No comments yet

どんなことがあっても

Scripture

「あなたがたは、どんなことがあっても、心配したりあわてたりしてはいけません。神を信じ、またわたしを信じなさい。

ヨハネ14:1 リビングバイブル

Observation

どんなことがあっても心配したり、慌ててはいけない。

ただ、神様を、イエス様を信じなさい。

Application

この直前、弟子たちはまさに慌てふためていていた。

これまで一緒にいるのが当たり前だったイエス様が、突然、わたしこれから行くところには誰もついてこれないと言われた。

弟子たちは突然のことに、動揺が隠せなかった。

心配というのは絶えないもの。次から次へと心配事や不安が出てくるものだ。ある意味で、僕らは心配や不安を常に生み出す製造機である。

そういった僕らの弱いところをサタンは巧みに突いてくる。

先日も突然、礼拝前に借りていたホールの空調のパーツが落ちてくる出来事があった。突然のことであったし、ほかのとこは大丈夫だろうか?と心配する思いもあった。

しかし、1人のリーダーが「神様に祈ろう」と声をかけ皆で一緒にお祈りをした。

僕たちには、不安や心配があるけど、信じて間違いなしの神様がおられる。そして、イエス様がおられる。

祈り終えた私たち一同は、不安ではなく、誰も怪我や事故がなかったことを主に感謝した。

突然のことに心配や不安が止まらないことがある。だけど、神様の約束を聖書にみるなら、

“あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。”詩篇 55篇22節

“あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。”

ペテロの手紙 第一 5章7節

神様が心配してくださる。

自分の心配事を相談して、聞いてもらえて、理解するだけでなく共に気にかけてくれる。神様はなんて優しいのだろう。

1、心配してもどうしようもないこともある。

2、神様が共に心配してくれる。

3、騒ぐのはやめ、神様を信じる。

Prayer

愛する天の神様

心配するなと言われても、心配ばかり、不安もよぎってしまう僕の弱さです。でも、その心配も担ってくださるあなたに感謝します。

どうか、いつも心配ではなくあなたを見上げることができますように。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: