No comments yet

「主を待ち望む」

Topic:待つ(信仰)

 

Scripture(聖書)

5私は主を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。

6私のたましいは、夜回りが夜明けを待つのにまさり、まことに、夜回りが夜明けを待つのにまさって、主を待ちます。

7イスラエルよ。主を待て。主には恵みがあり、豊かな贖いがある。

(詩篇130:5〜7 新改訳)

 

5I wait for the Lord, my whole being waits,

and in his word I put my hope.

6I wait for the Lord

more than watchmen wait for the morning,

more than watchmen wait for the morning.

7Israel, put your hope in the Lord,

for with the Lordis unfailing love

and with him is full redemption.

(Psalm130:5〜7 NIV)

 

 

Observation(観察)

「待つ」「待ち望む」「Wait」という言葉が何度も使用されている。

つまり、信仰の歩みにおいて「主を待ち望むこと」はとても大事なことなのだ。

 

 

Application(適用)

「待つ」ことが信仰の歩みにおいて何故重要なのだろうか?

 

①人生の主が誰であるかを思い知る。

誰もが自分の人生を自分の思い通りに進めたいと願うことだろう。

しかし、人生の主は「自分」ではないのだ。

「待つ」ことを通して私たちはそのことを思い知らされるのだ。

 

②品性が練られる。

 

忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。(ローマ5:4)

 

「待つ」ことは何か人生が止まって動かないように感じる。

しかし実はその逆で「待つ」ことによって私たちは人間的に成長する。

特に品性が練られるのだ。

 

③新しい力を体験できる

 

しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。(イザヤ40:31)

 

 

「待つ」ことはずれてしまいやすい私たちの目を再び主に戻し、フォーカスするためなのだ。

 

①今日主に目を向ける

 

②主を待つ。特にみことばを待ち望む。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

すぐに私の目はあなたではないものに心奪われやすいものです。

あなたに目を向けます。

あなたを待ちます。

あなたを待ち望みます。

その時に与えられる新しい力を日々体験させてください。

試み、苦しみ、困難の中にある方々が信仰によってあなたを待ち望むことができるよう助けてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: