No comments yet

みことば人間ドック

Scripture

“神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。”

詩篇 139篇23節

Observation

神さまに探ってもらい、心を知ってもらう。

誰に探ってもらい、調べてもらい、心を知ってもらうのかはとても大切なこと。誰でもいいわけじゃない。

Application

先日、人生初の体験をした。

人間ドックである。

家族が体を心配してくれて、普通の検診ではなく人間ドックを勧めてくれたのだ。正直、抵抗があったし、病院嫌いなので、頑なに拒んでいた。しかし新しい職場に入る前にも大事なことだし、家族の思いも尊重したいと思い、ついに受けることに。

初腹部エコー

初バリウム

などなど…

新しいことづくしだった。中でも周りから言われていたバリウム検査は、とにかく驚きの連続。わけのわからないものを飲まされて回転する。俺はいったい何をしに来たのか…

家に帰ってきて、爽快にゲップができた時の喜びといったらまあ。

しかし、この検診がとても大事である。現実と向き合うことになるからだ。体の内部に至るまで現実を思い知らされる。もう、結婚の幸せ太りと言って逃れることはできない。

同じように、僕の心の内側も霊も神様に探っていただき検診してもらうことが大事。

大丈夫、大丈夫となあなあにせず、神様にちゃんと探ってもらおう。その一つがデボーション。

“神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。”

ヘブル人への手紙 4章12節

日々、みことばによる定期健診をしていこう。全てをさらけだし、みられるのは恥ずかしいけど、知ってもらい導いてもらうことが必要だから。

Prayer

愛する天の神様

あなたに与えれた、この命、そして肉体を感謝します。いま、家族がいて、一人でないこと生きてることを感謝します。

どうか、僕の心を探り知ってください。正しい道へといつも導いてください。ほかの誰でもないあなたに探っていただきたいです。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: