No comments yet

「踏みにじられている人々を助けてください」

Topic:祈り(愛)

 

Scripture(聖書)

しかし主は、踏みにじられている人々を助け、貧しい者の権利を守ってくださいます。

(詩篇140:12 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

悪を企み、悪を働く者がいる。

その一方で、踏みにじられている者がいる。

正直者が馬鹿を見るような、まるで不公平にしか見えない状況。

沈黙しているように見える神は必ず、踏みにじられている者を助け、貧しい者の権利を守ってくださると信じている。

だから、神に助けを祈り求めている。

 

 

Application(適用)

確かにこの世界にはいつの時代も、悪を企み、悪を働く者がいる。

まるで悪事を働いている者の方が得しているように見えることもある。

 

しかし、神は見ておられる。

神は全てお見通しなのだ。

必ず神の手を動かしてくださる。

 

今なお解決しない北朝鮮の拉致問題をはじめ、世界に目を向ければ、内戦やテロがあり、踏みにじられている者たちがいる。貧しい者たちがいる。

 

豊かな国にいるとそういうことをつい忘れてしまうのだ。

 

信仰者として、キリスト者として何ができるだろうか?

無関心でいてはいけない。

少なくとも祈ることを疎かにしてはいけない。

そして、たとえ小さくても犠牲を払い、行動を起こそう。

イエスが示してくれたように、愛とは犠牲を払うことなのだから。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

豊かで安全な国、日本にいるとつい忘れてしまいますが、世界では踏みにじられている者たちがいます。想像を絶する貧しさの中にいる者たちがいます。

スリランカではイースターの日に教会がテロ攻撃で爆破されるという痛ましく悲しいことがありました。

そういう世界情勢に無関心でいることをゆるしてください。

主よ、世界中で踏みにじられている者たちを助けてください。貧しき者たちを守ってください。

祈り続けると同時に、愛の行動を起こす者とならせてください。

そして、そのような働きにこの者を、NHYを用いてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: