているのは・・・ ・フゲロ ・ヘルモゲネ ・デマス   パウロにとって、心引き裂かれる悲しみ苦しみであっただろう。 しかし、その一方でパウロを支えた名脇役たちもいた。 パウロはそんな名脇役たちのことを紹介している。例えば・・・   ・オネシポロ 囚われの身であるパウロを捜し続け、ついに捜し出し、励まし続けたのである。   ・ルカ 「ルカだけは私とともにおります」と言われるほど、パウロを支援し続けた人である。 そして、彼こそがルカの福音書、さらに使徒の働きを著することとなる。   ・マルコ かつてはパウロをがっかりさせ、バルナバと別れる原因を作った男がここでは「彼は私の務めのために役に立つ」とまで言われている。 そして、彼こそがマルコの福音書を記したマルコである。     Application(適用) さらっと名前が記されているが、なんとなんと豪華なキャストたち。 一人一人取り上げるだけで、ドラマが出来上がるような人物たちだ。...

Continue reading

「お金はこわいよ」

Scripture しかし、満ち足りる敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。 私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることはできません。衣食があれば、それで満足すべきです。 1テモテ6:6−8 新改訳 金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたた目に、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分を刺し通しました。 1テモテ6:10 新改訳

Continue reading

Fully Dependent on Christ’s Mighty Power

Scripture He is the one we proclaim, admonishing and teaching everyone with all wisdom that we may present everyone fully mature in Christ. To this end I strenuously contend with all the energy Christ so powerfully works in me. Colossians 1:28-29 Observation God has given Paul the responsibility of serving...

Continue reading

「親切は賛美となる」

Topic:親切(愛、義の実、賛美)   Scripture(聖書) どうか、神の子どもにふさわしく、親切な良い行いができますように。それは、大いに主をほめたたえ、主の栄光を現すことになるのです。 (ピリピ1:11 リビングバイブル)   イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。 (ピリピ1:11 新改訳)     Observation(観察) パウロがピリピ教会に書き送った手紙。   「親切な行いができますように」とパウロはすすめている。   それは・・・ ①神の子どもにふさわしいこと ②大いに主をほめたたえること ③主の栄光をあらわすこと     Application(適用) 新改訳では「義の実」と訳されていることをリビングバイブルでは、より具体的に「親切な行い」と訳している。   確かに「親切は」ガラテヤ5章の御霊の実の1つである。 「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。」(ガラテヤ5:22〜23)   また親切は愛することでもある。 「愛は寛容であり、愛は親切です。」(第一コリント13:4)   そして、パウロ曰く親切な行いは「大いに主をほめたたる」ことに繋がるのだ。 親切な行いは神への賛美なのだ。   そう言えば、イエスが言われた、この言葉も思い出す。 「あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。」(マタイ25:40)   アドベントのシーズン。 特に今まで以上に親切を心がけて生きよう。 その親切は荘厳なパイプオルガンの音色にひけを取らない神賛美の美しいハーモニーとなるのだから。   ①親切を行えるように祈る。 ②親切タイミングを探す。 ③相手の求めを聞く。     Prayer(祈り) 主よ。 アドベント第1週も金曜まで守られたことを感謝します。...

Continue reading