「励まし共同体」

Topic:励まし(教会、再臨、祈り)   Scripture(聖書) ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。 (ヘブル10:25 新改訳)   集会から離れたりする人たちにならってはいけません。主が再びおいでになる日は、もう間近なのですから、互いに励まし合っていきましょう。 (ヘブル10:25 リビングバイブル)     Observation(観察) 様々な事情があるだろうが、教会から足が遠のき、離れる人々がいた。 しかし、聖書はこう語る。   ①集まることをやめてはいけない なぜ集まることをやめてはいけないのか? 一人でも聖書を読み、祈ることはできる。それは・・・   ②励まし合うため 信仰の歩みは一人で進めていくものではないのだ。   ③かの日(再臨)が近づいているから     Application(適用) 教会という「信仰共同体」の存在理由の1つがここに記されている。   それは・・・励まし合うため。   ちょうど1週間前のデボーションでも「励まし合う」ことの大切さを語られた。   「きょう。」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。(ヘブル3:13)   今、僕自身に、そしてNHYに必要なこととして語られているのだ。   7/15(日)から再開するMinisters Serviceや7/21(土)のLeaders Life Groupでも励まし合うことをしたい。   昨日は図らずも、J-Houseの飯田牧師と電話であれこれと話し、いろいろな分かち合いをした。飯田牧師はいつもポジティブで、どんな試練や困難も信仰的に前向きに受け止める、そして本人は苦手と言っていたが、励ましてくれるのだ。電話の最後に「ほなTantanのために、NHYのために祈るわ」と言って祈ってくれる。これが最高の励ましだ。   祈り合うことこそ、励まし合うことなのだと教えられる。   「かの日が近い」とヘブル書の著者が語るように、再臨に備え、励まし合う、祈り合う、そのような終末信仰に生きていきたい。そのような信仰共同体を築き進んで行く。   ①今日出会う人を励ます(祈り合う)  ...

Continue reading

根株に残る希望と約束

御言葉: “1エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。2その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。3この方は主を恐れることを喜び、その目の見るところによってさばかず、その耳の聞くところによって判決を下さず、” イザヤ書 11:1-3

Continue reading

神に近づく(信仰)

S:「だれも、祭司によっては神との正しい関係を結べなかったのです。しかし、今は違います。私たちは、もっとすぐれた希望を与えられています。キリストによって神に受け入れられた私たちは、神に近づくことができるのです。」へブル人への手紙 7:19 JCB

Continue reading

A Merciful Priest

Scripture “So then, since we have a great High Priest who has entered heaven, Jesus the Son of God, let us hold firmly to what we believe. This High Priest of ours understands our weaknesses, for he faced all of the same testings we do, yet he did not sin....

Continue reading

「互いに励まし合う」

Topic:励まし   Scripture(聖書) 12皆さん。心が悪に染まって信仰をなくし、生ける神から離れることがないように、自分の心を見張りなさい。  13まだ時間があるうちに、日々、互いにこのことを確かめ合いなさい。そうすれば、罪に惑わされて神に心を閉ざす人は一人も出ないでしょう。 (ヘブル3:12-13 リビングバイブル)   12兄弟たち。あなたがたの中では、だれも悪い不信仰の心になって生ける神から離れる者がないように気をつけなさい。 13 「きょう。」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。 (ヘブル3:12-13 新改訳)     Observation(観察) 心が悪に染まらないために・・・ 信仰をなくさないために・・・ 生ける神から離れないために・・・   聖書が語るアドバイスは ①自分の心を見張る ②日々、互いに励まし合う     Application(適用) 信仰は「自分と神」との関係である。 しかし、この信仰を守り通していくために自分一人で戦うことは容易なことではない。見えない敵は狡猾である。 それゆえ「互い」の存在が必要であり、互いに励まし合うことが必要なのである。   これが教会に集まることの一つの意味である。 毎週日曜の礼拝、またミニストリーグループ、スモールグループ、ライフグループ、、、すべての集まりには、このような要素が求められる。   ここで突きつけられる課題の一つは、では果たして教会の中で「互いに励まし合う」ということがなされているかどうか?である。   自分の30年の信仰生活の歩みを振り返っても、この「励まし」によって幾度となく支えられてきた。 おそらく、この「励まし」がなければ今日まで牧師を続けられたかどうかも怪しい。 それほど「励まし」は人を支え、力づけ、勇気づけ、信仰に生かすのだ。   ①聖書の言葉と祈りによって自分の心を見張る(デボーション)   ②日々、励まし合う 今日、誰を励ますことができるだろうか? 少なくとも5人を励ましてみよう。   ③家庭、教会、ミニストリーの中で励まし合う文化を築く     Prayer(祈り) 主よ。...

Continue reading

名声のテスト(メンタリング)

S:「・・・主が彼に大きな力を貸したので、ウジヤ王の名は遠くまでとどろき知られるようになりました。 ところが、それに気をよくした王は思い上がり、ついに堕落への道を進み始めました。彼の神、主に対する罪を犯し、入ることを禁じられていた神殿の聖所に入って、祭壇の上で香をたこうとしたのです。」歴代誌Ⅱ 26:15-16 JCB

Continue reading

「私は主を愛しています。」

Scripture ‘私は主を愛しています。 主が私の祈りを聞いてくださるからです。 ここエルサレムの神殿の庭で、 すべての人々の前で、 誓いどおりのことをみないたします。 主をほめたたえましょう。 ‘ 詩篇 116:1,18-19 JCB

Continue reading

神のことばの凄さ〜マジバイブル〜

Topic:みことば   Scripture(聖書) 1-4神のしもべであり、イエス・キリストの使徒であるパウロから、同じ信仰によって、私の真実の子となった愛するテトスへ。どうか、父なる神と救い主キリスト・イエスが、あなたに祝福と平安とを注いでくださいますように。私は、神に選ばれた人たちを信仰に導き、真理を教えるために遣わされた者です。神のことばの真理には、信じる人の生活を全く変える力と、永遠のいのちを与える力があります。これは、世界が造られる前からの神の約束です。神は、偽りを言うことがないお方です。それで今、約束どおり最善の時を選んで、この良い知らせを公表し、すべての人に告げ知らせる特権を私にゆだねられたのです。 (テトス1:1-4 リビングバイブル)   Observation(観察) パウロからテトスへ送られた手紙。 手紙冒頭でパウロは神の言葉がいかなるものか語っている。   神の言葉は・・・   ①真理 ②信じる人の生活を全く変える力がある ③永遠のいのちを与える力がある     Application(適用) 神の言葉が今、聖書となって目の前にある。 いつでも手に取り、いつでも読むことができる。 これはミラクルなことである。   真理であり、力ある神の言葉を誰でもいつでも聞くことができるのである。 しかし、残念ながら神のことばの力をあまり体験していないのである。 このリビングバイブルでは信じる人の生活を全く変える力があると記している。   信じるものは死後の行き先が変わるだけではなく、今この地上での生活が全く変えられていくのである。 しかしながら、自分も含め、信仰者の生活はそれほど力強く変えられているだろうか?   もっともっと、みことばの力を体験したいのである。 もっともっと、みことばによって変えられていきたいのである。   パウロがみことばを宣べ伝えるように召されたように、僕もみことばを宣べ伝えるように召された。   18歳の秋。   すると、主は私に仰せられた。「まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。――主の御告げ。――」 (エレミヤ1:7−8)   この聖書の言葉に捕らえたれたのである。雷に打たれたかのような衝撃が走ったのである。   そして、New Hopeと出会い、それまでのガイドやテキストを使ったデボーションではなく、聖書のみでデボーションすることから新鮮なみことばを直送される恵みを得たのである。   みことばを宣べ伝える者として、まず自分自身が日々、みことばによって整えられ、力強く変えられていくことを求めなければならない。   ①日々、みことばに聴く   ②日々、みことばによって生活が変えられていく...

Continue reading