No comments yet

「神を敬う人からの忠告」

Topic:メンタリング

 

Scripture(聖書)

神を敬う人からのきびしい忠告は、私を思う心から出たものです。

非難されたように感じても、私にとって薬となるのです。

私が彼らの非難を拒絶することがありませんように。

私は、悪者どもには警戒を怠らず、彼らの悪行に対抗して絶えず祈ります。

(詩篇141:5 リビングバイブル)

 

正しい者が愛情をもって私を打ち、私を責めますように。

それは頭にそそがれる油です。

私の頭がそれを拒まないようにしてください。

彼らが悪行を重ねても、なおも私は祈ります。

(詩篇141:5 新改訳)

 

Let the godly strike me! It will be a kindness!

If they correct me, it is soothing medicine.

Don’t let me refuse it. But I pray constantly against the wicked and their deeds.

(Psalm141:5 NLT)

 

Let a righteous man strike me—that is a kindness;

let him rebuke me—that is oil on my head.

My head will not refuse it, for my prayer will still be against the deeds of evildoers.

(Psalm141:5 NIV)

 

 

Observation(観察)

ダビデの詩篇。

 

ダビデは私の心を悪に向けさせないでくださいと祈っている。

それは一見魅力的ではあるが、それを食べないように助けてくださいと祈っている。

 

罪と悪の誘惑にそそのかれやすい私たちが立ち向かう術は何か?・・・

 

①神を敬う人からの忠告

 

②その忠告に耳を傾ける

時には耳の痛いアドバイスがあるかもしれないが、それは愛であり、自らを助ける薬となる。

 

③絶えず祈る

悪に対して警戒を怠らない。

「セコムしてますか?」ではないが「祈りしてますか?」である。

 

 

Application(適用)

このところ意識して月に1回は何らかのセミナーや学びに参加するようにしている。

そういったことは主任牧師になって4ヶ月の僕にとって、とても有益である。

「生涯学び」である。

 

そういったオープンな学びの機会も重要である。

しかし、また個人的に神を敬う人に忠告やアドバイスを求めることが大事であることも教えられる。

そこには愛ゆえに耳の痛い話も含まれるかもしれないが、それは自らを助ける薬となる。

 

来週からはGWでオハナリトリートがある。

ハワイからも尊敬する牧師たちが来る。積極的にメンタリングを求めよう。

 

今日はこれからNHYのPastors MTG。

裁き合う必要はないが、良きアカンタビリティがあり、良き励まし合いと祈り合いがあるように願う。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

主がよみがえられたことを祝う、イースターの週、火曜日の朝を迎えました。

爽やかな朝を感謝します。

そして、NHYの牧師たち、リーダーたちと一緒にデボーションできる恵みの朝を感謝します。

主よ、悪に流されず、立ち向かう術を教えてくださり感謝します。

神を敬う人との時間を与えてください。

そして、謙虚にアドバイスを求め、その言葉に耳を傾け、自らの薬とすることができますように。

また、NHYのそれぞれのMinistryがお互いに励まし合い、支え合い、祈り合う、神を敬う者たちの集まりとなっていきますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン

 

 

Post a comment

%d bloggers like this: