No comments yet

「王のそばへ」

Topic:王(恵み)

Scripture(聖書)

おとめたちは、婦人の規則に従って、十二か月の期間が終わって後、ひとりずつ順番にアハシュエロス王のところに、はいって行くことになっていた。これは、準備の期間が、六か月は没薬の油で、次の六か月は香料と婦人の化粧に必要な品々で化粧することで終わることになっていたからである。このようにして、おとめが王のところにはいって行くとき、おとめの願うものはみな与えられ、それを持って婦人部屋から王宮に行くことができた。おとめは夕方はいって行き、朝になると、ほかの婦人部屋に帰っていた。そこは、そばめたちの監督官である王の宦官シャアシュガズの管理のもとにあった。そこの女は、王の気に入り、指名されるのでなければ、二度と王のところには行けなかった。

(エステル2:12〜14 新改訳)

 

選ばれた娘たちについては取り決めがありました。まず、王の寝所に召される前に、没薬の油で六か月、ついで特製の香水と香油で六か月、それぞれ美しさにみがきをかける期間が定められていました。その期間が終わり、いざ王のもとへ召される時がくると、精いっぱい美しく装うため、衣装でも宝石でも願いどおりの物が与えられます。こうして夕刻、王の部屋へ行き、翌朝には、王の妻たちの住む別の後宮へ移るのです。そこで女性たちは、シャアシュガズという宦官の管理のもとで一生を送ることになります。そこにいる女性たちは、王に特別に気に入られ、指名されないかぎり、二度と王のそばへ行くことはできませんでした。

(エステル2:12〜14 リビングバイブル)

Observation(観察)

征圧した領土はすさまじく、インド〜エチオピアまで!

圧倒的な支配、力と富、栄華を誇ったペルシヤ帝国。

そのペルシヤの王妃選びが行われることとなった。

そこにノミネートされたのが、この書の主役であるエステル。

やがて、このエステルがユダヤ人大虐殺の危機を救うこととなる。

このクイーンコンテストにノミネートされた美女たちは王の前でのオーディションに出る前に、なんとトータル1年かけて、美しさにさらに磨きがかけられなければならなかった。

そして、そのオーディションを通らなければ、二度と王のところには行けないのであった。

 

 

Application(適用)

クイーンコンテストでなくとも、時の権力者、政治的リーダー、王に対して誰もが簡単に面会することはできないだろう。

いくら母校が一緒で、同窓生同士といっても、僕が安倍晋三氏に面会することは容易ではないはずだ。

 

しかし、私たちはこの世の王を飛び越えて、王の王である主の前に出ることができる。

イエスの十字架のゆえに、贖いのゆえに、なんと王の王である神の前に出ることができるのだ。

1年もかけて美しさに磨きをかける必要もない。

むしろ、罪にまみれたそのまま、汚れたままで出ることを、よしとしてくださった。

しかも親しく、その名を呼ぶことが出来るのだ。

これは本来、ありえないことであって、驚くべきことなのだ。

 

①今日も親しく主を呼ぶことのできる幸いを感謝しよう。

 

②イエスが払ってくださった十字架の犠牲に感謝しよう。

 

③毎日、いつでも王のそばに行くことができる恵みを感謝しよう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

凄まじい雨風、嵐の朝です。嵐の中で主の守りがありますように。

いつの時代であっても王の前に出るのは至難の業です。

まして、王と親しくなるなんてことはありえないこと。

しかし、私たちはイエスの十字架のゆえに主と親しく交わることがゆるされていることを感謝します。

この信じられないような恵みを感謝します。

生涯を通じて、あなたとの親しい関係をさらに深めることができますように。 ま

た、この恵みを体験する人がもっと多く起こされますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: