No comments yet

「涙とともに種を蒔く」

Topic:伝道(信仰、種まき、収穫)

 

Scripture(聖書)

5涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。

6種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。

(詩篇126:5〜6 新改訳)

 

5Those who sow with tears will reap with songs of joy.

6Those who go out weeping, carrying seed to sow,

will return with songs of joy, carrying sheaves with them.

(Psalm126:5〜6 NIV)

 

 

Observation(観察)

①愛と信仰によるアクション(種まき)には涙が、犠牲が伴うこともある。

②しかし、必ず喜びの報いがある。

③それは大収穫という報いである。

 

 

Application(適用)

先週金曜日のデボーションでも収穫の約束が語られた。

 

そして、彼らに言われた。「実りは多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。

(ルカ10:2 新改訳)

 

今日の箇所でも大収穫が約束されている。

しかし、そこには信仰によるアクションが求められる。

種を蒔かなければ、収穫は有り得ない。

犠牲なくして、大収穫は有り得ない。

 

僕たちに託されている種まきは何と言っても福音の種まきである。

御言葉の種まきである。

 

①デボーション文化を広めていく。

先日、行われた超教派次世代イベントで担当した分科会でもNew HopeのSOAPデボーションを分かち合うことができた。

ことあるごとに、臆することなくデボーション文化を広めていこう。

 

②実際に誰かとデボーションを一緒にしていこう。

特に今まで一緒にしたことない人と今月できるように祈ろう。

 

③御言葉の宣教を拡大していく。

今年中に礼拝地域を拡大していきたい。湘南、横須賀、港北。

 

12主は言います。

「わたしから出る力によって、わたしの民を強くする。

彼らはどこへでも行きたい所へ行き、

どこへ行っても、わたしの保護のもとにある。」

(ゼカリヤ10:12 リビングバイブル)

 

12By my power I will make my people strong,

and by my authority they will go wherever they wish.

I, the Lord, have spoken!”

(Zechariah10:12 NLT)

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今日から10月です。2019年の9ヶ月間守ってくださって感謝します。

恵みいっぱいの9ヶ月間でした。

2019年も残り3ヶ月。

さらなる宣教の拡大のために、臆することなく、ひるむことなく、惜しむことなく福音の種まきをします。

御言葉の種まきをします。

主よ、用いてください。NHYを用いてください。

やがて、喜び叫びながら刈り取る日を夢見ています。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: