No comments yet

将来のリーダーを見出す

Topic:リーダー育成弟子

 

Scripture(聖書)

16ある日、イエスがガリラヤ湖の岸辺をいておられると、シモンとアンデレの兄弟が網を打っている姿が目に入りました。二人は漁師でした。

17イエスは声をおかけになりました。さあ、ついてなさい。人間をとる漁師にしてあげましょう

18すると二人はすぐ網を置き、イエスについて行きました。

(マルコ1:1618 リビングバイブル)

 

16One day as Jesus was walking along the shore of the Sea of Galilee, he saw Simon and his brother Andrew throwing a net into the water, for they fished for a living. 

17Jesus called out to them, “Come, follow me, and I will show you how to fish for people!” 

18And they left their nets at once and followed him.

Mark1:1618 NLT

 

 

Observation()

ただの漁師であったシモンとアンデレがイエスに声をかけられ、すべてを捨ててイエスについていくシーン

イエスの弟子選びのプロセスを学ぶことが出

 

イエスはいておられた

待ちの姿勢ではない。積極的に自らの足で動いたのだ

 

シモン&アンデレ兄弟の網打ち姿を見た

ただ、彼らの網打ちを見るだけではなく、その姿に将来のリーダーとなる可能性を見出したのではないか

 

大胆かつストレートに声をかけた

さあ、ついてなさい、人間をとる漁師にしてあげましょう

 

 

Application(適用)

New HopeCore Value 第9番目は・・・

 

9.私たちは、キリストに完全に献身し、次の世代に福音を伝えることのできる将来のリーダーたちを見い出し、 彼らを訓練することが重要であると信じています

 

つまりリーダー育成である

リーダーを育成をするには、まず人材である

一般社会でもそうであるように、教会においても、ついつい即力やスキルの高さを求めがちである

しかし、イエスのリーダー育成のプロセスは違う

筆記試も論文もない。面接もない

むしろ、イエスの方からいて行かれた

そして、その人のひたむきな仕事にする姿勢を見て、そこに将来の可能性を見出したのだ

そしてストレートに呼びかけた

 

Core Valueでも明言している通り、リーダーを育成していきたい

それは、ことさら高齢化が進み、働き手を失っている日本の教会においては急務でもある

 

待っていてはダメだ

イエスのように自ら積極的に出向き、出くことだ

そして、忠実さのある、仕える心を持つ人を祈り求め、探し求めるのだ

 

将来のリーダーとなる人を発掘できるよう祈る

そのとき、弟子たちに言われた。穫は多いが、働き手が少ない。そのとき、弟子たちに言われた。穫は多いが、働き手が少ない。(マタイ9:3738

 

うわべではなく、その人の態度、心、そして可能性を見る目を養う

 

大胆かつストレートにアプローチしてみる

 

 

Prayer(祈り)

主よ

今すでにNHYに与えられている多くのリーダー達を感謝します

主と教会を愛する優れたリーダー達ばかりです

また将来のリーダーとしての可能性にちた方々が与えられていることを信じます

どうか、その将来のリーダー達を埋もれさせず、見出し、チャレンジを与えることができますように

そして、そのリーダー達がやがて主のために世界に出て行き、命をかけて宣教にむことができますように

NHYが多くのリーダーを育て、派遣することができますように

救い主イエスの名前でお祈りします。アーメン

 

Post a comment

%d bloggers like this: