No comments yet

「主の慰め」

-Scripture

苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。」

詩篇 5015

-Observation

神様は言われた。

「苦難の日にわたしを呼んでいいんだ。そうしたらわたしはあなたを助けるから。」

-Application

苦しい時、どこに助けがあるのか。

それは、神様にある。

2コリント1章を見ると次のように書いてある。

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。」

コリント人への手紙 第二 145

どんな苦しみにあっても神様の慰めにあふれている。神様の助けは必ずある。

実際、2コリントの著者であるパウロは数々の苦難を経験してきた。死を覚悟したこともあった。けれど、神様は、それほど大きな死の危険からも救い出してくださったのだ。だからパウロは、これからも神様は救い出してくださると望みを置いたという。経験者パウロが語っている。

苦しい、と思う時にどこに望みを置き助けを求めているだろうか。

以外に、神様に頼るのが最後になってしまうことはないだろうか。

苦しい時ことそ・・・

1、神様に助けを求めよう

2、そして、神様を賛美しよう

-Prayer

愛する天の神様

苦しい時、問題や悩みに心が奪われてしまいます。あなたのいるべきところを排除し、あなたをどこかに追いやっていたことを悔い改めます。

今、僕の心に来てください。あなたの慰めが必要です。助けと支えがなければと願っています。

他の何者でもなく、主よ。あなたに頼ります。そして、慰めてくださるあなたを心から賛美します。今日も、苦しみにいる方々にあなたの慰めが豊かにありますように。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: