No comments yet

「イスラエルの民を導いたもの」

Topic:導き

 

Scripture(聖書)

21雲が夕方から朝までとどまるようなときがあっても、朝になって雲が上れば、彼らはただちに旅立った。昼でも、夜でも、雲が上れば、彼らはいつも旅立った。

22二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。

23彼らは主の命令によって宿営し、主の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された主の命令によって、主の戒めを守った。

(民数記9:21〜23 新改訳)

 

21Sometimes the cloud stayed only from evening till morning, and when it lifted in the morning, they set out. Whether by day or by night, whenever the cloud lifted, they set out. 

22Whether the cloud stayed over the tabernacle for two days or a month or a year, the Israelites would remain in camp and not set out; but when it lifted, they would set out. 

23At the Lord’s command they encamped, and at the Lord’s command they set out. They obeyed the Lord’s order, in accordance with his command through Moses.

(Numbers9:21〜23 NIV)

 

 

Observation(観察)

幕屋建設が完成したイスラエルの民。

彼らを分かりやすく導いたものがあった。

昼は雲の柱、夜の火の柱が、それであった。

イスラエルの民はその導きに従順に従ったのだ。

 

 

Application(適用)

①主の臨在に留まる

主の臨在に留まることが最も安全、平安である。

 

②主の導きに従う

主の導きには「Go」もあれば「Stop」「Wait」もある。

大事なことは、その主の導きに従うことである。

では、どのようにして主の導きを知ることが出来るだろうか?

私たちにとっての雲の柱、火の柱とは何か?

 

③主のみことばを求める

「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」

(詩篇119:105 新改訳)

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

あなたの臨在を求めます。

また、あなたの導きとみことばを求めます。

NHYが雲の柱、火の柱に導かれたイスラエルの民のように、主の導きにどこまでも従順に従う群れでありますように。

深い悲しみを背負った大切な友が今日アメリカに戻ります。

あなたの大いなる御手で支えて、守ってください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: