No comments yet

「聖霊による喜び」

Topic:喜び(聖霊)

 

Scripture(聖書)

あなたがたも、多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、私たちに、そして主に倣う者になりました。

(第一テサロニケ1:6 新改訳2017)

 

こうしてあなたがたも、私たちや主ご自身のあとに続く者となりました。多くの試練や悲しみにもくじけず、聖霊からいただいた喜びにあふれて、私たちの教えを受け入れたからです。

(第一テサロニケ1:6 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

パウロ書簡の1つ。

迫害という苦難、試練の中にある若い教会を励ますためのパウロからの手紙。

 

①多くの苦難を経験している。

 

②しかし、苦難の中でもパウロに倣っている。

 

③苦難の中でも主に従っている。

 

④苦難にもくじけなかった。

 

⑤苦難の中でも聖霊による喜びにあふれていた。

 

⑥みことばを受け入れていたから。

 

 

Application(適用)

これぞキリスト者の「真骨頂」。

 

いかなる苦難の中でも色あせることのない喜び、消え去ることのない喜びを抱いている。

テサロニケ教会が経験した迫害という苦難の中にあってもそれは変わらなかった。

 

「ヤッター!今日は晴れているから喜び〜!」

「あ〜あ〜、今日は土砂降りの雨だ。がっかり〜。」

 

キリスト者が頂いている喜びは、そういう、状況、環境によって左右されてしまうような喜びではない。

 

愛されている喜び。

赦されている喜び。

生かされている喜び。

選ばれている喜び。

召されている喜び。

 

それは何があっても変わらない。

コロナ禍の中にあろうと、パンデミックであろうと、ロックダウンであろうと、変わらない。

 

①何があっても失われない喜びが与えられていることを感謝しよう。

 

②喜びの賛美をささげよう。

 

③喜びを分かち合おう。

 

④喜びのない者のために祈ろう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

「一寸先は闇」なんて言葉がありますが、まさに何が起こるかわからないのが人生です。

けれども、どんなことが起こっても、たとえ苦難を通っても、色あせない、決して失われることのない喜びを与えてくださって感謝します。

 

あなたに愛され、赦されている喜び。

 

事実、主の愛を知ったあの中学2年生の夏から30年以上経っても色あせていません。

この喜びに満たされ、この喜びを携え、この喜びを証し、この喜びを伝える者とならせてください。

 

不安や恐れの多い時代だからこそ、なおさらこの喜びが世界中に伝わりますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

Post a comment

%d bloggers like this: