No comments yet

「いったい誰を見上げるのか」

Topic 神様

Scripture

しかし、私のたましいよ、気落ちするな。動転するな。神に期待せよ。神がすばらしいことをしてくださり、私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。このお方こそ、私の命綱、私の神。

詩篇42:11 リビングバイブル訳

Observation

苦しみ、痛み、動揺している最中で詩篇作者はいったい、誰を見上げているのか。

命綱であり、主の主であられる神様だ。

Application

昨日はニューホープ横浜開拓以来、初めて、同じ場所に集まって礼拝をすることが困難となった。これまでは、会場がどんなに転々としようと必ず主は場所を与え、集って礼拝を捧げてこれた。

それができない。難しい。

当然のように集まれていたのに、集まれないことに動揺が隠せなかった。この葛藤は大人だけでなく、子供達も同じである。集まれていたし、毎週日曜日には教会の友達に会えていたのが困難になり、彼らにとって苦痛だろう。

そんな状況でも主は新しい方法を与えてくださって、ライブストリーミングで教会のみんなと礼拝を捧げられた。

配信開始とともに閲覧者の数が、40、70、90、100と増えていく光景を見て慰められた。場所は違えど、今、ライブストリーミングを通して繋がっている、いやイエス様にあって僕らは決して離れてはいないしキリストの体であると改めて気付かされた。

気落ちすること、動転してしまうことは人生に何度もやってくる。

その度に、いったい誰を見上げるのか。

主の主、王の王であられる神様を見上げていこう。救い主であり、全てに勝利されたイエス様を見上げていこう。そうするなら、必ず、賛嘆の声をあげる時が来る。

そして、神様こそ命綱であり、主である。

命綱を握り、決して離さないでいよう。

Prayer

愛する天の神様

昨日は同じ場所に集まることは困難でしたが、ライブストリーミングという形を通して礼拝を捧げられたことを感謝します。主よ、今はコロナウイルスの感染拡大が世界中を不安に包んでいます。あなたがこれを終息させ、おさめ、すべてのものを守ってください。そして、すでに感染された方を癒し、その者と家族を慰めてください。今日も教会のオハナがあなたの守りと祝福を体験する1日でありますように。

また、僕自身を変えてください。

あなたをもっと愛し、家族を大切にできるものに。一番身近だからこそ、おろそかにせず、冷たい態度にならないように変えてください。あなたを見上げます。夫婦であなたを見上げることができますように。そして、願わくば、まだあなたを信じていない僕の家族とあなたを見上げる日が来ますように。今日もあなたが命綱です。あなたを見上げ、あなたとあなたのみことばを握ります。イエス様のお名前によって、アーメン。

Post a comment

%d bloggers like this: