No comments yet

「神は幾度も」

Topic 憐れみ

Scripture

しかし、あわれみ深い神は、彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。

詩篇 7838節 新改訳

Observation

語り継げよと言われる神様のすばらしいわざ、愛。その一方で、その愛を裏切り続けたイスラエルの民の歴史も語り継げられている。

どんなに神様が救い出そうと、また忘れ、どんなに神様が養おうとそれを忘れてきたイスラエルの人々が描かれている。

それでも神様は憐み深く、「彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。」

Application

聖書の実にユニークなところである。

神様の愛と憐れみの素晴らしさだけを書き記してこず、人々の醜さ、愚かさ、それらすべてを隠すことなく語り継げている。

神様って素晴らしいよね。

この事だけを語るのではなく、人の弱さも浮き彫りにしている。

だからこそ、神様って本当に素晴らしいねと感じずにはいられない。

神様は何度も裏切る人達に対して、

・彼らの咎を赦した

・幾度も怒りを押さえてくださった

・憤りをかき立てられなかった

神様は決して人を諦めず、見捨てない。

そんな神様がいてくれることに新しい力を得る。希望を見出す。

誰にも赦されない。そして見捨てられるのではなく、決して見捨てられない。何度も裏切ったイスラエルの人々を導き続け、エジプトからも救い出された神様は今日、僕たちのことも決して見捨てない。

神の愛の真骨頂こそ、イエス様の十字架の贖いである。

どうやっても自分では変えられない僕らの真っ黒な汚い心を全て背負ってくださったイエス様がいる。命をかけてくれたイエス様がいる。それは全て、神様の愛のメッセージだ。

見捨てない。赦す。あきらめない。

この希望を握っていこう。

今も決して見捨てられることはない。

Prayer

愛する天の神様

イエス様の成し遂げてくださったことのゆえに、今、あなたをお父さんと呼べる関係になれたことを感謝します。父の元から何度も家出をする私たちですが、それでも見捨てないでくれてありがとう。

人は何度も失敗するものを赦せません。そこから回復することもまず難しいです。けれど、希望があるのはイエス様が命をかけてくださったから。見捨てずに愛してくれる神様がいるから。今日、あなたの心を与えてください。教えてください。

同じように人を見捨てず、愛せるものでありたいです。イエス様のお名前によって、アーメン。

Post a comment

%d bloggers like this: