No comments yet

神様に従い平安が注がれる

Topic: 平安、従う

御言葉:罪を犯し続ける人には、ユダヤ人にも外国人にも、同じように悲しみと苦しみが降りかかります。 反対に、神に従う人にはだれであっても、神からの栄光と栄誉と平安とがあります。

ローマ人への手紙 2:9-10

観察:聖書を通して神様は真理を教えてくださる。それはユダヤ人だけでなく、すべての人に当てはまるものだ。今日の箇所には、罪を犯し続ける人の内には、悲しみや苦しみが降りかかるとあり、そして反対に、神様に従う人には、神様からの栄光と栄誉と、平安があると書かれている。

適用:今日の箇所は特に今週の僕にとっては心にぐさっとくるものがある。自分は大丈夫と思っていたけど、Stay Homeが長くなってきて、ついつい家族に対していらだってしまったり、冷たくなったりしている部分がある。そして頭ではわかっていても、なかなか心を変えられない時がある。そういう時、心には平安がない。心の平安を願っているのに、その平安を自ら遠ざける様なことを選んでしまう。客観的に見たら明らかにおかしな選択である。そんな中、今日の御言葉である。神様に祈り、悔い改めること、神様の願われることを選ぶことを語られている。小さなことからひとつひとつ、主が願われることにYesと言っていくことを選んでいこう。そして、神様の平安を心に迎えよう。

祈り:愛する天の神様、あなたの御名を賛美します。今日もあなたの恵みに感謝します。神様、あなたの願われない思いを握りしめてしまうことを赦してください。あなたの願われる心へと、僕の心を変えてください。あなたはふさわしくない僕を愛してくれました。どうかそのあなたにならうものとしてください。特に家族に対して難しさを感じることがありますが、謙遜なあなたや母にならうものとなれますように。また、今多くの家族の中で、愛が冷たくなっているかもしれません。どうかあなたの守りがありますように。あなたの愛を注いでくださって、あなたの平安があふれますように。イエス様のお名前によって祈ります。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: