No comments yet

「励ましのミッショントリップ」

Topic:励まし(教会、ミッショントリップ)

 

Scripture(聖書)

パウロはアンテオケにしばらくいたあと、また小アジヤへ行き、ガラテヤとフルギヤ地方の教会を訪問して、力づけて回りました。

(使徒18:23 リビングバイブル)

 

After spending some time there, Paul continued on through the region of Galatia and Phyrgia in central Turkey. And wherever he went he encouraged and strengthened the believers.

(Acts18:23 TPT)

 

 

Observation(観察)

パウロの第三回伝道旅行のスタートである。

向かった先は小アジヤ。そこにはすでに教会が建てられていた。

その教会を訪問し、励ましたのだ。

 

 

Application(適用)

ミッショントリップの目的は伝道である場合もある。

また、この箇所のように教会を励ます場合もある。

 

振り返ってみるとNHYの歩みの中で、なんと多くのミッションチームが訪れ、励ましてくれたことか!それに対して、私たちがミッションチームを送ったことのなんと少ないことか。

 

もちろん、全くミッションチームを派遣していないわけではない。

昨年はNHYの若いリーダー達を海外ミッショントリップに送り出すことができた。

また地震や台風における災害支援においても出来る限りミッションチームを送っている。

しかし、もっと計画的かつ積極的にミッションチームを派遣していきたいと思わされた。

 

ゼロからの開拓であったから、必死だったこともある。

しかし、教会の歴史もすでに15年を経過した。

これからはミッションチームをもっと積極的に送ることをしたい。

僕自身もパウロがしたように、教会を訪問し、励ますことをもっと積極的にしていきたい。

 

①ミッショントリップについて祈る。

 

②NHYとしてミッショントリップを年に1回はしていきたい。

 

③ミッショントリップをプランニングする。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

NHYのこれまでの歩みの中に多くのミッションチームを派遣し、励ましを与えてくださったことを感謝します。

パウロの励ましのミッショントリップに倣い、NHYからも励ましのミッションチームを派遣することができますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: