No comments yet

「それゆえ、我らは恐れない」

Topic:神(信仰)

 

Scripture(聖書)

1神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。

2それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。

3たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても。セラ

(詩篇46:1〜3 新改訳)

1 God is our refuge and strength,an ever-present help in trouble.

2Therefore we will not fear, though the earth give way and the mountains fall into the heart of the sea,

3though its waters roar and foam and the mountains quake with their surging.

(Psalm 46:1〜3 NIV)

 

 

Observation(観察)

神はどのようなお方か?・・・

 

①避け所

 

②力

 

③助け

 

この神がついていてくださる。一緒にいてくださる。

だから、詩人は恐れないと確信をもって告白できる。

 

 

Application(適用)

クリスチャンになっても、苦しみがなくなるわけではない。

現代日本社会で激しい迫害はないが、それでもクリスチャンだからこそ経験する苦しみもあるだろう。

 

しかし、どんな嵐の中にあっても信仰者は「それゆえ、我らは恐れない」と告白できる。

これはなんという幸いだろうか!なんという恵みだろうか!と改めて思わされる。

 

連日、電話やメールで知らされる悩みや問題、祈りの課題。

夫婦関係、人間関係のもつれ、病、経済苦、恋愛、進路、結婚・・・。

押し寄せる難題の数々。

僕にはそれに太刀打ちできる術はない。

 

けれども「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」と、指し示すことは出来る。

そして、悩み苦しむものに寄り添い、祈ることが出来る。

 

①今日も告白しよう。「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」と。

 

②悩む者に「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」と神を指し示そう。

 

③悩み苦しむ者のために祈ろう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今日も告白します。心新たに告白します。

「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、恐れない。」

 

主よ。

悩み、痛み、悲しみ、苦しむ者と共にいてください。

あなたが避け所となり、力となり、助けとなってください。

 

ますます「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。」であることを指し示すことができますように。

 

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: