No comments yet

「覚えてくださっている」

Topic: 祈り

Scripture

彼は敬虔な人で、全家族とともに神を恐れかしこみ、ユダヤの人々に多くの施しをなし、いつも神に祈りをしていたが、

ある日の午後三時ごろ、幻の中で、はっきりと神の御使いを見た。御使いは彼のところに来て、「コルネリオ」と呼んだ。

彼は、御使いを見つめていると、恐ろしくなって、「主よ。何でしょうか」と答えた。すると御使いはこう言った。「あなたの祈りと施しは神の前に立ち上って、覚えられています。

使徒の働き 1024節 新改訳

Observation

カイザリヤにそれはもう敬虔なクリスチャンがいた。百人隊長のコルネリオである。彼は家族とともに神を第1とし、多くの人に施しをなし、いつも神様に祈っていた。

そんな彼のもとに来た御使いは告げる

「コルネリオ。あなたの祈りも施しも神様は覚えておられ、知っておられる。」

自分のしていることや祈りを聞いてくださり、知ってくれている方がいると知ったコルネリオはどんな気持ちだったか。

Application

いつも祈り続けてきた彼の祈りがどのような祈りかはわからない。でも、施しをし続けてきた彼の優しさを思うと、病にいる方を覚える祈りであっただろうし、苦しんでいる方の慰めを覚える祈りであったのだと思わずにはいられない。

そして、コルネリオの祈りを主は確かに覚え、聞いてくださっていた。

それだけじゃなくてコルネリオの存在まで知っておられた。「コルネリオ」と呼びかけられた彼は、驚きだっただろう。特別に自分の名前を呼んで語りかけてくれるとは、自分て何者なのか。いや、それほどに覚えられている存在なのである。

きわめつけは、主はそんなあなたの祈りを覚えてくださっていること。

時に祈ることをやめようと思い、祈りの手を下ろしそうになる。もう祈っても仕方がない。どうせ、聞かれない。世界にこれだけの人がいて、特別に自分だけ聞いてもらえるはずがない。なぜ、あの人の祈りは聞かれて自分の祈りは聞かれないのか。

でも今日とっても嬉しいことは僕らを創造し、見守ってきてくれた方は僕らのどんな祈りも聞いて覚えてくださっていること。

1、あきらめずに祈りつづよう

2、祈りの答えは神様の御手の中

3、でも名前を呼ばれたなら、その愛に応答しよう

Prayer

神様

あなたが僕のことを覚え、愛してくださっていることに感謝します。謙明と一緒にデボーションできる恵みを覚えます。そして今日も呼びかけ、語りかけてくださること。祈りを聞いて覚えてくれていることを感謝します。あきらめずに祈り続けます。あなたの愛に応えます。イエス様のお名前によって。アーメン。

Post a comment

%d bloggers like this: