No comments yet

「兄弟たち・・・」

Topic: 信仰・勇気

Scripture

兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。

使徒17:10 新改訳

そこで兄弟たちは、ただちにパウロを送り出して海べまで行かせたが、シラスとテモテはベレヤに踏みとどまった。

使徒17:14 新改訳

Observation

テサロニケに着いて、パウロたちはいつもしているように会堂に入って、安息日に聖書からイエスについて宣べ伝えていた。

それは妬みにかられたユダヤ人の暴動によって、次の町ベレヤに移動しても変わらなかった。徹底したパウロの宣教のルーティーンがあった。

それと同じくして暴動を起こしたユダヤ人たちもこれがなかなか、しぶとい。いや、しつこい。遠く80キロメートル以上も離れたベレヤにまで来ても暴動を起こす。

もう嫌になっちゃうほど。

そのような中で、パウロたちは何とかその地から逃れることができていた。いったいどのようにして逃れて来たのか?

Application

見ると、パウロたち一行はイエスを信じた兄弟たちに助けられて来た。

使徒17:10「兄弟たちは・・・」

使徒17:14「兄弟たちは・・・」

宣教の背景に、クリスチャンの仲間たちによる勇気と信仰がある。

これだけの暴動だから匿おうとしたり、逃がそうとすれば当然、自分たちだって危険である。拷問されて、どこに逃げたのか教えるまで痛めつけられたかもしれない。それでも兄弟たちはパウロを逃した。守った。パウロたちも命がけで宣教していたけれど、信じて救われた兄弟姉妹も命がけ。

命の危険、恐ろしいことの前に身の安全を考えてしまう。

まず自分たちがどうやったら助かるのか。

僕は自分が一番かわいい。自分が一番に助かりたい。小さな男である。でも、そんな僕でもテサロニケやベレヤの兄弟姉妹のように命に危険迫ろうとも誰かを守れるものでありたい。

テサロニケ、ベレヤの兄弟たちは自分のため以上に、イエス様のことがパウロたちを通して各地に広まることを祈り、そのために命を張った。自分もそのような者に変わりたい。

1、悔い改めて祈る。

夫として妻を守れるように

リーダーとしてチームの仲間を守れるように

牧師として羊を守れるように

2、イエス様に人生をかけてついていく

Prayer

神様。パウロたちが聖書から語ったように、デボーションの中で聖書のみことばから語りかけてくださってありがとうございます。

救われたクリスチャンの兄弟姉妹がパウロたちを守ろうとしたように、僕も守れるものへと変わっていきたいです。でもまず、神様あなたが僕をいつも守り、助けてくださっていることを覚えて感謝します。あなたのそんな愛から学び、僕も変わっていけますように。イエス様のお名前によって、アーメン。

Post a comment

%d bloggers like this: