No comments yet

「骨を健やかにするもの」

Topic:ことば

 

Scripture(聖書)

23知恵のある人のことばは的確で説得力があります。

24親切なことばははちみつのように甘く、人々を元気づけます。

 

27怠け者の手は悪魔の手、その口は悪魔の口です。

28悪人は争いを起こし、陰口を言う者は親友が離れていきます。

(箴言16:23〜24、27〜28 リビングバイブル)

 

23知恵のある者の心はその口をさとし、そのことばに理解を増し加える。

24親切なことばは蜂蜜、たましいに甘く、骨を健やかにする。

 

27よこしまな者は悪をたくらむ。その言うことは焼き尽くす火のようだ。

28ねじれ者は争いを巻き起こし、陰口をたたく者は親しい友を離れさせる。

(箴言16:23〜24、27〜28 新改訳)

 

 

Observation(観察)

ことばの力。

どのような態度、どのような心でことばを語るのか。

結果は大きく異なる。

 

①知恵のある人のことば→的確、説得力がある。

②親切なことば→人々を元気づける。骨を健やかにする。

③怠け者の口→悪魔の口。

④陰口→親友が離れていく。

 

 

Application(適用)

聖書が語るように、ことばには力がある。

己の心次第で良く働く場合もあれば、悪く働く場合もある。

 

政治家などは「ことば」1つの失敗で失脚することもある。

それほど、ことばには力がある。

 

僕も牧師として、ある意味ではことばを生業としている。

ことばを語るように召されている。

 

いかにしたらことばで失敗せず、むしろ健全な関係の潤滑油とすることができるだろうか?

 

①小さなことに忠実でいること。

怠け者の口は悪魔の口である。

 

②陰口を叩かない。

言いたいことがあれば直接本人に言う。

 

③親切なことばを心がける。

このことを今日1日意識することはどれだけ大きな違いをもたらすことか。

 

④主に知恵を祈り求める。

 

⑤みことばを心に蓄える

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

あっという間に5月最終日を迎えました。

日本は「令和」という新たな時代を迎えた月でもありました。

この国を祝福してください。

主よ、あなたのことばを語り、あなたのことばに生きるように召してくださり感謝します。

願わくは僕が語ることばが人を元気づけ、骨を健やかにするものでありますように。

そのためにも日々、己の心にあなたのことばを蓄え、与えられているもの忠実になることができますように。

陰口を語るための口ではなく、親切なことばを語る口とさせてください。

愛を語り、福音を語る口としてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

Post a comment

%d bloggers like this: