No comments yet

「恐れるな」

Topic:信仰(恐れ)

 

Scripture(聖書)

1しかし、イスラエルよ。あなたを造った主は、今こう言って慰めてくれます。

「恐れるな。わたしはあなたを買い戻したのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。

あなたはわたしのものだ。

2たとえ水の中をくぐり、大きな困難にぶつかっても、わたしは共にいる。

悩みの川を渡るときも、おぼれはしない。

迫害の火の手が上がり、そこを通り抜けていくときも心配はない。

炎はあなたを焼き殺さないからだ。

(イザヤ43:1〜2 リビングバイブル)

 

1But now, O Jacob, listen to the Lord who created you.

O Israel, the one who formed you says,

“Do not be afraid, for I have ransomed you.I have called you by name; you are mine.

2When you go through deep waters, I will be with you.

When you go through rivers of difficulty, you will not drown.

When you walk through the fire of oppression, you will not be burned up;

the flames will not consume you.

(Isaiah43:1-2 NLT)

 

 

Observation(観察)

預言者イザヤによってイスラエルに向かって語られた言葉。

そのテーマは「恐れるな」

 

それは試練や困難が全くないからではない。

むしろ、試練や困難は訪れる。例えば・・・

・水の中をくぐる

・大きな困難

・迫害の火の手が上がる

 

それでも、恐れる必要がない理由がある。

 

①主が買い戻してくださったから。(奴隷状態から)

 

②主が名を呼んでくださるから。

 

③主のものだから。

 

④主が共にいてくださるから。

 

だから、決して溺れもしないし、焼き殺されることもない。

 

 

Application(適用)

「恐れるな」・・・聖書が常に語ってくれている大切なテーマの1つ。

僕自身も何度もメッセージで語ってきた。

それでも、忘れてしまうことがある。

イスラエルの民がそうであったように、僕も忘れてしまう。

 

しかし、その度に主は辛抱強く何度も優しく語りかけ気づかせてくださる。

今日の箇所でも何度も、何度も、繰り返し「恐れるな」と語られている。

 

数え始めたら不安や恐れはキリがないほどリストアップすることが出来るかもしれない。

特にコロナ禍の中にあって、用心は必要ではあるが、それにしてもメディアは必要以上に不安を煽っているようにも感じる。

 

情報が溢れかえる時代で便利ではあるかもしれない。

けれども、その情報過多の中で聞くべき声を埋もれさせてはならない。

 

①「恐れるな」と日々語られる主の御声を聞き続ける。

 

②「恐れるな」と語られる主を信頼する。

 

③「恐れるな」というメッセージをこれからも語り続ける。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今日も永遠の真理である御言葉を通して語りかけてくださり感謝します。

諭してくださり、教えてくださり、励ましてくださり、導いてくださり感謝します。

今日、改めて「恐れるな」というメッセージを受け取りました。

恐れません。主が共にいてくださるから、

そして、僕自身も「恐れるな」というメッセージをこれからも語り続ける者とならしめてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: