No comments yet

「試練とともに」

-Scripture

あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。

コリント人への手紙 第一 1013

-Observation

耐えられない試練に会わせることはなさらない神様。

同時に、脱出の道も備えてくれる神様。

-Application

苦しいこと。痛いこと。悲しいことは出来ることなら通りたくない。

けれど、ここでも言われているように神様が試練を通させる。しかし、いくら神様が与えた試練だと言われても納得いかないものだ。

どうして、神様は私たちを苦しいところへ通らせるのだろうか。

福島第一聖書バプテスト教会の佐藤彰先生は著書の中でこう言葉にしている。

「苦しいからこそ主にすがり、その苦しみがばねとなって信仰から信仰へと突き進んでいく人もまたいるのです。苦しみに直面した時こそ実は、信仰の本領を発揮する機会です。」

苦しいからこそ主にすがる。

神様とどうしても向き合わないといけない事がある。とことん向き合って、ぶつかって、相撲を取っていい。神様から隠れてしまうのが僕ら人間の罪だけれど、ありのままの自分で神様にぶつかっていっていい。苦しいんだ!と正直に叫んでいい。そうして泣いて泣いて、砕かれて主の前に本音を注ぎ出す。苦しい時というのは、それくらいである。

この苦しみも神様からのものか、なんて感謝なんだ!なんて言えない。

正直、なぜ通らせるのかコンチクショー!だ。でも苦しいからこそ、神様とやっと向き合わなくちゃと気づかされる。聖書には、試練をこの上なく喜べとある。苦しい時に、どうして喜べるのか。いや、苦しい時だからこそ神様をはっきり、くっきりと体験できる時なのかもしれない。むしろピンチはチャンスなのかもしれない。

また神様は脱出の道も備えてくれている。

それは本当に苦しいなら、そこから逃れる道もちゃんと用意してくれている。神様はなんて優しいんだろう。

今日教えられたことは、

1、神様の試練は耐えられる

2、神様の試練は脱出の道がある

3、試練は実は成長のチャンス

-Prayer

愛する天の神様

あなたの与えてくださる試練は耐えられると約束され、脱出の道も備えられていることに感謝します。苦しくなると自分のことや、狭い視野になってしまいがちです。でも、あなたと逃げずに向き合う事ができますように。試練の中でも、あなたがいて決して一人じゃないこともありがとうございます。

 

Post a comment

%d bloggers like this: