No comments yet

救いは神にあり、小羊にある

Scripture

彼らは、大声で叫んで言った。「救いは、御座にある私たちの神にあり、小羊にある。」ヨハネの黙示録 710

Observation

イエス様に救われた。

もう飢えもない。渇きもない。どんなものも打つことはできない。涙を拭ってくださる。そして、神様に仕えるものと変えられる。守ってくれる牧者がいてくれる。

救われるって本当に凄いのだ。

Application

イエス様が自分の罪のために命をかけてくれた。

初めて教会に来て、しばらく来てもそのことは良く分からなかった。知ろうとすればするほどに、良く分からなかった。

しかし頭では理解しきれない、感動がある。

神様に愛されていて、イエス様が払うべき代価を全て払ってくださったことゆえに全てが変わった。

それまでは自分が罪人とか、何か汚い部分があるなんて思ってもみなかった。

いやむしろ、そうしたところと向き合おうとしてこなかったのだと思わされる。それが当然、それの何が悪いと思っていた。

だけど、そんな自分を救ってくれるために命をかけてくれる方と出会ったことの衝撃はすごかった。

昨日のミニスターズサービスでのメッセージにとても感動した。

自分が救われたことを思い返し、なんて恵みなのだと改めて心震えた。

ヨハネ黙示録7:10「救いは神にあり、小羊にある」のだ。

救いは、全ての罪を帳消しにされる。

どんな者であっても、イエス様の流された血潮により真っ白にされる。しかしミニスターズサービスでも言われていたように、それでも昔の自分を生きようとすることがある。自分でなんとかしようとし、罪に引っ張られ身勝手である。

信仰の歩みにおいていまだに自分の弱さ、欠けと向き合ってしまうけれどもピリピ書でパウロが告白するように、イエス様に捕らえられたものとして歩みたい。

私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕えてくださったのです。13 兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、14 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。ピリピ3:12ー14

信仰を始めさせてくれたイエス様、そして救いを完成させてくれたのもイエス様。この方から目を離さずに、まっすぐに歩んでいきたい。

Prayer

愛する天の神様

救いはあなたの愛であり、イエス様にあります。

この方を通してでなければ、救われないことも信じます。本来なら、罪ゆえに死に至るものだった僕を贖ってくれて赦してくれてありがとうございます。信仰の歩みの中で、どんな妨げや誘惑があっても、信仰の創始者であり完成者であるイエス様から目を離さずに歩んでいけますように。

イエス様、あなたにあって救われていることを心から感謝します。この救いの感動を1人でも多くの方に、届けることができますように。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: