No comments yet

「祝福配達人」

Topic:祝福(使命、召し)

 

Scripture(聖書)

こういうわけでアポロや私を、神の深い御心を説明し、その祝福を配って回る、キリストの福音を預かる管理者と考えてください。

(第一コリント4:1 リビングバイブル)

 

こういうわけで、私たちを、キリストのしもべ、また神の奥義の管理者だと考えなさい。

(第一コリント4:1 新改訳)

 

 

Observation(観察)

パウロはコリント教会内にあった様々な問題に聖書の光をあて、正し、諭し、導こうとしていた。

問題の1つはパウロ派とかアポロ派といった派閥争い。分裂分派問題であった。

そこで、改めてパウロは自分たちが何者であるかを示す。

 

①しもべ

②管理者

 

そして、使命は・・・

①神の深い御心を説明すること

②祝福を配ってまわること

③キリストの福音を預かること

 

 

Application(適用)

リビングバイブルにおいて訳されているパウロの使命の1つ「祝福を配ってまわること」が印象的だ。

 

伝道者、牧師の使命は「祝福を配ってまわること」。

いや、すべてのクリスチャンの使命が「祝福を配ってまわること」である。

 

NHYが目指している教会の姿は・・・

①礼拝する教会

②宣教する教会

③祝福する教会

 

まさに、教会が一丸となって「祝福を配ってまわる」ことができるよう祈っている。

 

では、どのようにして「祝福を配る」ことができるだろうか?

 

①祈る

「祈り」なしでは何事もなし得ない。

今日、自らが、そして愛するNHYの一人一人が「祝福を配る」ことができるよう祈ろう。

 

②福音を伝えること

昨日はオーストラリアから一時帰国中の友人と良い交わりの時を持つことができた。

彼が言っていたが、やはり日本は圧倒的に福音を聞いたことがない人が多い。

そして、オーストラリアと比べて福音を伝えにくい雰囲気があるかもしれない、と言っていた。

海外にいると異文化に対してオープンにならざるを得ない。

それは福音に対しても同様で、海外にいる日本人は福音に対しても比較的オープンになりやすいのだとか。

しかし、諦める必要はない。

知恵や工夫が必要でもあるが、コツコツと地道に福音を伝えていけば良い。

中野師匠が教えてくれた言葉がある「コツコツ、カツコツ(勝つコツ)」である。

 

また、New HopeのCore Valueにはこうある。

「私たちは、人が他の人を招いていくとき、最も効果的な伝道が成されると信じています。」(Core Value8)

 

礼拝に誘うこと、教会に招くことを通して、皆で福音を伝えていくのだ。

 

③愛の実践

いくら福音を語ったとしても、言葉だけで実践なければ「机上の空論」と言われても仕方がない。

キリストが愛を実践したように、マザーテレサが愛を実践したように、愛を実践することが祝福を配ることに繋がる。

小さな親切の実践を積み重ねていこう。笑顔とともに。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今日も生かされていることを感謝します。

パウロは自らをしもべ、管理人、そして祝福の配達人であると自称しました。

どうか、僕自身も祝福の配達人として、祝福を配ってまわる者とならせてください。

また、NHYが祝福する教会としても成長することができますように。

今日は次女Leiaの小学校卒業式です。6年間の学校生活が守られたことを感謝します。

娘たちが学校においても祝福を配ってまわる者となることができますように。

救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

Post a comment

%d bloggers like this: