No comments yet

「わが心定まれり」

Topic:告白(信仰)

 

Scripture(聖書)

神よ 私の心は揺るぎません。

私の心は揺るぎません。

私は歌い ほめ歌います。

(詩篇57:7 新改訳2017)

 

わが心さだまれり神よわがこころ定まれり

われ謳ひまつらん頌まつらん

(詩篇57:7 文語訳)

 

My heart, O God, is steadfast,

my heart is steadfast;

I will sing and make music.

(Psalm57:7 NIV)

 

 

Observation(観察)

表題によれば「ダビデがサウルから逃れて洞窟にいたときに」となっている。

 

サウル王に追われ、命を狙われるダビデ。

洞窟の中に身を潜めているということは、見つかれば一巻の終わりである。

それゆえ1節のダビデの祈りは切実な祈りの言葉である。

 

ああ神よ、あなただけを頼りにしているこの私を、あわれんでください。

嵐が過ぎ去るまで、御翼の陰に潜ませてください。

(詩篇57:1 リビングバイブル)

 

絶体絶命状態。

追い詰められて初めてその人の信仰が試される。

 

ダビデは神を頼りとし、神に助けを求め、神を賛美した。

それゆえ、彼は揺るぐことなく、心を定めることが出来たのだ。

 

 

Application(適用)

コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、外出自粛が続く中で散歩は許されているので、出来る限り散歩している。

 

妻と二人で歩いたり、娘も加わって三人で歩いたり。

一人の時は「聴くドラマ聖書」(新改訳2017)を聞きながら、散歩している。

https://graceandmercy.or.jp/app/

耳で聴くというのはとても新鮮で、目で文字を読んでいる時とは、違った味わいがある。

また臨場感あふれる、プロの読み手の声により、よりグッと心に迫ってくるものがある。

 

今日の7節もそうだった。

目で文字を読んだ時より、はるかにグッと心に迫ってきたのだ。

 

神よ 私の心は揺るぎません。

私の心は揺るぎません。

私は歌い ほめ歌います。

(詩篇57:7 新改訳2017)

 

「私の心は揺るぎません」と2回続けて、力強く語られている。

 

世界的困難と混乱の中で、今までの通りの生活が失われている。

心が揺れ動く。何かざわつくのだ。

 

今朝、カリフォルニアの牧師と電話で話した。

日本よりもはるかに厳しい厳戒態勢の中にあるのに、こちらのことを心配してくれた。

 

「今、君のストレスレベルはどのくらいだい?」

 

あまり自分のストレスレベルを考えたことがなかった。

普段、それほど僕のストレスレベルは高くないからだ。

 

ところが、人間関係中心、ピープルパーソンの僕にとって人と会えないことが続く、この状況はストレスレベルが高くなることを気付かされた。

 

コロナウイルスによってジワジワと追い詰められるような状況の中で、洞窟の中でダビデが祈り、告白した言葉が胸を打ったのだ。

そして、ダビデの告白を我が告白としたいと強く思わされたのだ。

 

①神を頼りとする。

 

②神への信頼を告白する。

 

③神を賛美する。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

ダビデが追い詰められた洞窟の中で告白したように、告白し、祈ります。

 

神よ 私の心は揺るぎません。

私の心は揺るぎません。

私は歌い ほめ歌います。

 

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: