No comments yet

「何から始めるのか」

Topic 約束

Scripture

それで、父祖の家ごとに登録された二十歳以上のイスラエル人で、イスラエルで軍務につくことのできるすべての者、

すなわ地、登録された者の総数は、六十万三千五百五十人であった。

民数記1:4546 新改訳

Observation

人口調査を命じられて調べみると、イスラエルの20歳以上の男子、しかも軍務につける男子で60万3550人いた。男子のしかも20歳以上で60万越えである。女性や子供まで含めたらいったいどれだけのイスラエルの人々がいたことか。

エジプトを出たイスラエルの民は、それはもう大所帯だった。

振り返るとヤコブがエジプトに移り住んできたとき、イスラエルの人々は70人であった。

 

ヤコブから生まれた者の総数は七十人であった。・・・

出エジプト1:5 新改訳

Application

400年以上の月日が経ち、イスラエルの人々の数は70から60万越えと、約8660倍。とんでもない数字だ。女性や子供を含めたらもっとだ。

でもこの間、順調に子供は生まれ、家庭は育まれてきたのだろうか。

いいや、奴隷生活を経験し、大飢饉も経験してきた。

エジプトに来た当初は、パロの命令で生まれたばかりの男子は殺される事態だった。子が与えられ、家族が与えられ順調に増えてきたのかといえばどちらかというとそうだとは言い切れない。生活の困難を経験し、命の危険も通ってきた。

そのような困難の中にあって、その数が70人から60万人を超えるほどになったというのは想像を超える出来事である。

創世記15章を読むと、神様はアブラムに約束されている。

星空を見せて、星を数えさせて、

「あなたの子孫はこのようになる」と約束された。

その約束の確かさを見せてくださっている。

主の約束が、いかなる困難を通ろうとも確かに果たされていくことをイスラエルの人口を見ても教えられる。

今年の僕の年間目標は、「約束」の一文字。

主の約束してくださったことが必ず実現すると信じ通すこと。そして、すでにそれは実現したと信じること。それがこの1年の目標と定めた。けれども、まだ1ヶ月そこそこしか過ぎていないのに疑い、迷っている自分がいる。

なんとか小細工をして、自分の力で約束が少しずつでも果たされているように見せかけようとしてしまう自分もいる。

でも主は確かに70人の人口を、どこを通ろうとも60万人以上とされた。だからこそ、もう一度

1、信じることから始めよう

2、祈ることから始めよう

3、神様の恵みを数え上げよう

Prayer

愛する天の神様

あなたは約束を守ってくださると信じることからもう一度、始めます。それはいつとか、どのようにとか分からないけど、今わかっていること主は確かに実現される方だということを信じることからスタートします。先ばかり見ようとしてしまうけれど、今も確かに見守ってくれているあなたを覚えて賛美します。どうか疑いを信仰へと変えてください。イエス様のお名前によって、アーメン。

Post a comment

%d bloggers like this: