No comments yet

「イエスの招待状」

Topic:イエス(御心)

 

Scripture(聖書)

28重い束縛を受けて、疲れはてている人たちよ。さあ、わたしのところに来なさい。あなたがたを休ませてあげましょう。

29わたしはやさしく、謙遜な者ですから、負いやすいわたしのくびきを、わたしといっしょに負って、わたしの教えを受けなさい。そうすれば、あなたがたのたましいは安らかになります。

(マタイ11:28〜29 リビングバイブル)

 

28Then Jesus said, “Come to me, all of you who are weary and carry heavy burdens, and I will give you rest.

29Take my yoke upon you. Let me teach you, because I am humble and gentle at heart, and you will find rest for your souls.

(Matthew11:28〜29 NLT)

 

 

Observation(観察)

イエスの言葉。

このイエスの言葉は誰に向けて語られているのか?

 

①重い束縛を受けている人

②疲れはてている人

 

イエスは疲れ果てて、弱っている人を見過ごされない。

そして、そのような人々に向けてこう語られた。

 

①わたしのところに来なさい。

②わたしがあなたがたを休ませる。

③イエスのくびきをイエスと一緒に負う。

④イエスの教えを受けなさい。

 

すると、どうなるのか?・・・たましいに安らぎが与えられる。

 

 

Application(適用)

今日は第2回目の横須賀Vision Life Group。

前回よりもさらに大勢の人が集まって、一緒に祈り、御言葉に聞き、分かち合う時が与えられえ感謝である。

 

なぜ、福音宣教をすべきなのか?

 

イエスの時代と同じように、現代の日本においても、重い束縛を受けている人がいて、弱り果てている人がいるからだ。

そのような人々に対して、イエスは「さあ、わたしのところに来なさい」と招いておられる。

このイエスの招待状を渡すために、僕たちは横浜を基地としながら横須賀、湘南、地域へも出て行きたい。

 

そして、恐れず、シンプルに、ストレートにイエスの招きを伝え、

①イエスのところに行くこと

②イエスが休ませてくださること

③イエスのくびきを一緒に負うこと

④イエスの教えを受けること

 

それが真の心の平安につながることを伝えていこう。

 

「彼の名こそ、全世界の希望となる。」 (マタイ12:21 リビングバイブル)

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

冬がいよいよ近ずいてきたことを感じさせる寒い朝を迎えました。

今日も御言葉を通して、御心を教えてくださり感謝します。

疲れて、束縛されている人に休みを平安を与えようと、あなたは招いてくださっている。

この、あなたからの招待状を横浜から、さらに湘南、横須賀へと渡すことができますように。

一人でも多くの人をあなたの元にお連れすることができますように。

そして、あなたから与えられる本物の平安を得ることができますように。

そのために私たちを用いてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

Post a comment

%d bloggers like this: